muksi - story thumb

--:-- / --:--
一人になった鬼の親分

一人になった鬼の親分

日本の昔話

むかしむかし、鬼神山かみやま(おにがみやま)という山に二匹の鬼の親分おやぶん住んすんでいて、それぞれが大勢たいせい(おおぜい)の子分こぶん(こぶん)をひきつれていました。

親分おやぶん同士どーしの仲がよく、これまでけんかをした事がありません。

ところがある日、二匹の親分おやぶんが一緒に酒を飲んのんでいる時に片方かたほー親分おやぶんが、

お前おまえ子分こぶんよりも、わしの子分こぶんの方がずっと元気げんきがええ」

と、言いいいました。

それを聞いきいたもう一人の鬼の親分おやぶんが、顔を真っ赤まっかにして言い返しいーかえしました。

「何を言ういうか! わしの子分こぶんの方が、お前おまえ子分こぶんよりもずっと元気げんきがええわい!」

「なんだと!」

「なんだとは、なんだ!」

やる気やるきか!」

「ああ、やってやるぞ!」

二匹の鬼の親分おやぶんが、同時に立ち上がりたちあがりました。

でも、二匹の鬼の親分おやぶんの力は同じです。

けんかをすれば、両方りょーほーとも無事ぶじではすみません。

そこで片方かたほーの鬼の親分おやぶんが、もう片方かたほーの鬼の親分おやぶん言いいいました。

「おれたちがけんかをすれば、両方りょーほーとも死んしんでしまうかもしれん。

そうなれば、子分こぶんたちのめんどうを見るみるやつがいなくなる。

ここはけんかでなく、他の事で勝負をつけないか?」

「なるほど、お前おまえさんの言ういう通りとーりだ。それなら、あのけわしい谷の上に石の橋をかけるというのはどうじゃ?」

「それは、おもしろい。

よし、日がくれたら仕事の開始じゃ。

朝までに石の橋をかけ、どっちの橋がよく出来できているか、わしとお前おまえてまわろう」

「わかった。

もし、わしの方が負けまけたら、お前おまえ弟分おとーとぶん(おとうとぶん)になるとしよう。

その反対にわしの方が勝っかったら、お前おまえ弟分おとーとぶんになるんだ」

「いいとも。決まりきまりだ」

二匹の鬼の親分おやぶんは、さっそく子分こぶんたちのところへ行っいって、この事を話しはなしました。

さて、日が暮れるくれると同時に、どっちの鬼たちも石の橋をつくりはじめました。

「しっかりとがんばれ。負けれまければ、あっちの親分おやぶん家来けらいにされてしまうぞ」

二匹の鬼の親分おやぶんは、必死ひっし(ひっし)で子分こぶんたちを追いたておいたてます。

静かしずかだった鬼神きじん山は、まるで戦(いくさ)の様な騒ぎさわぎです。

ところが片方かたほーの橋はどんどん出来上がっできあがっていくのに、もう片方かたほーの橋はなかなか仕事がはかどりません。

東の空が白くなる頃、谷の上に一つひとつ見事みごとな橋が出来上がりできあがりました。

でももう一つひとつの橋は、まだ半分はんぶんというところです。

負けまけた鬼の親分おやぶんが、勝っかった鬼の親分おやぶん言いいいました。

「どうやら、わしらの負けまけのようだ。約束通り、今日きょーからわしはお前おまえ弟分おとーとぶんになろう」

それからというもの鬼神きじん山の鬼の親分おやぶんは一人になり、その下に大勢たいせい子分こぶんをしたがえるようになったのです。

おしまい


神山
みやま
親分
住む
それぞれ
大勢
子分
ひきつれる
同士
けんか
飲む
片方
お前
元気
言う
聞く
真っ赤
言い返す
やる気
立ち上がる
両方
無事
死ぬ
しれる
めんどう
見る
つける
通り
かける
くれる
どっち
出来る
わかる
負ける
弟分
とうとぶ
勝つ
決まり
行く
話す
暮れる
つくる
がんばる
あっち
家来
必死
追いたてる
静か
鬼神
騒ぎ
出来上がる
はかどる
一つ
見事
半分
負け
今日
したがえる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.