muksi - story thumb

--:-- / --:--
カッパのきず薬

カッパのきず薬

日本の昔話

むかし、武田たけだ信玄しんげん(たけだしんげん)の家来けらいに、主水頭守清(もんどのかみもりきよ)という医者いしゃがいました。

ある日の事、守清(もりきよ)が馬に乗っのって川を渡っわたっていると、馬が急に立ち止まりたちどまりました。

「はて?」

守清が下を見るみると、何と川の中から黄緑色りょくしょくの長い腕が伸びのびていて、馬の足うまのあしをしっかりと握っにぎっているではありませんか。

「その手を離せはなせ!」

守清がどなりましたが、黄緑色りょくしょくの手は馬の足うまのあし離そはなそうとはしません。

そこで守清は腰の刀を抜いぬいて、その腕を切り落としきりおとしました。

こうして動けるうごけるようになった馬は、川を渡っわたっ向こう岸むこーぎし着きつきました。

「しかしあの腕は、何だったのだ?」

守清が馬からおりてみると、馬の足うまのあしには黄緑色りょくしょくの腕がくっついたままです。

よく見るみるとそれは、

カッパ

の腕のようです。

守清は、とても喜んよろこんで、

「これは、珍しい物を手に入れいれたぞ」

と、その腕を馬の足うまのあしからはずして、家へ持ち帰りもちかえりました。

さて、その晩の事。

守清がていると、誰かだれかがこっそりと部屋へや忍び込んしのびこんできました。

何者なにものだ。名を名乗れなのれ!」

起き上がっおきあがった守清が枕元まくらもとの刀をつかむと、それはあわてて言いいいました。

「お待ち下さい。わたしは昼間ひるまのカッパです」

「何、カッパだと?」

守清が明かりあかりをつけると、一方いっぽーの腕をなくしたカッパが座っすわっています。

「カッパが、何用だ!」

「はい、実は、わたしの腕を返しかえしてもらいにました。

もう二度と馬の足うまのあし引っぱっひっぱったりはしませんから、どうか腕をお返しください」

「とんでもない。どうせならその残っのこった腕も、切り落としきりおとしてやろうか?」

「そればかりは、ごかんべんを!

もし腕を返しかえしてくださるのなら、日本一にっぽんいちのきず薬の作り方つくりかたをお教えおしえしましょう」

「ほう。日本一にっぽんいちのきず薬とな」

「はい。これがわたしの作っつくった、日本一にっぽんいちのきず薬です」

そう言っいってカッパは、貝がらかいがら入っはいった薬を見せみせました。

その薬はカッパと同じ黄緑色りょくしょくで、とてもネバネバしています。

「ならばこの場で、切れきれた腕をくっつけて見せろみせろ出来るできるか?」

「はい、おやすいことです」

守清が切り落としきりおとしたカッパの腕を渡すわたすと、カッパはその切り口きりくち貝がらかいがらの薬をたっぷりとつけて、元のように自分じぶんの体にくっつけました。

「これ、この通りとーりです」

カッパは腕をグルグルと回すまわすと、腕をつないだ部分ぶぶんをを守清に見せみせました。

もはや腕には、毛ほどのきずもありません。

「なるほど、確かたしかによく効くきく薬じゃ。では、その日本一にっぽんいちの薬の作り方つくりかた教えおしえてもらおうか」

「はい」

カッパは薬の作り方つくりかたを、細かく話しはなしました。

守清はそれを、しっかりと頭に叩き込みたたきこみます。

日本一にっぽんいちのきず薬の作り方つくりかた覚えおぼえた守清は、すっかりうれしくなって、

「ところでカッパ。一緒に酒でも飲まのまんか?」

と、酒を取りとり行こいこうとしたとたん、ハッと目が覚めさめました。

「何だ、今のは夢だったのか?」

床の間とこのまてみると、そこへ置いおいておいたはずのカッパの腕がありません。

「そんな馬鹿ばかな」

守清は飛び起きるとびおきると、縁側えんがわ(えんがわ)へとました。

するとそこには、もみじの形をしたカッパの足跡あしあと点々てんてんとついています。

「あれは、夢ではなかったのか?」

次の日、守清はカッパに教わっおそわったきず薬を作っつくって、信玄しんげんの館へ行きいきました。

そしてけがをしている侍たちに、この薬をつけました。

するとけがの痛みいたみがうそのように取れとれて、きず口もたちまちふさがったのです。

「なるほど、確かたしか日本一にっぽんいちの薬だ」

その後そのご、守清は信玄しんげん家来けらいをやめて薬屋くすりやになり、この薬に『カッパのきず薬』という名前なまえをつけて売り出しうりだしたのです。

すると『カッパのきず薬』はたちまち評判ひょーばんとなり、けがをした人が全国ぜんこくから買いかい来るくるようになりました。

おかけで店はどんどん大きくなって、守清が亡くなっなくなった後も書き残さかきのこされた薬の作り方つくりかたによって、店は何代にもわたって繁盛したそうです。

おしまい


武田
信玄
家来
医者
乗る
渡る
立ち止まる
見る
緑色
伸びる
馬の足
握る
離す
どなる
抜く
切り落とす
動ける
向こう岸
着く
おりる
くっつく
カッパ
喜ぶ
入れる
はずす
持ち帰る
寝る
誰か
部屋
忍び込む
何者
名乗る
起き上がる
枕元
つかむ
あわてる
言う
昼間
明かり
つける
一方
なくす
座る
返す
来る
引っぱる
とんでも
残る
日本一
作り方
教え
作る
貝がら
入る
見せる
切れる
くっつける
出来る
渡す
切り口
自分
通り
回す
つなぐ
部分
確か
効く
教える
話す
叩き込む
覚える
飲む
取る
行く
覚める
床の間
置く
馬鹿
飛び起きる
縁側
出る
もみじ
足跡
点々
教わる
痛み
取れる
ふさがる
その後
やめる
薬屋
名前
売り出す
評判
全国
買う
亡くなる
書き残す
わたる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.