muksi - story thumb

--:-- / --:--
娘の寿命

娘の寿命

日本の昔話

むかしむかし、年をとってから、やっと女の子おんなのこにめぐまれた老夫婦ふーふがいました。

ある夏の事、年頃としごろになった娘が留守番をしていると、汚い身なりみなりの旅のお坊さんぼーさんがやってきて家の前で物乞いものごいをしました。

「旅の僧です。空腹くーふくで、困っこまっております。何か食べ物たべものを」

「あっ、はい。ではこれを」

娘が食べ物たべもの渡すわたすと、お坊さんぼーさんは娘の顔をながら言いいいました。

「美しい娘さんじゃな。いくつになられた?」

「はい。十八です」

「十八か。・・・お気の毒きのどくに」

坊さんぼーさんは、なぜか悲しそうに言ういうと、そのまま立ち去ったちさっていきました。

この様子よーすを、畑仕事から帰っかえってきた父親ちちおやていました。

気になった父親ちちおやはお坊さんぼーさん追いかけるおいかけると、お坊さんぼーさん理由りゆー聞きききました。

するとお坊さんぼーさんは、

「娘さんはまだ若いのに、もうすぐ急な病で亡くなりなくなります。それがお気の毒きのどくで」

と、いうのでした。

「娘が病で! どっ、どうしてわかるのです! もしそれが娘のさだめなら、どうすれば逃れるのがれる事が出来るできるかお教えおしえください!」

父親ちちおやがとりすがるように言ういうと、お坊さんぼーさんはこう言いいいました。

白酒しろざけと杯を三つみっつ目隠しめかくしした娘さんに持たもたせて、日の出ひのでとともに東の山に向かっむかっ歩くあるくように言ういうのです。

どこまでも歩いあるいてもう進めすすめなくなったら、目隠しめかくしをとりなさい。

すると岩の上に三人のお坊さんぼーさん座っすわっているから、何もいわずにどんどんお酒を飲まのませなさい。

お酒がなくなったら、三人のお坊さんぼーさんに命ごいをしなさい。

うまくいけば、娘さんは長生き出来るできるでしょう」

「ありがとうございました。さっそく、その通りとーりにいたします」

次の日、父親ちちおや教えおしえられた通りとーり娘にお酒を持たもたせて、目隠しめかくしをしました。

そして日の出ひのでとともに、家から東の山に向かっむかっ歩かあるかせました。

娘がどんどん歩いあるいていくと、やがて行き止まりいきどまりになりました。

娘が目隠しめかくし取るとると、そこは岩穴いわあなの中でした。

目の前の一段いちだん高い岩の上に、赤い衣をた三人のお坊さんぼーさん座っすわっています。

娘はお坊さんぼーさんたちにどんどんお酒をすすめ、お酒がなくなるとお坊さんぼーさんたちに言いいいました。

「わたしは、お願いがあってまいりました。

旅のお坊さまの話によると、わたしはもうすぐ急な病で死ぬしぬそうです。

どうか、お助けたすけくださいませ」

娘が深く頭をさげて命ごいをすると、三人のお坊さんぼーさんは赤くなった顔を見合わせみあわせました。

やがて、一人のお坊さんぼーさん言いいいました。

「人の寿命じゅみょー知りしり、あんたをここに連れつれてくるとは、あの大師だいし仕業しわざか。

本当は人の運命うんめい変えかえてはいけないのだが、こんなにごちそうになってはことわれんな」

続いつずいて二人目のお坊さんぼーさんが、持っもっていた帳面ちょーめんながら言いいいました。

「なるほど。確かたしかにあと三日の寿命じゅみょーじゃな。まだ十八だというのに」

三人目のお坊さんぼーさんが、娘にたずねました。

「あんたは、何才まで生きいきたいんじゃ?」

娘は少し考えかんがえて、答えこたえました。

「はい。子宝こだから恵まれめぐまれて、その子を大きく出来るできるまでは」

それを聞いきいたお坊さんぼーさんたちは、にっこり笑うわらう言いいいました。

「うむ。よい答えこたえじゃ。あんたの寿命じゅみょーに、八の字をくわえてやろう」

そしてお坊さんぼーさんたちは帳面ちょーめんに八の字を書きかきくわえて、娘の寿命じゅみょーを八十八にしたのです。

その後そのご、娘は幸せしあわせな結婚をして子宝こだからにも恵まれめぐまれ、大した病気も無く八十八才まで長生きをしたという事です。

おしまい


女の子
めぐまれる
夫婦
年頃
身なり
坊さん
やってくる
物乞い
空腹
困る
食べ物
渡す
見る
言う
いくつ
気の毒
立ち去る
様子
帰る
父親
追いかける
理由
聞く
亡くなる
わかる
さだめる
逃れる
出来る
教える
とりすがる
白酒
三つ
目隠し
持つ
日の出
向かう
歩く
進める
座る
飲む
なくなる
通り
いたす
行き止まり
取る
岩穴
一段
着る
すすめる
死ぬ
助け
くださる
さげる
見合わせる
寿命
知る
あんた
連れる
大師
仕業
運命
変える
ことわれる
続く
帳面
確か
たずねる
生きる
考える
答える
子宝
恵まれる
笑う
答え
くわえる
書く
その後
幸せ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.