muksi - story thumb

--:-- / --:--
ギアッコ少年とマメ

ギアッコ少年とマメ

世界の昔話

むかしむかし、ギアッコという、一人ぼっちひとりぼっち男の子おとこのこがいました。

ギアッコはひとにぎりのマメを持っもっていて、毎日まいにち一粒づつ食べたべました。

でもとうとう、あと一つひとつでみんななくなってしまう時がやってきたのです。

ギアッコは、たった一つひとつ残っのこったマメをポケットにしまって、テクテクと歩いあるいて行きました。

日がくれる頃、ギアッコはクワの木の下このしたにある小さな家にたどり着きたどりつきました。

トン、トン、トン。

ギアッコが戸を叩くたたくと、腰のまがったおじいさんがてきました。

「何の用だね?」

「あの、ぼく、お父さんおとーさんお母さんおかーさんもいないんです。このマメが、一つひとつしかないんです」

と、ギアッコは言いいいました。

「おお、それはかわいそうに。では、これをお食べたべ

腰のまがったおじいさんはクワの実を四つよっつくれて、ギアッコをだんろのそばに寝かせねかせました。

夜中やちゅーになりました。

コロコロコロ。

ギアッコのポケットから、マメが転がりころがり落ちおちました。

パクリ。

ネコが、そのマメを食べたべました。

ギアッコは目を覚ましさまして、

「ねえねえ、おじいさん。おじいさんのネコが、ぼくのマメを食べたべちゃったよ」

と、泣きなき出しました。

「おや、それは悪かった。では、そのネコを持っもっていっておくれ。わしは、ドロボウネコはきらいだからね」

ギアッコはネコをかかえて、スタスタと歩いあるいていきました。

日がくれる頃、ギアッコはクルミの木の下このしたにある小さな家に着きつきました。

トン、トン、トン。

ギアッコが戸を叩くたたくと、しらがのおじいさんがてきました。

「何の用だね?」

「あの、ぼく、お父さんおとーさんお母さんおかーさんもいないんです。マメを食べたべたネコしか持っもっていないんです」

と、ギアッコが言いいいました。

「おお、かわいそうに。では、これをお食べたべ

しらがのおじいさんはクルミの実を三つくれて、ギアッコとネコをイヌ小屋こや寝かせねかせました。

夜中やちゅーになりました。

ムシャ、ムシャ、ムシャ。

イヌがネコを、食べたべてしまいました。

ギアッコは目を覚ましさまして、

「ねえねえ、おじいさん。おじいさんのイヌが、ぼくのネコを食べたべちゃったよ」

と、泣きなき出しました。

「おや、それは悪かった。では、そのイヌを持っもっていっておくれ。わしは、よくばりイヌはきらいだからな」

ギアッコはイヌをつれて、ズンズンと歩いあるいていきました。

日がくれる頃、ギアッコはイチジクの木の下このしたにある小さな家に着きつきました。

トン、トン、トン。

ギアッコが戸を叩くたたくと、しわだらけのおじいさんがてきました。

「何の用だね?」

「あの、ぼく、お父さんおとーさんお母さんおかーさんもいないんです。マメを食べたべたネコを食べたべたイヌしか持っもっていないんです」

と、ギアッコが言いいいました。

「おお、かわいそうに。では、これをお食べたべ

しわだらけのおじいさんはイチジクを二つくれて、ギアッコとイヌをブタ小屋こや寝かせねかせました。

夜中やちゅーになりました。

ゴクリッ。

ブタが、イヌを飲み込みのみこみました。

ギアッコは目を覚ましさまして、

「ねえねえ、おじいさん。おじいさんのブタが、ぼくのイヌを食べたべちゃったよ」

と、泣きなき出しました。

「おや、それは悪かった。では、そのブタを持っもっていっておくれ。わしは、そんな食いしん坊くいしんぼーのブタは大きらいだ」

ギアッコはブタをつれて、ドンドンと歩いあるいていきました。

そして日がくれる頃、ギアッコはクリの木の下このしたにある小さな家に着きつきました。

トン、トン、トン。

ギアッコが戸を叩くたたくと、ヨボヨボのおじいさんがてきました。

「何の用だね?」

