muksi - story thumb

--:-- / --:--
動くかかし

動くかかし

日本の昔話

むかしむかし、吉四六さんと言ういう、とてもゆかいな人がいました。

むかしから、夏の食べ物たべもの言えいえばスイカで、吉四六さんの村でもスイカを作っつくっていました。

しかし最近さいきんは夜になるとスイカ畑に忍びしのび入り、よく出来できた甘くておいしそうなスイカを片っ端かたっぱしから盗んぬすんで行く、スイカ泥棒どろぼー現れあらわれたのです。

「せっかくのスイカを、何て腹の立つたつ奴だ! 今夜こんやこそ、ひっとらえてやるぞ!」

村人むらびとたちは見張りみはり小屋こや建てたてて、一晩中スイカ畑を見張っみはっていますが、スイカ泥棒どろぼー捕まえるつかまえるどころか、ちょっと油断したすきにまた新しいスイカを盗まぬすまれてしまうのです。

吉四六さんの畑もやられてしまったので、いまいましくてたまりません。

「うーむ。何か良い工夫はないものだろうか?」

昼間ひるまの畑仕事をしながら、吉四六さんは考えかんがえていましたが、

「・・・そうだ、これでいこう!」

と、何か名案めいあん思いついおもいついて、急いいそいで家に戻っもどって来ました。

そして大きなわら人形にんぎょー作るつくると、それに自分じぶん着物きもの着せきせて、手ぬぐいてぬぐいでほおかむりをしました。

かかしの出来上がりできあがりです。

「我ながら、なかなかの出来できだ」

さっそく吉四六さんは、そのかかしをかついで自分じぶんのスイカ畑へ行きいきました。

それを村人むらびとたちは、吉四六さんに声をかけました。

「おいおい、吉四六さんよ。そんなかかしを持っもって、どうするつもりだ?」

吉四六さんはスイカ畑のまん中まんなかにかかしを立てるたてると、まじめな顔で答えこたえました。

「何って、見れみればわかるだろう。これは泥棒どろぼーよけだ。毎晩まいばん毎晩まいばん番小屋ばんごや夜明かしよあかしするのは、大変たいへんだからなあ」

泥棒どろぼーよけだって?」

それを聞いきいて、みんなは大笑いです。

「あははははは、こいつはいい!」

「吉四六さん、お前おまえ、どうかしてるんじゃないのか? スイカ泥棒どろぼーはカラスじゃなくて、人間にんげんだよ」

しかし吉四六さんは、ニッコリ笑うわらうと、

「なあに、世の中よのなかには、カラスよりも馬鹿ばか人間にんげんもいるんだよ」

と、さっさと帰っかえってしまいました。

「はん。何を言っいってやがる。人間にんげんがかかしを怖がるこわがるはずないだろうに」

「吉四六さん、むかしから頭が良いのか悪いのか、よくわからねえ人だったが、やっぱり馬鹿ばかだ」

「そうに違いちがいない。あははははは」

村人むらびとは、腹をかかえて笑いわらいました。

そして道を通るとーる人たちも、

「おやおや、あのスイカ畑には、かかしが立ったっているぞ。泥棒どろぼーよけだそうだが、何とも変わっかわっ百姓ひゃくしょーがいたもんだ」

と、笑いわらいながら過ぎすぎて行きました。

さて、夜になりました。

村人むらびとたちは今夜こんや夜明かしよあかし見張りみはりをするつもりで、それぞれ自分じぶんたちの見張りみはり小屋こや泊まり込みとまりこみました。

ですが、吉四六さんの小屋こやには、誰一人姿を見せみせません。

「おや? 吉四六さんめ、本当にかかしが泥棒どろぼーよけになると思っおもっていやがる。知らしらねえぞ、明日あしたになって、スイカが一つひとつ残らのこら盗まぬすまれても」

今夜こんやは雲が多く月も星もない真っ暗闇くらやみで、泥棒どろぼーにはもってこいです。

するとやはり、どこからともなく現れあらわれ二つふたつの黒い影が、そろりそろりとあぜ道あぜみち入っはいって来ました。

そして、

「おいおい、馬鹿ばかな奴もいるものじゃ。畑にかかしなんか立てたてて、番小屋ばんごやはお留守だぜ」

「こりゃ、ありがたい。カラスと人間にんげん間違えるまちがえるとは」

「全くだ。おかげで今夜こんやは、うんと稼げるかせげるというものだ」

二人の泥棒どろぼーは、吉四六さんの畑に入り込みはいりこみました。

そして出来るできるだけ大きなスイカを取ろとろうと、手探りてさぐりで畑の中を探し回っさがしまわっていると、かかしのそばまでやってきました。

すると突然、

♪ポカッ

と、いう音がして、泥棒どろぼーの一人が悲鳴ひめいをあげました。

「あいた! おい、なんだって、おれの頭を殴るなぐるんだ?」

「はあ? おれは殴らなぐらないぞ。あいた! お前おまえこそ、おれを殴っなぐったじゃないか!」

馬鹿ばかいうな。なんでおれが殴るなぐるものか。お前おまえこそ、あいた! こら、また殴っなぐったな!」

二人は思わず後ろうしろ振り返りふりかえり、そしてびっくりしました。

なんと後ろうしろ立ったっていた大きなかかしが、大きな声で、

♪ケッケケケケー

と、笑いわらい出したのです。

「お、お、お化けおばけだー!」

「た、た、助けたすけてくれー!」

二人はあわてて逃げ出そにげだそうとしましたが、スイカのつるに足をとられて、その場に倒れたおれてしまいました。

するとかかしが、倒れたおれ泥棒どろぼーの上にのしかかると、

「おーい、村の衆! 泥棒どろぼー捕まえつかまえたぞ! 早く早く!」

と、大声おーごえ叫びさけびました。

なんとその声は、吉四六さんの声でした。

そして騒ぎさわぎ聞きつけききつけ村人むらびとたちが、あわてふためく泥棒どろぼー捕まえつかまえたのです。

実は吉四六さん、わらで作っつくった服をて、こっそりかかしと入れ替わっいれかわっていたのです。

「どうだい。かかしに捕まるつかまる、カラスよりも馬鹿ばか人間にんげんがいただろう」

吉四六さんは、ゆかいそうに笑いわらいました。

おしまい


言う
かいな
食べ物
スイカ
作る
最近
忍び
出来る
片っ端
盗む
泥棒
現れる
立つ
今夜
ひっとらえる
村人
見張り
小屋
建てる
見張る
捕まえる
たまる
昼間
考える
名案
思いつく
急ぐ
戻る
人形
自分
着物
着せる
手ぬぐい
かむる
かかし
出来上がる
出来
かつぐ
行く
見る
かける
持つ
まん中
立てる
まじめ
答える
わかる
毎晩
番小屋
夜明かし
大変
聞く
みんな
こいつ
お前
カラス
人間
笑う
なあに
世の中
馬鹿
帰る
怖がる
違い
かかえる
通る
けだす
変わる
百姓
過ぎる
それぞれ
泊まり込む
見せる
思う
いやがる
知る
明日
一つ
残る
暗闇
もってこい
二つ
あぜ道
入る
間違える
おかげ
稼げる
入り込む
取る
手探り
探し回る
やってくる
ポカッ
悲鳴
あげる
殴る
後ろ
振り返る
お化け
助ける
あわてる
逃げ出す
倒れる
のしかかる
大声
叫ぶ
騒ぎ
聞きつける
着る
入れ替わる
捕まる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.