muksi - story thumb

--:-- / --:--
なぞなぞ絵手紙

なぞなぞ絵手紙

日本の昔話

むかしむかし、ある町の店に、村から嫁いとついで来たお嫁さんよめさんがいました。

嫁さんよめさんは良く働きはたらき気立てきだても良くて申し分もーしぶんないのですが、あいにく文字もじの読み書きが出来できません。

ある日の事、このお嫁さんよめさん久しぶりひさしぶりに、村のお母さんおかーさんの所へ里帰りさとがえりをする事になりました。

嫁さんよめさんに、お土産みやげ持たもたせた夫は、

お母さんおかーさんに、手紙てがみ持っもって行きなさい」

と、筆と紙を取りとりました。

「あの、うちのおっかさんも、読み書きが出来できません。すみませんが字の手紙てがみでなく、絵手紙えてがみにしてください」

「わかった。じゃあ、絵手紙えてがみにしよう」

夫は紙に『一升ます』と『草かりがま』と『女の人の着物きもの噛みつきかみつきそうな犬』を絵にして、お嫁さんよめさん渡しわたしました。

さて、それから数日後。

「おっかさん、ただいま」

「まあまあ、よく帰っかえって来てくれたね。さあ、ゆっくりしておくれ。で、どうだい? 町での暮らしくらしは」

「はい。うちの人うちのひとは優しくしてくれるし、お店は繁盛しているし、毎日まいにちがとても楽しくてね。それでつい、帰るかえるのが遅くなって」

嫁さんよめさんは、つもる話をしてから、

「あっ、そうそう。うちの人うちのひとから、絵手紙えてがみ預かっあずかってきましたよ」

と、お母さんおかーさんに、絵手紙えてがみ差し出しさしだしました。

それを受け取っうけとっお母さんおかーさんは、絵手紙えてがみて首を傾げかたげます。

「はて、『一升ます』と『草かりがま』と『女の人の着物きもの噛みつきかみつきそうな犬』。何の事やら、読み取れよみとれませんよ」

そこでお母さんおかーさんとお嫁さんよめさんは隣に住むすむ物知りものしりのおじいさんに、この絵手紙えてがみ読み解いよみといて欲しいと頼みたのみました。

すると、

「ふむ、ふむふむ。気の毒きのどくじゃが、これは離縁(りえん)状じゃよ」

と、言ういうのです。

「まさか、そんな事は・・・。でも・・・、そんなあ・・・」

嫁さんよめさんは悲しくなり、シクシクと泣きなき出しました。

「何かの間違いまちがいです。ちゃんと、読み解いよみといて下さい」

お母さんおかーさん言ういうと、おじいさんは絵手紙えてがみお母さんおかーさん見せみせ言いいいました。

「いいかい。

『一升ます』は、一生いっしょーの事。

『草かりがま』と『犬』で、かまワン、となる。

つまりだ、

『おまえの事は一生いっしょー構わかまわんから、帰っかえって来なくていい』

と、言ういう事じゃ。

ほんに、気の毒きのどくになあ」

「うわーん!」

嫁さんよめさんはあまりの事に泣き崩れなきくずれてしまい、それから毎日まいにち泣きなき暮らしくらしていました。

そんなある日の事、夫が町から尋ねたずねてきました。

「いつまでも帰っかえって来ないから、病気にでもなったのかと心配でやって来やってきた。一体いったい、何を泣いないているのだ?」

「だっ、だって。絵手紙えてがみで『一生いっしょーかまわん』と、あたしを離縁したではありませんか」

「ああ? 何を言ういうのだ!

犬の絵を、よくたのか?

犬が女の着物きもののすそを、噛もかもうとしておったろうが。

これはつまり、

お前おまえの事は、一生いっしょーかまう(大事だいじにする)』

との意味で、決して離縁状などではない」

これを聞いきいて、お嫁さんよめさんは、

「まあ、うれしい!」

と、夫に抱きつくだきつくと、仲良く手に手をとって町へ戻っもどって行きました。

お幸せおしあわせに。

おしまい


嫁ぐ
嫁さん
働く
気立て
申し分
文字
出来る
久しぶり
お母さん
里帰り
土産
持つ
手紙
取る
おっかさん
絵手紙
わかる
かりる
着物
噛みつく
渡す
帰る
おくる
暮らし
うちの人
毎日
つもる
預かる
差し出す
受け取る
見る
傾げる
読み取れる
住む
物知り
おじいさん
読み解く
頼む
気の毒
言う
シクシク
泣く
間違い
見せる
一生
つまり
おまえ
構う
泣き崩れる
暮らす
尋ねる
やって来る
一体
かまう
あたし
噛む
つまる
お前
大事
聞く
抱きつく
戻る
お幸せ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.