muksi - story thumb

--:-- / --:--
助けたツルの恩返し

助けたツルの恩返し

日本の民話

むかしむかし、岡山おかやま瀬戸内海せとないかいにうかぶ大きな島へ、三羽の親子おやこヅルがわたってきました。

親子おやこヅルが島へ入ろうとしたとき、子ヅルがバランスをくずして海に落ちおちてしまいました。

親ヅルたちは海に落ちおちた我が子を救おすくおうとしましたが、助けるたすける手立てがありません。

親ヅルたちがうろうろしていると、これに気づいきずいた島の漁師りょーしが舟を出しだして子ヅルを助けたすけました。

漁師りょーしは子ヅルを空へ戻そもどそうとしましたが、子ヅルは羽をバタバタさせるばかりで飛ぶとぶことができません。

「どうした? 。ケガでもしたのか?」

困っこまっ漁師りょーしは子ヅルを連れつれて、庄屋しょーやさんのところへ行きいきました。

庄屋しょーやさんが子ヅルをてみると、子ヅルはタカにでもおそわれたのか体と脚にケガをしていました。

「このケガで、海に落ちおちたんじゃな。だが大丈夫だいじょーぶ

庄屋しょーやさんは薬を調合して、痛めいためている脚に添え木そえぎをしてやりました。

そのおかげで子ヅルのケガはすぐに良くなり、数日後には親鳥おやどりたちが待つまつ島へと帰っかえっていきました。

さて、それから三年ほどたった年のお正月おしょーがつ

庄屋しょーやさんが早起きをすると、二羽のツルが庄屋しょーやさんの家の上を舞いまい続けていました。

二羽のツルは明るくなると山へ帰っかえって行きましたが、夕方ゆーがたになるとまたやって来やってきて、何度も何度も家の上を舞っまってから去っさって行きました。

それを見送っみおくっ庄屋しょーやさんが家に入ろうとすると、家の前に黄色い小さな棒きれの様な物が二本落ちおちています。

「・・・これは!」

庄屋しょーやさんの顔色かおいろが、さっと変りかわりました。

棒きれかと思っおもった物は、万病まんびょー効くきくという高価こーか朝鮮ちょーせん人参にんじんだったのです。

朝鮮ちょーせん人参にんじんなど、この島にあるわけがない。・・・もしかするとさっきのツルが」

庄屋しょーやさんの思っおもっ通りとーり庄屋しょーやさんに助けたすけられたツルが朝鮮ちょーせんから海をこえて、庄屋しょーやさんに朝鮮ちょーせん人参にんじん持っもってきたのです。

庄屋しょーやさんは二本の朝鮮ちょーせん人参にんじん見つめみつめながら、助けたすけたツルの恩返しに感謝をしました。

おしまい


岡山
瀬戸内海
うかぶ
親子
わたる
バランス
くずす
落ちる
救う
助ける
気づく
漁師
出す
戻す
飛ぶ
できる
困る
連れる
庄屋
行く
見る
おそう
大丈夫
痛める
添え木
おかげ
親鳥
待つ
帰る
お正月
舞う
夕方
やって来る
去る
見送る
きれる
顔色
変る
思う
万病
効く
高価
朝鮮
人参
通り
こえる
持つ
見つめる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.