muksi - story thumb

--:-- / --:--
佐賀の化け猫

佐賀の化け猫

百物語

むかしむかし、世の中よのなか豊臣とよとみ(とよとみ)から徳川とくがわ(とくがわ)に移るうつると、佐賀さが殿さまとのさまも、竜造寺りゅーぞーじ築前守(りゅうぞうじちくぜんのかみ)から鍋島なべしま直茂(なべしまなおしげ)に代わりかわり、裏舞台ぶたいでは両家りょーけの激しい権力けんりょく争いあらそい火花ひばな散らしちらしていました。

三代目、鍋島なべしま家茂いえもち(なべしまいえしげ)が城主じょーしゅの頃、ご城下じょーか竜造寺りゅーぞーじ家(りゅうぞうじけ)の跡継ぎあとつぎである又一郎またいちろー(またいちろう)という目の見えみえない若侍が、母親ははおやのおまさとひっそり暮らしくらしていると、お城から殿さまとのさまの碁(ご)の相手あいて来るくるようにとのお達しおたっしがありました。

目が見えみえないながらも碁の達人たつじんであった又一郎またいちろーは、長年ながねん恨みうらみをせめて碁ではらそうと心に決めきめて、城へ出かけでかけていきました。

ところが又一郎またいちろーは、そのまま行方ゆくえ不明ふめいになってしまいました。

心配のあまり夜も眠れねむれないおまさは、家族かぞく同様どーよーに可愛がっていたコマという名の黒猫に、又一郎またいちろー探しさがしてくれるように頼みたのみました。

「ニャー」

コマは身をひるがえして、城へと走り出しはしりだしました。

それから何日かが過ぎすぎた雨の降りしきるふりしきる夜ふけよふけに、ずぶぬれになったコマが又一郎またいちろー生首なまくびをくわえて帰っかえってきたのです。

「・・・・・・!」

そのくやしそうな我が子の顔を見るみるなり、母は碁の相手あいてというのは表向きおもてむき理由りゆーで、本当は又一郎またいちろーを亡き者にするのが目的もくてきだった事を知っしったのです。

泣いない泣いないて、泣きつかなきつかれたおまさは、思いつめおもいつめた声でコマを呼ぶよぶと、いきなり自分じぶんののどもとに小刀こがたな突き立てつきたて

「コマよ、このしたたる血を吸っすって、母の恨みうらみをはらしておくれ」

そう言い残しいーのこして、死んしんでしまいました。

さて、桜の花が美しく咲きそろっさきそろった春、お城の中庭なかにわでは花見が開かひらかれていました。

殿さまとのさまは大のお気に入りおきにいりのおとよをそばにしたがえて、ご機嫌きげん様子よーすです。

その時、突然に冷たい風が吹きふきすぎたと思うおもうと、城中じょーちゅーの灯がいっせいに消えきえて、女たちの悲鳴ひめいがおこりました。

家来けらいの一人が急いいそいでかけつけると、腰元こしもと(こしもと)の一人がのどを引き裂かひきさかれて、血まみれちまみれになって死んしんでいたのです。

この日から、怪我人や死人しにん毎日まいにちの様に出るでるようになりました。

そしてついに殿さまとのさままでが原因げんいん不明ふめいの病いに倒れるたおれると、城中じょーちゅーでいろんなうわさが飛び交うとびかう様になりました。

殿さまとのさま又一郎またいちろーの碁の話は、家老かろー(かろう)の小森こもり左衛門さえもん(こもりはんざえもん)が仕組んしくんだもの。

碁に負けまけ腹いせはらいせ殿さまとのさま又一郎またいちろー切りきり殺すころすと、小森こもり左衛門さえもん腹心ふくしん命じめいじて、その死体したい人気にんきのない森に埋めうめた。

そしてその仕返しに、竜造寺りゅーぞーじ家の黒猫が城に忍び込んしのびこんでいる。

と、言ういうのです。

このうわさを耳にして一番いちばん恐れおそれたのは、もちろん家老かろー小森こもり左衛門さえもんです。

そこですぐさま、小森こもり左衛門さえもんは槍の名人めいじん坂本さかもと兵衛ひょーえ門(さかもとひょうえもん)を殿の見張りみはり役に命じめいじて、自分じぶんはどこかへ姿をくらましてしまいました。

兵衛ひょーえ門(ひょうえもん)は、この役目やくめについて間もなく、奇妙きみょーな事に気付ききずきました。

いつも夜中やちゅーになると決まって眠気ねむけをもよおし、翌朝よくあさになると殿の病状びょーじょーが悪化しているのです。

そこで次の夜、兵衛ひょーえ門が眠気ねむけ覚ましさまし薬草やくそーを口に含んふくん眠っねむったふりをしていると、どこからか現われあらわれたおとよが殿の居間いま入っはいって行きました。

そしてそのすぐ後、殿の苦しむくるしむ声が聞こえきこえてきました。

「何と、おとよの方こそが、曲者くせもの(くせもの)であったか」

兵衛ひょーえ門は、おとよが居間いまからてきたところを、

ブスリ!

と、槍で胸を突き刺しつきさしました。

「フギャーーー!」

おとよは猫の様な悲鳴ひめい上げるあげると、ものすごい形相けいそー兵衛ひょーえ門をにらみつけて、胸に槍を突き刺しつきさしたままどこかへ消えきえてしまいました。

この騒動に驚いおどろい集まっあつまってきた家来けらいたちが、ふと庭の池を見るみると、家老かろー小森こもり左衛門さえもんの裸の死体したい浮かんうかんでいたのです。

そしてその頃そのころ城下じょーかにある竜造寺りゅーぞーじ家の墓の前でも、兵衛ひょーえ門の長い槍が突き刺さっつきささった黒猫が死んしんでいたという事です。

おしまい


世の中
豊臣
徳川
移る
佐賀
殿さま
竜造寺
鍋島
代わる
舞台
両家
権力
争い
火花
散らす
家茂
城主
城下
ゅうぞうじけ
跡継ぎ
又一郎
いちろう
見える
母親
暮らす
相手
来る
お達し
達人
長年
恨み
はらす
決める
出かける
行方
不明
眠れる
家族
同様
探す
頼む
ニャー
ひるがえす
走り出す
過ぎる
降りしきる
夜ふけ
ぬれる
生首
くわえる
帰る
見る
表向き
理由
目的
知る
泣く
泣きつく
思いつめる
呼ぶ
自分
小刀
突き立てる
吸う
おくる
言い残す
死ぬ
咲きそろう
中庭
開く
お気に入り
したがえる
機嫌
様子
吹く
思う
城中
消える
悲鳴
おこる
家来
急ぐ
かけつける
腰元
引き裂く
血まみれ
死人
毎日
出る
原因
倒れる
飛び交う
家老
小森
左衛門
こもる
ざえもん
仕組む
負ける
腹いせ
切る
殺す
腹心
命じる
死体
人気
埋める
忍び込む
言う
一番
恐れる
名人
坂本
兵衛
ひょう
見張り
くらます
役目
奇妙
気付く
夜中
眠気
もよおす
翌朝
病状
覚ます
薬草
含む
眠る
現われる
居間
入る
苦しむ
聞こえる
曲者
ブスリ
突き刺す
フギャーーー
上げる
形相
にらみつける
驚く
集まる
浮かぶ
その頃
突き刺さる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.