muksi - story thumb

--:-- / --:--
不思議な岩穴

不思議な岩穴

日本の昔話

むかしむかし、ある島に、牛をとても可愛がっている男がいました。

男は畑仕事が終わるおわると、いつも海で牛の体を洗っあらってあげるのです。

ある日の事、いつものように牛を洗っあらったあと、男は急に眠たくなったので、岩に座っすわったまま眠り込んねむりこんでしまいました。

「モウー」

しばらくして牛の鳴き声なきごえに目を覚ましさました男が牛の方をてみると、なんと牛が岩穴いわあなの中へ引き込まひきこまれているのです。

「ま、待てまて、おらの牛が」

男はあわてて牛の首うしのくびのつなを引っぱりひっぱりましたが、いくら引っ張っひっぱってもびくともしません。

(これは、どういう事だ?)

男が、ふと下を見るみるとどうでしょう。

ものすごい数のアリが集まっあつまって、牛を岩穴いわあな運んはこんでいるのです。

「なにくそ! アリなんかに、負けるまけるものか!」

男は力一杯つなを引っぱりひっぱりましたが、引っ張りひっぱり出すどころか反対に自分じぶんまでずるずると岩穴いわあなの中に引きずり込まひきずりこまれてしまいました。

(ああ、もう駄目だめだ!)

そう思っおもった時、あたりがパッと明るくなりました。

「おや? ここはどこだ?」

何とそこは広々とした原っぱはらっぱで、きれいにたがやした畑があります。

男がぽかんとしていると、畑にいた人がそばへやってきて言いいいました。

「すみませんが、あなたが眠っねむっている間に牛を貸しかしてもらいました。おかげで、畑をたがやす事が出来できました」

畑の人はにこやかに言っいったのですが、男は怖くてたまりません。

助けたすけてください! 牛はあげますから、どうか命ばかりは!」

すると畑の人は、

「いやいや、命を取るとるなんてとんでもない。

あなたが連れつれてきてくれた牛のおかげで、畑がたがやせたのです。

さあ、少ないですがこれはお礼です。

どうぞ、受け取っうけとってください」

と、たくさんのお金おかね差し出しさしだしました。

そのお金おかねは、牛が何頭なんとー買えるかえるほどの大金たいきんです。

「えっ? 牛を貸しかしただけで、こんなに?」

「はい。ただしここでた事は、だれにも言わいわないでくださいね。

そのかわりお金おかねがなくなったら、いつでも取りとりてかまいませんから」

気がつくと男は、牛と一緒に岩穴いわあなの外にいました。

それから男は何度もお金おかねをもらいに行っいって、たちまち大金持ちおーがねもちになりました。

ある日の事、男の友だちともだち尋ねたずねました。

お前おまえ、どうして急に大金持ちおーがねもちになったのだ?」

「ああ、実はな」

男は誰にも言わいわないという約束を忘れわすれて、友だちともだち岩穴いわあなの事を話しはなしたのです。

「まさか。そんなうまい話、誰が信じるしんじるものか」

本当ほんとーだとも。なんなら今から、その岩穴いわあな連れつれて行ってやる」

男はそう言ういうと、友だちともだち岩穴いわあなのところへ連れつれて行きました。

「さあ、ここだ。この岩穴いわあなに・・・。ああっ! 岩穴いわあながふさがっている!」

何と岩穴いわあながふさがっていて、どうやっても中へ入るはいる事が出来できなかったのです。

その後そのご、男は何をやっても不運ふうん続きで、ついには前よりもひどい貧乏びんぼーになったという事です。

おしまい


終わる
洗う
座る
眠り込む
モウー
鳴き声
覚ます
見る
岩穴
引き込む
待つ
あわてる
牛の首
引っぱる
引っ張る
ともす
集まる
運ぶ
負ける
自分
引きずり込む
駄目
思う
あたり
原っぱ
きれい
たがやす
やってくる
言う
あなた
眠る
貸す
おかげ
出来る
にこやか
たまる
助ける
あげる
取る
とんでも
連れる
たがやせる
受け取る
たくさん
お金
差し出す
何頭
買える
大金
かわり
なくなる
来る
かまう
もらう
行く
大金持ち
友だち
尋ねる
お前
忘れる
話す
信じる
本当
ふさがる
入る
その後
不運
貧乏

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.