muksi - story thumb

--:-- / --:--
良寛

良寛

日本の民話

ある日の事、村から帰っかえってきた良寛りょーかんは、お寺おてら縁側えんがわの床がふくらんでいる事に気づききずきました。

「おや? どうした事だ?」

不思議ふしぎ思っおもった良�ェが床下ゆかしたをのぞいてみると、なんと床下ゆかしたから一本の竹の子たけのこ生えはえていて、床を下から押しおしているのでした。

「ああ、これは大変たいへんだ!」

良�ェは急いいそい物置ものおき行くいくと、のこぎりを持っもってきました。

そして、そののこぎりで竹の子たけのこ切るきるのかと思えおもえば、なんと良�ェは竹の子たけのこ真上まうえの床を四角く切り抜いきりぬいたのです。

「これでよし。きゅうくつな思いおもいをさせてすまなかったね。さあ、竹の子たけのこさん。遠慮はいらんから、ずんずんと伸びのびなされよ」

良�ェとは、こんな人物じんぶつだったのです。

さてこの竹の子たけのこは、それからも毎日まいにちすくすくと大きくなりました。

「がんばれ、竹の子たけのこさん」

良寛りょーかんは、毎日まいにち大きくなる竹の子たけのこて大喜びよろこびです。

でもそのうちに、

「いや、これはどうしたものかのう?」

何と竹の子たけのこは、天井てんじょー届くとどくまで大きくなってしまったのです。

天井てんじょー切れきれば雨がもるし、かといって、竹の子たけのこ切るきるのも可哀想かわいそーだ。天井てんじょー竹の子たけのこ、どっちが大切たいせつかと言ういうと」

ちょっと考えかんがえ良寛りょーかんは、物置ものおきからのこぎりとはしごを持っもってくると、竹の子たけのこ周りまわり天井てんじょーを四角く切り抜いきりぬいてやったのです。

「さあ、もう安心あんしんじゃよ。竹の子たけのこさん、がんばれよ」

おかげで小さかった竹の子たけのこは、立派りっぱな竹になりました。

でも雨が降るふる天井てんじょーの穴から水が入っはいってきて、お寺おてらの床は水びたしみずびたしになってしまいます。

それでも良寛りょーかんは満足げに、

「なあに、雨でぬれた床は拭けふけばいい。それより竹さんが、雨をあびて喜んよろこんでおるわ」

と、言っいったそうです。

おしまい

※ 良�ェ(りょうかん)は、越後えちご国(えちごのくに→新潟にーがた県)の名主なぬし息子むすこ生まれうまれ俳人はいじんでもあった父の影響を受けうけて、書や和歌わか漢詩かんしで名を広めひろめ人物じんぶつです。

この良�ェは人付き合いひとずきあい苦手にがてで十八歳で出家したのち、約三十年もの間、全国ぜんこくを旅しながら修行を続けつずけ、そしてその後そのご故郷こきょー近くちかく山寺やまでら暮らしくらしました。

これは、その良�ェが出雲崎いずもざき(いずもさき→新潟にーがた三島みしま郡)の山寺やまでら住んすんでいた頃のお話です。


帰る
良寛
お寺
縁側
ふくらむ
気づく
不思議
思う
床下
のぞく
竹の子
生える
押す
大変
急ぐ
物置
行く
のこぎり
持つ
切る
真上
切り抜く
きゅう
思い
伸びる
人物
毎日
がんばれる
見る
喜び
天井
届く
可哀想
どっち
大切
言う
考える
はしご
周り
安心
おかげ
立派
降る
入る
水びたし
なあに
ぬれる
拭く
あびる
喜ぶ
りょう
越後
新潟
名主
息子
生まれる
俳人
受ける
和歌
漢詩
広める
人付き合い
苦手
全国
続ける
その後
故郷
近く
山寺
暮らす
出雲崎
三島
住む

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.