muksi - story thumb

--:-- / --:--
白鳥の関

白鳥の関

日本の民話

むかしむかし、紀の関という関所せきしょがあり、この関所せきしょに近い村に一人の若者わかもの住んすんでいました。

ひどくあきっぽい男で、何をやっても途中とちゅー投げ出しなげだしてしまうので村人むらびと馬鹿ばかにされていました。

ある日の事、その若者わかもの山道さんどー歩いあるいていると、羽に矢が刺さっささってもがいている白鳥はくちょーがいました。

若者わかものはその白鳥はくちょーの羽から矢を抜いぬいてやると、空へ放しはなしてやりました。

そのとき白鳥はくちょー一声いっせい鳴いないて、うれしそうに飛び立っとびたっていきました。

さてその晩、若者わかものの夢の中で白鳥はくちょー現れあらわれて、

昼間ひるまは危ないところを助けたすけてくださり、ありがとうございました。お礼に、お前おまえさまの願いねがいをかなえてあげましょう」

と、言ういうではありませんか。

若者わかものは少し考えかんがえてから、

「それなら、きれいでやさしい嫁を世話してほしい」

と、言いいいました。

それから三日後、若者わかもののところへ美しい嫁がやって来やってきたのです。

嫁さんよめさんはとてもいい嫁さんよめさんで、家の仕事も畑仕事もがんばり、そして若者わかものをとても大切たいせつにしました。

けれども若者わかものの方は、嫁さんよめさんよりも鳥やけものの狩りかりに心を奪わうばわれるようになりました。

そしてある日のこと、若者わかもの嫁さんよめさんにさんざん小言こごとをいったあげく、空に向かっむかっ叫びさけびました。

白鳥はくちょーよ、おらあ、この嫁にはあきあきした。嫁より、狩りかりをするのが楽しいんじゃ。もう嫁はいらんから、代わりかわり立派りっぱ弓矢ゆみやをくれ」

嫁さんよめさんはそれを聞くきくと一晩中泣いないていましたが、朝になると嫁さんよめさんの姿はなくて、その代わりかわり立派りっぱ弓矢ゆみや置いおいてあったのです。

「おおっ、これさえあれば、鳥でも鹿でも取りとり放題だ」

若者わかもの弓矢ゆみやをつかむと、大喜びよろこび狩りかり飛び出しとびだしました。

しかしいくら立派りっぱ弓矢ゆみや持っもっていても、狩りかりの腕が悪いので山鳥やまどりの一羽も射止めいとめられません。

一緒に狩りかり行っいっ村人むらびと馬鹿ばかにされた若者わかものは、くやしまぎれに弓矢ゆみや放りほーり投げなげました。

「こんな弓矢ゆみや、もういらん!」

すると弓矢ゆみやは美しい白鳥はくちょーに姿を変えかえて、若者わかものの手をするりと抜けるぬけると山峠のかなたへ消えきえていきました。

「まてー、まってくれー! やっぱりあの嫁を帰しかえしてくれー!」

白鳥はくちょー追いかけおいかけ若者わかものは、関所せきしょ駆け抜けよかけぬけようとして関守せきもり呼びよびとめられていました。

びっくりした若者わかものは、あわてて頭を下げさげ言いいいました。

「怪しい者では、ございません。このあたりの百姓ひゃくしょーでして、逃げにげた嫁を探しさがしていたのです」

そして恐る恐る関守せきもりの顔を見上げみあげて、若者わかものはあっと叫びさけびました。

なんとその関守せきもりは女で、しかも姿を消しけし嫁さんよめさんだったのです。

嫁さんよめさんは、目からみるみる涙を流しながしながら言いいいました。

「どんなことがあっても、この関は通しとーしません。お前おまえののぞみは、もうかなえられません」

そして涙に濡れぬれた袖はみるみるうちにまっ白まっしろな羽に変わりかわり、それを若者わかもの転げるころげるように逃げにげていきました。

このときから紀の関は、不死鳥ふしちょーの関とよばれるようになったのです。

おしまい


関所
若者
住む
途中
投げ出す
村人
馬鹿
山道
歩く
刺さる
もがく
白鳥
抜く
放す
一声
鳴く
飛び立つ
現れる
昼間
助ける
お前
願い
かなえる
言う
考える
きれい
やって来る
嫁さん
がんばる
大切
狩り
奪う
小言
あげく
向かう
叫ぶ
あきあきする
代わり
立派
弓矢
くれる
聞く
泣く
置く
おおう
取る
つかむ
喜び
飛び出す
持つ
山鳥
射止める
行く
まぎれる
放る
投げる
変える
抜ける
かなた
消える
まてる
帰す
追いかける
駆け抜ける
関守
呼ぶ
とめる
あわてる
下げる
あたり
百姓
逃げる
探す
見上げる
消す
流す
通す
のぞみ
濡れる
まっ白
変わる
見る
転げる
不死鳥

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.