muksi - story thumb

--:-- / --:--
火の車

火の車

百物語

むかしむかし、あるところに、又吉またよし(またきち)というならず者ならずものがいました。

若い頃からのならず者ならずもので、けんかや賭け事かけごとはもちろんの事、時には借金取りしゃっきんとりの用心俸(ようじんぼう)になって、ている病人びょーにんのふとんまではぎ取っはぎとったそうです。

しかしその又吉またよしも今ではすっかり年を取っとって病気になり、一人娘ひとりむすめの家で暮らしくらしていました。

又吉またよしの娘は近所きんじょでも評判ひょーばんのやさしい娘で、一生懸命いっしょーけんめい又吉またよし面倒めんどーていました。

ところが又吉またよしの体は、日に日に弱っよわっていきます。

医者いしゃ

から、

「いよいよ、今夜こんやが峠だ」

と、言わいわれた日の夜、家のすぐ近くちかく

人魂ひとだま(ひとだま)

現れあらわれました。

それを近所きんじょの人たちは、

不吉ふきつな事が、起きおきなければいいが」

と、ビクビクしていました。

真夜中まよなか頃、又吉またよし具合ぐあいが急に悪くなりました。

驚いおどろいた娘は、すぐに医者いしゃ呼びよびました。

医者いしゃは難しい顔をして、又吉またよしの手の脈をとりました。

「いかんな、心臓しんぞーがひどく弱っよわっている。・・・だが、今夜こんや頑張れがんばれば、まだしばらくは持つもつだろう」

ところがその時、家の外が急に明るくなったかと思うおもうと、火の車ひのくるま引くひく

赤鬼

現れあらわれたのです。

赤鬼は家の中に入っはいってくると、驚いおどろい逃げよにげようとする又吉またよし抱き上げだきあげ火の車ひのくるま乗せのせました。

「いやだ! まだ死にしにたくない!」

又吉またよしは、どこにそんな力があったのかと思うおもうくらいの大声おーごえ泣き叫びなきさけびました。

又吉またよしの娘も、泣きなきながら手を合わせあわせ頼みたのみました。

「お願いです! どうか父を、連れつれて行かないでください!」

あまりの出来事できごとに、医者いしゃはただ、おろおろするばかりです。

赤鬼は娘と向かい合うむかいあうと、こう言いいいました。

「こやつの罪は、死んしんだからと言っいっ償えるつぐなえる物ではない。罪を償うつぐなうには、生きいきたまま地獄じごく苦しみくるしみをあじあわねばならん」

そして赤鬼の引くひく火の車ひのくるま又吉またよし乗せのせたまま、はるか東の空へ登っのぼって行ったという事です。

おしまい


又吉
ならず者
けんか
賭け事
借金取り
寝る
病人
はぎ取る
取る
一人娘
暮らす
近所
評判
一生懸命
面倒
見る
弱る
医者
今夜
言う
近く
人魂
現れる
不吉
起きる
真夜中
具合
驚く
呼ぶ
心臓
頑張る
持つ
思う
火の車
引く
入る
逃げる
抱き上げる
乗せる
死ぬ
大声
泣き叫ぶ
泣く
合わせる
頼む
連れる
出来事
向かい合う
償える
償う
生きる
地獄
苦しみ
はるか
登る

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.