「あの、ぼく、お父さんおとーさんお母さんおかーさんもいないんです。マメを食べたべたネコを食べたべたイヌを食べたべたブタしか持っもっていないんです」

「おお、かわいそうに。では、これをお食べたべ

ヨボヨボのおじいさんはクリを一つひとつくれて、ギアッコとブタをウマ小屋こや寝かせねかせました。

夜中やちゅーになりました。

ガッ、ガッ、ガッ。

ウマが、ブタを食べたべました。

ギアッコは目を覚ましさまして、

「ねえねえ、おじいさん。おじいさんのウマが、ぼくのブタを食べたべちゃったよ」

と、泣きなき出しました。

「おや、それは悪かった。では、そのウマをつれていっておくれ。わしは、ろくでなしのウマなんか大きらいだ」

ギアッコはウマにまたがって、パカパカすすみました。

日がくれる頃、ギアッコはお城に着きつきました。

ドン、ドン、ドン。

ギアッコが門を叩くたたくと、お城の中から、

「だれだっ!」

と、声がしました。

「あの、ギアッコです。ぼく、お父さんおとーさんお母さんおかーさんもいないんです。マメを食べたべたネコを食べたべたイヌを食べたべたブタを食べたべたウマしか持っもっていないんです」

「ワッハッハッハ」

門番が、吹き出しふきだしました。

王さまおーさまに、お伝えしよう」

「ワッハッハッハ」

王さまおーさま聞いきいて、大きな口を開けあけ笑いわらいました。

「何だと? ウマを食べたべたブタを食べたべたイヌを食べたべたネコを食べたべたマメだと。こりゃ、おもしろい」

「あのう、王さまおーさま

と、ギアッコが言いいいました。

「その反対です。マメを食べたべたネコを食べたべたイヌを食べたべたブタを食べたべたウマですよ」

「ワッハッハッハ」

王さまおーさまは、お腹おなかをかかえて笑いわらいました。

「おっと、間違えまちがえたか。ウマを食べたべたマメだったな。いいや、マメを食べたべたウマだ。おや、また違っちがったわい。ワッハッハッハ」

王さまおーさま笑うわらうと、大臣だいじんも、おきさきも、お姫さまおひめさまも、召使いめしつかいも、料理番も、だれもかれも笑いわらいました。

オホホホ・・・、ウフフフ・・・、エヘヘヘ・・・、アハハハ・・・。

するとお城のてっぺんにある鐘(かね)が、体をゆすってカランカランとなりました。

そして、国中くになかの人が笑いわらい出しました。

「ギアッコよ。

毎日まいにち、わしに話しはなし聞かきかせてくれないか。

ウマを食べたべたマメの話。

・・・いや、そのマメを食べたべたウマだ。

・・・おっと、違っちがった。

マメを食べたべたネコを食べたべたイヌを食べたべたブタ食べたべたウマの話だ。

ハッハッハッハ。

何度聞いきいても、おもしろい。

ギアッコよ、わしのとなりに座っすわっておくれ」

ギアッコは金の

かんむり

を頭に乗せのせて、王さまおーさまのとなりのいすに座りすわりました。

そして毎日まいにち毎日まいにち、マメを食べたべたネコを食べたべたイヌを食べたべたブタを食べたべたウマの話をして、国中くになかの人が楽しく暮らしくらしました。

おしまい


ギアッコ
一人ぼっち
男の子
ひとにぎり
持つ
毎日
食べる
一つ
みんな
なくなる
やってくる
残る
ポケット
しまう
テクテク
歩く
くれる
木の下
たどり着く
叩く
まがる
おじいさん
出る
お父さん
お母さん
言う
かわいそう
四つ
寝かせる
夜中
コロコロコロ
転がる
落ちる
覚ます
泣く
おくる
ドロボウネコ
きらい
かかえる
スタスタ
クルミ
着く
しらが
つくれる
小屋
ムシャ
よくばる
つれる
ズンズン
イチジク
ゴクリッ
飲み込む
食いしん坊
ヨボヨボ
ろくでなし
またがる
パカパカ
すすむ
吹き出す
王さま
聞く
開ける
笑う
お腹
間違える
違う
大臣
おきる
お姫さま
召使い
かれる
てっぺん
ゆする
カラン
国中
話す
となり
座る
乗せる
暮らす

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.