muksi - story thumb

--:-- / --:--
金のカラス

金のカラス

世界の昔話

むかしむかし、ある村に、夫に死なしなれた貧乏びんぼーな女の人がいました。

女の人には、きれいでやさしい一人娘ひとりむすめがいます。

ある日の事、女の人が娘に言いいいました。

「お米の入っはいった箱を日なたひなた干しほしているから、取らとられないように見張りみはり番をしておくれ」

「はい。わかりました」

娘が米の箱の側に座っすわって番をしていると、どこからか金色きんいろのカラスが飛んとんできました。

「あっ、だめよ。あっちに行っいって!」

娘はカラスを追い払おおいはらおうとしますが、カラスは平気へいきで箱に入っはいった米を全部ぜんぶ食べたべてしまったのです。

「ああ、どうしましょう」

娘が泣きなき出すと、金色きんいろのカラスが言いいいました。

「娘さん、心配しないで。代わりかわりの物をあげるから。夕方ゆーがた、村はずれの大きな木のところへおいで」

夕方ゆーがた、娘が大きな木の下このした行くいくと、木のてっぺんにある小さな金色きんいろの家から、金色きんいろのカラスが顔を出しだし言いいいました。

「いま、はしごを下ろしおろしてあげるけど、金と銀とブリキのうち、どのはしごがいい?」

「わたしは、ブリキのはしごでいいわ」

娘が答えるこたえると、カラスは金のはしごを下ろしおろしてくれました。

娘がはしごを登っのぼって小さな金色きんいろの家に行っいってみると、カラスは夕ご飯ごはんの支度をしながら言いいいました。

「お皿は、金のお皿か、銀のお皿か、ブリキのお皿か、どれがいい?」

「ブリキのお皿でいいわ」

娘が答えるこたえると、カラスは金のお皿に、おいしいごちそうを山の様に出しだしてくれました。

娘が食べたべ終わるおわると、カラスは三つみっつの箱を持っもって来て言いいいました。

「お土産みやげをあげよう。大きい箱と、中くらいの箱と、小さい箱、どの箱がいい?」

「小さい箱でいいわ」

娘は小さな箱をもらうと、カラスにお礼を言っいって家に帰りかえりました。

そして娘がお母さんおかーさんと一緒に小さな箱を開けあけてみると、中から光り輝くひかりかがやくルビーがたくさんてきました。

おかげでお母さんおかーさんと娘は、お金持ちかねもちになって幸せしあわせになりました。

さて、この二人の近所きんじょに、とても欲張りよくばり母親ははおやと娘が住んすんでいました。

欲張りよくばりな二人は金色きんいろのカラスの話を聞くきくと、自分じぶんたちも同じようにルビーがもらいたくてたまりません。

そこで欲張りよくばりな二人は、さっそく日なたひなたに米の箱を出しだしました。

すると金色きんいろのカラスがやって来やってきて、箱の米を食べたべ始めました。

それを見つけみつけ欲張りよくばり娘が、大声おーごえ叫びさけびました。

「こら! よくもお米を食べたべたね。代わりかわり宝物ほーもつ寄こさよこさないと、ひどい目に会わあわせるよ!」

こうして金色きんいろのカラスに無理矢理むりやり約束させた娘が、夕方ゆーがた木の下このした行っいってみると、

「はしごを下ろすおろすけれど、金と銀とブリキのうち、どのはしごがいい?」

と、金色きんいろのカラスが聞きききました。

すると欲張りよくばりな娘が、

「もちろん、金のはしごだよ」

と、答えるこたえると、カラスはわざとブリキのはしごを下ろしおろしました。

次にカラスは娘に、金と銀とブリキのうち、どのお皿がいいかと尋ねたずねました。

「もちろん、金の皿だよ」

娘が言ういうと、カラスはわざと、ブリキのお皿で少しのごちそうを食べたべさせました。

娘が怒っおこって、カラスに怒鳴りどなりました。

お前おまえは、なんてけちなカラスだろう。もういいわ、早くお土産みやげ持っもってきなさい!」

するとカラスは、大きい箱と、中くらいの箱と、小さな箱を持っもってきました。

「大きい箱と、・・・」

カラスが説明しようとすると、娘は大きい箱をつかんで、

「大きい箱に、決まっきまっているでしょう!」

と、カラスに礼も言わいわずに、大きい箱を持っもって家に帰りかえりました。

欲張りよくばりな娘が家に帰るかえると、すぐに欲張りよくばり母親ははおや飛んとんできて言いいいました。

「よくやったね。しかも隣の家よりも、大きい箱じゃないの」

「当然でしょう。さあ、二人で箱を開けあけましょう」

欲張りよくばりな娘と母親ははおやが、わくわくしながら大きな箱のふたを開けあけてみると。

「ぎゃあーーーー!」

二人は叫んさけんで、ブルブルと震え上がりふるえあがりました。

何と大きな箱の中からは、毒ヘビや毒クモや毒トカゲなどが、次から次へとはい出はいでてきたのです。

おしまい


死ぬ
貧乏
きれい
一人娘
言う
入る
日なた
干す
取る
見張り
おくる
わかる
座る
金色
カラス
飛ぶ
あっち
行く
追い払う
平気
全部
食べる
泣く
代わり
あげる
夕方
はずれ
おいで
木の下
てっぺん
出す
はしご
下ろす
ブリキ
答える
登る
ご飯
終わる
三つ
持つ
土産
もらう
帰る
お母さん
開ける
光り輝く
ルビー
たくさん
出る
おかげ
金持ち
幸せ
近所
欲張り
母親
住む
聞く
自分
たまる
やって来る
見つける
大声
叫ぶ
宝物
寄こす
会う
無理矢理
尋ねる
怒る
怒鳴る
お前
つかむ
決まる
ーーーー
震え上がる
トカゲ
はい出る

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.