muksi - story thumb

--:-- / --:--
日本一の親孝行

日本一の親孝行

江戸小話

両国りょーこく(りょうごく→東京とーきょー)に、ちょっと変わっかわっ見世物みせもの小屋こや(みせものごや)がありました。

「さあさあ、日本一にっぽんいちの親孝行は、こちらだよ。

お代おだいは、てからでけっこう。

入っはいって、入っはいって。

日本一にっぽんいちの親孝行だよ」

いせいの良い口上こーじょー(こうじょう→見世物みせもの内容ないよー紹介)につられて、多くおーくの人が中に入りはいりますと、正面しょーめんに七十ぐらいのおばあさんと、四十ばかりの男がすわっております。

おばあさんが、

「これ、孝助(こうすけ)や。腰を、叩いたたいておくれ」

と、言えいえば、そばの男が、

「はい、かしこまりました」

と、おばあさんの腰を叩きはたきます。

「これ、孝助(こうすけ)や。肩を、もんでおくれ」

と、言えいえば、

「はい、かしこまりました」

と、肩をもみます。

「これ、孝助(こうすけ)や。今夜こんやのおかずには、竹の子たけのこをほってきて食ベさせておくれ」

と、言えいえば、

「はい、かしこまりました」

と、神妙しんみょー(しんみょう→すなお)に答えこたえます。

そのあげく、おばあさんが、

「これ、孝助(こうすけ)や。しょうべんに、行きいきとうなった」

と、言えいえば、

「はい、かしこまりました」

と、息子むすこ背中せなかをさし差し出しさしだしておばあさんを背負うせおうと、息子むすこ舞台ぶたい(ぶたい)をぐるりと一回りして楽屋がくや(がくや→関係者の部屋へや)へひっこんでしまいました。

見物人けんぶつにんがあっけにとられていると、見世物みせもの師が言いいいました。

「はい、おしまーい、おしまーい。前の方から順々じゅんじゅんにお帰りかえりーっ」

むかしはこんな見せ物みせもの小屋こやが、本当にあったそうです。

♪ちゃんちゃん

(おしまい)


両国
りょう
東京
変わる
見世物
小屋
日本一
こちら
お代
見る
入る
口上
こうじる
内容
つられる
多く
正面
おばあさん
すわる
すける
叩く
おくる
言う
かしこまる
今夜
おかず
竹の子
神妙
みょう
答える
あげく
行く
息子
背中
差し出す
背負う
舞台
楽屋
部屋
ひっこむ
見物人
あっけ
順々
帰り
見せ物

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.