muksi - story thumb

--:-- / --:--
絵から抜け出した子馬

絵から抜け出した子馬

日本の昔話

むかしむかし、ある村のお寺おてらに、絵をかくのが何よりも好きすき小僧こぞーさんがいました。

お経も覚えおぼえずに、ひまさえあれば絵ばかりかいていました。

「仏さまに仕えるつかえる者が、そんな事でどうする。絵をやめないのなら、寺を追い出しおいだしてしまうぞ」

和尚わじょーさんからきびしくしかられても、やっぱり絵をやめる事が出来できません。

そこで夜中やちゅーにこっそり起きおきて、絵をかくことにしました。

ある日の事、小僧こぞーさんは子馬の絵をかきあげました。

まるで生きいきているみたいで、自分じぶんでも見とれるみとれるほどです。

小僧こぞーさんはうれしくなって、和尚わじょーさんに見つからみつからないように自分じぶん部屋へやにかくしておきました。

ところがしばらくたってこの村に、困っこまった事が起きおきました。

すっかり黄色くなった麦の穂(ほ)を、食い荒らすくいあらすものが現れあらわれたのです。

豊作ほーさくだと喜んよろこんでいたお百姓ひゃくしょーさんたちは、とてもくやしがりました。

「こんな悪さをする奴は、とっ捕まえつかまえ殺しころしてやる」

百姓ひゃくしょーさんたちは畑に小屋こやをつくって、一日中見張るみはる事にしました。

するとその晩、どこからともなく一頭の子馬が現れあらわれ麦畑むぎばたけの中へ消えきえていくではありませんか。

「さては、あの子馬が麦を食べたべているんだな」

見張りみはりのお百姓ひゃくしょーさんたちは、こっそり子馬のあとをつけました。

そんな事とは知らしらない子馬は、うれしそうに麦畑むぎばたけ駆け回るかけまわると、立ち止まったちどまってはおいしそうに麦の穂を食べたべました。

「やっぱり、あいつだ」

「もう、ゆるせない」

百姓ひゃくしょーさんたちは飛び出しとびだして、子馬を取り囲みとりかこみました。

逃がすにがすんじゃないぞ」

「それ、追うおうんだ」

百姓ひゃくしょーさんたちが必死ひっし追いかけおいかけて行くと、馬はお寺おてらの中にかけ込んかけこんでいきました。

「なんだ? お寺おてらで馬を飼うかうわけないし、あずかったという話も聞いきいていないが」

不思議ふしぎ思いおもいながらも、お寺おてら行っいってみるとどうでしょう。

馬の足うまのあしあとが、てんてんと小僧こぞーさんの部屋へやまで続いつずいているのです。

「まさか」

百姓ひゃくしょーさんたちから話を聞いきいて、和尚わじょーさんが急いいそい小僧こぞーさんの部屋へや行っいってみました。

するとそこには、子馬の絵を抱いだい小僧こぞーさんがすわっていました。

子馬は今にも絵から飛び出そとびだそうと、じっとこっちをています。

「こ、こ、この馬です」

あとからやってきたお百姓ひゃくしょーさんたちも、その絵をて思わず息を飲みのみました。

泣きなき出しそうになっている小僧こぞーさんをて、和尚わじょーさんが言いいいました。

「絵の馬が抜け出すぬけだすとは、大した腕前うでまえだ。これからは、自由じゆーに絵をかいてもいいぞ」

そんな事があってから、小僧こぞーさんは仏さまの絵をたくさんかいて村人むらびとたちにわけてあげました。

村人むらびとたちはその絵を家宝かほーにして、大切たいせつにしたということです。

おしまい


お寺
好き
小僧
覚える
仕える
やめる
追い出す
和尚
しかる
出来る
夜中
起きる
かきあげる
生きる
自分
見とれる
見つかる
部屋
かくす
困る
食い荒らす
現れる
豊作
喜ぶ
百姓
捕まえる
殺す
小屋
つくる
見張る
麦畑
消える
食べる
見張り
つける
知る
駆け回る
立ち止まる
あいつ
ゆるせる
飛び出す
取り囲む
逃がす
追う
必死
追いかける
かけ込む
飼う
わける
あずかる
聞く
不思議
思う
行く
馬の足
続く
急ぐ
抱く
すわる
こっち
見る
やってくる
飲む
泣く
言う
抜け出す
腕前
自由
たくさん
村人
家宝
大切

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.