muksi - story thumb

--:-- / --:--
しっぺ太郎

しっぺ太郎

百物語

むかしむかし、一人の旅のお坊さんぼーさんが、ある村を通りかかるとーりかかると、田植え時だというのに、田で働いはたらいている者が一人もいないのです。

不思議ふしぎ思っおもっていると、その村の

庄屋しょーや

(しょうや)さんの家の前に大勢たいせい村人むらびとたちが集まっあつまって、心配そうに何やらひそひそと話し合っはなしあっていました。

「はて、なんじゃろ?」

坊さんぼーさん庄屋しょーやさんの家に近づいちかずいてみると、家の中から若い娘の泣き声なきごえ聞こえきこえてきます。

坊さんぼーさんは、近くちかくにいた年寄りとしよりにたずねてみました。

「何やら大変たいへんな事になっておるようじゃが、何事なにごとかな?」

「これはこれは、旅の坊さま。

実は庄屋しょーやさまの家に、白羽しらは(しらは)の矢が立ったったのです」

「矢が?」

よく話を聞いきいてみると、この村では毎年まいとし田植え時になると、十五才になる娘がいる家へ白羽しらはの矢が立つたつそうです。

そして白羽しらはの矢が立ったった家の娘は秋祭りあきまつりの晩に氏神うじがみ(うじがみ→土地とち住むすむ神さまかみさま)さまへ人身じんしんごくう(ひとみごくう→人間にんげんをいけにえにすること)として差し出すさしだす事になっているのです。

なぜなら、差し出ささしださないと次の年は大風おーかぜ吹いふいて、村中むらなか作物さくもつがみんな吹き飛ばさふきとばされてしまうからです。

それを聞いきいたお坊さんぼーさんは、顔を真っ赤まっかにして怒りおこりました。

「そんな馬鹿ばかな話があるか!

氏神うじがみさまと言えいえば、村の難儀をすくうものと決まっきまっておる。

これは氏神うじがみさまの名をかたる、悪い化け物ばけもの仕業しわざ違いちがいない」

そしてお坊さんぼーさん氏神うじがみさまをまつってある山へ一人で登っのぼって行くと、

鳥居とりい

のかげにそっと身を隠しかくして夜のふけるのを待ちまちました。

やがて真夜中まよなかになると、どこからか生臭い風が吹いふいてきて、黒い物がお堂の前どーのまえ浮かび上がりうかびあがりました。

「あれは、一体いったい?」

坊さんぼーさんが目をこらしながらていると、その黒い物は薄気味悪い声で歌いうたいながら踊りおどりだしました。

♪でんずくばんずく、すってんてん。

♪この事ばかりは、知らせんしらせんな。

丹波たんばの国へ、知らせんしらせんな。

♪しっぺえ太郎たろーさ、知らせんしらせんな。

やがて夜が明けるあけると、黒い物はどこかへ消えきえてしまいました。

消えきえたか。

あの化け物ばけものは、『しっぺえ太郎たろーさ、知らせんしらせんな』と言っいっていたな。

すると化け物ばけもの弱点じゃくてんは、『しっぺ太郎たろー』か。

これは丹波たんば(たんば→京都きょーと兵庫ひょーごのさかい)の国へ行っいって、しっぺえ太郎たろーとやらを探ささがさねば」

坊さんぼーさんは村へ戻るもどると、庄屋しょーやさんに言いいいました。

氏神うじがみさまの名をかたる化け物ばけもの弱点じゃくてんは、丹波たんばの国のしっぺ太郎たろーであるらしい。

わしが丹波たんばの国へ行っいって、秋祭りあきまつりまでにはしっぺえ太郎たろーとやらを連れつれて来るから、どうか気を落とさおとさずに待っまっていなさい」

坊さんぼーさん丹波たんばの国へ行くいくと、出会うであう人、出会うであう人に、しっぺ太郎たろーの事をたずねました。

「すまんが、しっぺえ太郎たろーというお人を知らしらんかな?」

しかし何百人、何千人に聞いきいても、しっぺ太郎たろー知っしっている人はいませんでした。

そうこうしているうちに、とうとう秋祭りあきまつり前日ぜんじつになりました。

「これだけ探しさがしても、見つからみつからんとは。それにもし見つかっみつかっても、今から間に合うまにあうかどうか」

坊さんぼーさんが肩をがっくり落としおとしながら道ばたみちばた座り込んすわりこんでいると、向こうむこーから牛の様に大きな黒犬が、のっそりのっそりとやって来やってきました。

そしてそのすぐ後から、お寺おてら小坊主こぼーずやって来やってき言いいいました。

「しっぺえ太郎たろー。しっぺえ太郎たろー。早く戻っもどって来い!」

それを聞いきいたお坊さんぼーさんは、飛び上がっとびあがっ喜びよろこびました。

「そうか。しっぺえ太郎たろーとは、この黒犬だったのか」

小坊主こぼーずに黒犬の事を聞くきくと、お寺おてら飼っかっている犬だと言いいいます。

坊さんぼーさんは、さっそくお寺おてら駆け込んかけこんで、

和尚おしょー

(おしょう)さんに頼み込みたのみこみました。

「これこれこういうわけだから、どうかしっぺえ太郎たろー貸しかしてくだされ」

「ええとも、ええとも。確かたしかにしっぺえ太郎たろーなら、化け物ばけものの一匹や二匹退治してくれるだろう。さあ、時間じかんがないのなら、しっぺえ太郎たろー乗っのって行きなされ」

