muksi - story thumb

--:-- / --:--
眠れる森の美女

眠れる森の美女

世界の昔話

むかしむかし、ある国のお城で、お姫さまおひめさま生まれうまれました。

王さまおーさまは国中の人をよんで、お祝いをしました。

お祝いには、十二人の魔法使いまほーつかいたちもやってきました。

だけどただ一人、十三人目の魔法使いまほーつかいだけは、お祝いによばれませんでした。

実は、お城には魔法使いまほーつかいたちの使うつかうお皿が、十二枚しかなかったからです。

お祝いによばれた魔法使いまほーつかいたちは次々に進み出すすみでて、お姫さまおひめさまにおくり物をささげました。

「きれいな人に、なりますように」

「やさしい心を、持ちもちますように」

「だれよりもかしこい人に、なりますように」

そして十二人目の魔法使いまほーつかいが、進み出すすみでたときです。

城中じょーちゅーに、恐ろしい声がひびきました。

「よくも、わたしをのけ者のけものにしたね。

姫よ、わたしのおくり物を受けるうけるがいい。

お前おまえは十五才の誕生日に、つむ(→糸つむぎの道具どーぐ)にさされて死ぬしぬのだ」

十三人目の魔法使いまほーつかいは、そう言ういう消えきえてしまいました。

大変たいへんだ! どうすればいいのだろう」

人々ひとびとは、大さわぎです。

待っまってください。まだ、わたしが残っのこっていますわ」

そう言っいったのは、十二人目の魔法使いまほーつかいでした。

お姫さまおひめさまは、死にしにません。

つむにさされても、百年の間眠るねむるだけ。

それから立派りっぱな人のキスで目を覚ましさまし、その人と結ばむすばれるでしょう」

だけど王さまおーさまは、心配でたまりません。

「国中のつむを1つ残らのこら集めあつめて、燃やしもやしてしまえ!

そして今後こんご、つむを作るつくることも使うつかうことも禁ずるきんずる

命令を受けうけ人々ひとびとは、つむを集めあつめて火をつけました。

「これでよし。つむがなければ、姫もさされはしないだろう」

王さまおーさま人々ひとびとも、ホッとしました。

やがてお姫さまおひめさまは、すくすくと大きくなって十五才になりました。

ある日の事です。

お姫さまおひめさまは一人で、お城の中を歩いあるいていました。

いくつもの階段かいだんをのぼって見つけみつけたのは、小さな入り口いりくちです。

「まあ、こんなところに部屋へやがあったなんて。・・・ここには、何があるのかしら?」

お姫さまおひめさまは、古ぼけふるぼけ部屋へや入っはいっていきました。

中にいたのは、たことがないおばあさんです。

おばあさんは糸をつむぐ車を、ブンブンと回しまわしていました。

「まあ、おもしろそうだこと。おばあさん、ちょっとかしてくださいな」

「いいともいいとも、さあ、手をだしてごらん」

何も知らしらないお姫さまおひめさまは、つむぎ車に手をのばしました。

そのとたん、つむぎ車のつむがお姫さまおひめさまの手をさしてしまったのです。

「イッヒヒヒヒー! うまくいったよ」

おばあさんは笑い声わらいごえ上げるあげると、どこかへ消えきえてしまいました。

実は十三人目の魔法使いまほーつかいがおばあさんに化けばけて、お姫さまおひめさま待っまっていたのです。

つむの毒がお姫さまおひめさまの体にまわる前、十二番目の魔法使いまほーつかい魔法まほー始まりはじまりました。

お姫さまおひめさま魔法まほーの光につつまれると、その場にバッタリと倒れたおれて、そのまま眠っねむってしまったのです。

魔法まほーの光はお姫さまおひめさまだけでなく、お城全体ぜんたいをつつみました。

そのとたんに、お城の時計とけいがピタリと止まりとまりました。

ネズミを追いかけおいかけていたネコは屋根やねの上で眠っねむってしまい、料理番は料理のとちゅうで眠りねむりました。

いえ、それだけではありません。

なんと空を飛んとんでいるトリも空に浮いういたままで眠りねむり、料理をあたためていた火も眠っねむってしまったのです。

なにもかもが眠っねむったお城の回りまわりで、イバラだけがのびていきました。

そして長い年月としつきがすぎたある日、立派りっぱ王子おーじさまがイバラのそばへやって来やってきました。

「ここがイバラの城か。ここには美しい姫が眠っねむっているという話だが」

王子おーじさまがイバラを切り分けきりわけて中に入ろうとすると、トゲだらけのイバラがスルスルと動いうごいて、王子おーじさまに襲いおそいかかりました。

王子おーじさまは襲いかかるおそいかかるイバラを切り落としきりおとしますが、いくら切り落としきりおとしてもきりがありません。

とうとうイバラに囲まかこまれた王子おーじさまは、死を覚悟しました。

ところがそのとき、イバラはみるみるちぢんでいって、 お城へ続くつずく道が現れあらわれたのです。

ちょうど今日きょーが、百年目だったのです。

王子おーじさまはお城へ行くいくと、お姫さまおひめさま眠っねむっている部屋へや入りはいりました。

「なんて、きれいな人だろう」

お姫さまおひめさま見つけみつけ王子おーじさまは、思わずキスをしました。

すると百年眠りねむり続けていたお姫さまおひめさまの目が、パッチリと開いひらいたのです。

いえ、お姫さまおひめさまだけでなく、お城中が眠りねむりから覚めさめました。

ネコはネズミを追いかけおいかけはじめ、料理番はナベを火にかけました。

空を飛んとんでいたトリも、また飛びとび続けました。

全てすべての事を知っしっ王さまおーさまは、城中じょーちゅーのみんなに言いいいました。

「みなの者、

魔女まじょ

(まじょ)ののろいはとけたぞ。さあ、結婚式けっこんしきの準備をするのだ。大急ぎおーいそぎでな」

そしてお姫さまおひめさま王子おーじさまは結婚して、幸せしあわせ暮らしくらしました。

おしまい


お姫さま
生まれる
王さま
魔法使い
やってくる
使う
進み出る
おくる
ささげる
きれい
持つ
城中
ひびく
のけ者
受ける
お前
つむぐ
道具
死ぬ
言う
消える
大変
人々
さわぐ
待つ
残る
眠る
立派
覚ます
結ぶ
たまる
集める
燃やす
今後
作る
禁ずる
つける
歩く
いくつ
階段
のぼる
見つける
入り口
部屋
古ぼける
入る
見る
おばあさん
回す
ごらん
知る
のばす
笑い声
上げる
化ける
まわる
魔法
始まる
つつむ
バッタリ
倒れる
全体
時計
止まる
ネズミ
追いかける
屋根
とちる
ゅうで
飛ぶ
浮く
あたためる
回り
イバラ
のびる
年月
すぎる
王子
やって来る
切り分ける
動く
襲う
襲いかかる
切り落とす
囲む
ちぢむ
続く
現れる
今日
行く
開く
眠り
覚める
かける
全て
みんな
魔女
とける
結婚式
大急ぎ
幸せ
暮らす

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.