muksi - story thumb

--:-- / --:--
タヌキと彦一

タヌキと彦一

日本の昔話

むかしむかし、

彦一ひこいち

(ひこいち)と言ういう、とてもかしこい子どもこどもがいました。

この彦一ひこいちの家の裏山うらやまには一匹のタヌキが住んすんでいて、毎日まいにち旅人たびびとにいたずらをしては喜んよろこんでいました。

ある晩の事、タヌキは旅人たびびと化けるばけると、彦一ひこいちの家にやって来やってきました。

「こんばんは、ちょいと、ひと休みさせてくださいな」

戸を開けあけ彦一ひこいちは、この旅人たびびと裏山うらやまのタヌキに違いちがいないと思いおもいましたが、知らぬ顔しらぬかおで家へ入れいれてやりました。

しばらくするとタヌキは、彦一ひこいち尋ねたずねました。

「ところで彦一ひこいちどんには、何か怖い物はあるか?」

それを聞いきい彦一ひこいちは、このタヌキをからかってやろうと思いおもいました。

「う~ん、怖い物か。

そう言えいえば、一つひとつだけあった。

でも恥ずかしいから、誰にも言わいわないでくれよ。

実はな、まんじゅうが怖いんじゃ」

「えっ? まんじゅう?

あの、食べるたべるまんじゅうか?!

あはははははっ、まんじゅうが怖いだなんて」

「ああ、やめてくれ!

おら、まんじゅうって聞いきいただけで、体が震えふるえてくるんだ。怖い怖い」

ブルブルと震えるふるえる彦一ひこいちたタヌキは、

(これは、いい事を聞いきいたぞ)

と、大喜びよろこびで、山へ帰っかえって行きました。

次の朝、彦一ひこいちが目を覚ましさましてみると、何と家の中に出来できたてのまんじゅうが、山ほど積まつまれていました。

「おっかあ、馬鹿ばかなタヌキからまんじゅうが届いとどいたぞ。さあ、一緒に食おくおう」

彦一ひこいちお母さんおかーさんは大喜びよろこびで、タヌキが持っもってきたまんじゅうを食べたべました。

その様子よーすていたタヌキは、だまされたと知っしってカンカンに怒りおこりました。

「ちくしょう! タヌキが人間にんげんにだまされるなんて! この仕返しは、きっとするからな!」

そしてその日の夜、タヌキは村中むらなか石ころいしころ拾いひろい集めあつめて、彦一ひこいちの畑に全部ぜんぶ放り込んほーりこんだのです。

(えっへへ。これで彦一ひこいちのやつ、畑仕事が出来できずに困るこまるだろう)

よく朝、畑仕事に彦一ひこいちお母さんおかーさんは、畑が石ころいしころだらけなのでびっくりです。

「ああ、家の畑が!」

お母さんおかーさんはびっくりして声をあげましたが、しかしそれがタヌキの仕業しわざだと見抜いみぬい彦一ひこいちは、わざと大きな声でお母さんおかーさん言いいいました。

「のう、おっかあ。

石ごえ三年というて、石を畑にまくと三年は豊作ほーさく(ほうさく)だと言ういうからな。

誰がしたかは知らしらんが、ありがたい事だ。

これが石ではなくウマのフンじゃったら、大変たいへんな事じゃったよ」

それを隠れかくれ聞いきいていたタヌキは、とてもくやしがりました。

(ちくしょう! 石ごえ三年なんて、知らしらなかった。・・・ようし、石ではなく、ウマのフンなら大変たいへんなんだな)

そしてその晩、タヌキは彦一ひこいちの畑の石を全部ぜんぶ運び出すはこびだすと、今度こんどはウマのフンを彦一ひこいちの畑にうめておいたのです。

さて、タヌキのまいたウマのフンは、とてもよいこやしになって、秋になると彦一ひこいちの畑ではとても見事みごと作物さくもつがたくさん取れとれました。

「ちくしょう。おらでは、どうしても彦一ひこいちにはかなわねえ。・・・くやしいよう」

作物さくもつ実っみのった畑をて、くやし泣きくやしなきをするタヌキに、彦一ひこいちが声をかけました。

「おーい、タヌキどん。お前おまえにも、家の畑でとれたサツマイモを分けわけてやるぞ。何しろお前おまえのまいたこやしのおかげで、とてもよく育っそだったからな」

「あっ、ありがとう」

それからはタヌキはいたずらをやめて、裏山うらやまでおとなしく暮らしくらしたということです。

おしまい


彦一
言う
子ども
裏山
タヌキ
住む
毎日
旅人
喜ぶ
化ける
やって来る
開ける
違い
思う
知らぬ顔
入れる
尋ねる
聞く
からかう
一つ
まんじゅう
食べる
やめる
震える
くるむ
見る
喜び
帰る
覚ます
出来る
積む
馬鹿
届く
食う
お母さん
持つ
様子
だます
知る
怒る
ちくしょう
人間
村中
石ころ
拾う
集める
全部
放り込む
困る
来る
あげる
仕業
見抜く
豊作
大変
隠れる
運び出す
今度
うめる
こやす
見事
作物
たくさん
取れる
かなう
実る
くやし泣き
かける
お前
とれる
サツマイモ
分ける
おかげ
育つ
暮らす

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.