坊さんぼーさんがしっぺえ太郎たろー乗るのると、しっぺえ太郎たろーは風の様に走り出しはしりだしました。

一方、庄屋しょーやさんの家では、何のたよりもないお坊さんぼーさんの事はあきらめて、なくなく娘に白むくしろむく着物きもの着せきせて、白おびに白たびをはかせ、家の前には白木しらき(しらき)の長持ながもち(ながもち→衣服いふく調度ちょーどなどを入れいれて保管したり運搬したりする、長方形ちょーほーけいでふたのある大形おーがたの箱)を用意していました。

そこへお坊さんぼーさんが、牛の様に大きな黒犬に乗っのっ帰っかえって来たのです。

「遅くなって、すまなかった。この黒犬が、丹波たんばの国のしっぺえ太郎たろーじゃ」

坊さんぼーさんは娘が入るはいる予定の長持ながもちの中へしっぺえ太郎たろー入れるいれると、庄屋しょーやさんに言いいいました。

「さあ、化け物ばけもの退治に出かけるでかけるぞ」

大勢たいせい村人むらびとたちが、しっぺえ太郎たろー入っはいっ長持ながもちをかつぎあげて、鐘や太鼓たいこ打ちうち鳴らしならしながら山の氏神うじがみさまへ登っのぼって行きました。

そして氏神うじがみさまへ着くつくと、村人むらびとたちはお堂の前どーのまえ長持ながもち下ろしおろして、我先われさきにと逃げ帰りにげかえりました。

坊さんぼーさん鳥居とりいのかげに隠れかくれて、化け物ばけもの現れるあらわれるのを今か今かと待ちまちました。

しばらくして、生臭い風が吹いふいたと思うおもうと、あの黒い化け物ばけもの現れあらわれました。

♪でんずくばんずく、すってんてん。

♪この事ばかりは、知らせんしらせんな。

丹波たんばの国へ、知らせんしらせんな。

♪しっぺえ太郎たろーさ、知らせんしらせんな。

化け物ばけもの飛び跳ねるとびはねる様にして、長持ながもち回りまわり踊りおどります。

そして踊りおどり終わるおわると、長持ながもちのふたへ手をかけました。

「今だ、しっぺえ太郎たろー!」

坊さんぼーさんがそう言ういうと、長持ながもちのふたがバン!と、跳ね上がっはねあがって、中からしっぺえ太郎たろー飛び出しとびだしました。

しっぺえ太郎たろー化け物ばけもの一つひとつにからみ合って、転げころげ回りながらうなり声をあげて戦いたたかいます。

そのうなり声は一晩中続きつずき、村まで聞こえきこえてくるうなり声に村人むらびとたちは震え上がりふるえあがりました。

やがて東の空が明るくなってくると、あれだけの騒ぎさわぎがピタリとおさまりました。

庄屋しょーやさんと村人むらびとたちが、恐る恐る山の氏神うじがみさまへ登っのぼって行きました。

氏神うじがみさまの所へてみると、お堂の前どーのまえ年老いとしおいた大ザルが、のどを噛みかみ切らきられて死んしんでいました。

そのそばに傷だらけのしっぺえ太郎たろーが、息をあらげて横たわっよこたわっています。

坊さんぼーさんも気が抜けぬけた様に、鳥居とりいのかげに座り込んすわりこんでいました。

「ああ、ありがてえ、ありがてえ」

庄屋しょーやさんと村人むらびとたちは大喜びよろこびして、しっぺえ太郎たろーとお坊さんぼーさんを村へ連れつれ帰りかえりました。

そして、しっぺえ太郎たろーとお坊さんぼーさんを手厚くもてなすと、頭を下げさげてお願いしました。

「お坊さまとしっぺえ太郎たろーは、この村の恩人おんじんです。どうぞ、いつまでもこの村へ留まっとまってくだされ」

しかしお坊さんぼーさんとしっぺえ太郎たろー元気げんき取り戻すとりもどすと、丹波たんばの国のお寺おてらへと帰っかえっていったそうです。

おしまい


坊さん
通りかかる
働く
不思議
思う
庄屋
大勢
村人
集まる
話し合う
近づく
泣き声
聞こえる
近く
年寄り
たずねる
大変
何事
白羽
立つ
聞く
毎年
秋祭り
氏神
土地
住む
神さま
人身
ひとみ
人間
いける
にえる
差し出す
大風
吹く
村中
作物
みんな
吹き飛ばす
真っ赤
怒る
馬鹿
言う
すくう
決まる
かたる
化け物
仕業
違い
まつる
登る
鳥居
かげる
隠す
ふける
待つ
真夜中
堂の前
浮かび上がる
一体
こらす
見る
歌う
踊る
すってんてん
知らせる
丹波
しっぺ
太郎
明ける
消える
弱点
京都
兵庫
さかい
行く
探す
戻る
連れる
落とす
出会う
知る
前日
見つかる
間に合う
道ばた
座り込む
向こう
やって来る
お寺
小坊主
飛び上がる
喜ぶ
飼う
駆け込む
和尚
頼み込む
貸す
確か
時間
乗る
走り出す
たより
あきらめる
白むく
着物
着せる
おびる
はかせ
白木
長持
衣服
調度
入れる
長方形
大形
帰る
入る
出かける
かつぎあげる
太鼓
打つ
鳴らす
着く
下ろす
我先
逃げ帰る
隠れる
現れる
飛び跳ねる
回り
踊り
終わる
かける
跳ね上がる
飛び出す
一つ
からむ
転げる
うなる
あげる
戦う
続く
くるう
震え上がる
騒ぎ
おさまる
来る
年老いる
噛む
切る
死ぬ
横たわる
抜ける
喜び
もてなす
下げる
恩人
留まる
元気
取り戻す

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.