muksi - story thumb

--:-- / --:--
四色のさかな

四色のさかな

世界の昔話

むかしむかし、一人のおじいさんが、海へさかなを取りとり行きいきました。

でもその日は、何度海へアミを投げなげても、ちっともさかなが取れとれません。

けれど最後さいごにやっと、重いものがアミにかかりました。

「よしよし、きっと大きなさかなが入っはいったに違いちがいない」

おじいさんが大喜びよろこび引きあげひきあげてみると、なんとそれは銅のつぼでした。

「やれやれ、ただのつぼか。がっかりだな。・・・でも、中に何が入っはいっているのだろう?」

おじいさんは、つぼのふたを開けあけてみました。

するとつぼからモクモクと、たくさんの煙が立ちのぼりたちのぼりました。

煙は空いっぱいに広がっひろがって、それから人の形になり、おじいさんのそばに立ちたちました。

現れあらわれたのは、ツボの魔神まじんです。

「ありがとう、おじいさん。わしは千年もの間、このつぼに入っはいっていて、ずいぶんつらい思いおもいをしてきた。いまやっと自由じゆーになれて、こんなうれしい事はない。お礼に、いい物をあげましょう」

魔神まじんはそう言ういうと、おじいさんを湖につれて行きました。

「ここに、アミを投げなげてください。きっと、あなたの幸せしあわせにするでしょう」

おじいさんがその湖にアミを投げるなげると、赤、白、青、黄と、四つよっつの色のきれいなさかなが取れとれました。

たこともない、珍しいさかなだ!」

おじいさんが四色のさかなを王さまおーさまにさしあげると、王さまおーさまはお返しにたくさんお金おかねをくれました。

さてその四色のさかな、いくら気をつけて焼いやいても、すぐにまっ黒まっくろになってしまってしまい、どうしても食べたべられませんでした。

不思議ふしぎなさかなだ。わしはきっと、このさかなの秘密ひみつをといてやるぞ」

王さまおーさまはおじいさんに案内させて、さかなの取れとれた湖へ行きいきました。

すると湖の向こうむこーに、まっ黒まっくろなあやしいご殿がありました。

王さまおーさまが城へ入っはいって行くと、そこには立派りっぱな服を若者わかものがベッドに腰かけこしかけていました。

「ごめんください。おじゃましてもいいですか?」

王さまおーさまが声をかけると、若者わかものはおじぎをして言いいいました。

「はい、もちろん。ただ、立ったってごあいさつしたいのですが、わたしには出来できません。そのわけを、ごらんください」

若者わかものが長い服のすそをめくると、なんと若者わかものの腰から下が石になっているのでした。

「実はわたしはこの国の王でしたが、悪い魔女まじょのために体の半分はんぶんを石に変えかえられてしまったのです。

この国を自分じぶん思うおもうままにするため、魔女まじょは山にも町にも魔法まほーをかけました。

町の人たちは四色のさかなにかえられて、湖に住むすむようになりました。

今も魔女まじょはこのご殿の奥に住んすんでいて、毎日まいにち、わたしをぶちに苦しめくるしめているのです」

この話を聞いきい王さまおーさまは、どうしてもこの若者わかものや四色のさかなにされている町の人たちを助けたすけなければと思いおもいました。

「よろしい。わたしがきっと、その悪い魔女まじょを退治してあげましょう」

王さまおーさまは勇ましく、ご殿の奥に入っはいって行きました。

そして魔女まじょ戦ったたかって、ついに魔女まじょをやっつけたのです。

魔女まじょがいなくなると若者わかものの体は元通りもとどーりになり、湖はにぎやかな町になりました。

赤、白、青、黄のさかなたちも、人間にんげん戻りもどりました。

王さまおーさま助けたすけ若者わかものを、自分じぶん王子おーじにしました。

そして、四色のさかなを取っとってきたおじいさんに、

お前おまえのおかげで、大勢たいせいの人たちを助けるたすけることができた」

と、たくさんのごほうびをやったということです。

おしまい


おじいさん
さかな
取る
行く
投げる
取れる
最後
かかる
入る
違い
喜び
引きあげる
開ける
モクモク
たくさん
立ちのぼる
広がる
立つ
現れる
魔神
思い
自由
なれる
あげる
言う
つれる
あなた
幸せ
四つ
きれい
見る
王さま
さしあげる
お金
くれる
つける
焼く
まっ黒
食べる
不思議
秘密
向こう
立派
着る
若者
ベッド
腰かける
かける
出来る
ごらん
くださる
めくる
魔女
半分
変える
自分
思う
魔法
かえる
住む
毎日
来る
苦しめる
聞く
助ける
戦う
やっつける
元通り
にぎやか
人間
戻る
王子
お前
おかげ
大勢
できる
ほうび

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021920

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.