muksi - story thumb

--:-- / --:--
かま泥棒

かま泥棒

江戸小話

お店に、泥棒どろぼー入りはいりました。

店の主人しゅじんは、とてもくやしがって、

今度こんど入っはいったら、とっつかまえてやる!」

と、入り口いりくちの横に大きなカマを置いおいてその中にもぐり込みもぐりこみ泥棒どろぼー来るくるのを見張るみはる事にしました。

それから何日かたつと、この前の泥棒どろぼーが再びやって来やってきました。

けれど戸じまりがげんじゅうなので、忍び込むしのびこむことが出来できません。

「ちくしょう。何も取らとらずに帰っかえったのでは、泥棒どろぼー名折れなおれだ。せめて、この大ガマをもらっていこう」

泥棒どろぼーが大ガマをかついで逃げ出すにげだすと、やがてカマの中からいびきが聞こえきこえてきました。

主人しゅじん泥棒どろぼー待っまっているうちに、眠っねむってしまったのです。

そんな事とは知らしらない泥棒どろぼーは、

「何だ? この『グゥーグゥー、ゴォーゴォー』の不気味ぶきみな音は? もういい、捨てすてちまおう」

泥棒どろぼー道ばたみちばたに大ガマをおろすと、逃げにげていきました。

しばらくして目を覚ましさまし主人しゅじんがカマのフタを開けあけてみますと、まわりにはなにもなく、頭の上には星が光っひかっているではありませんか。

主人しゅじんは、びっくりして言いいいました。

「しまった! 今度こんどは、家ごとぬすまれた!」

♪ちゃんちゃん

(おしまい)


泥棒
入る
主人
今度
つかまえる
入り口
置く
もぐり込む
来る
見張る
やって来る
忍び込む
出来る
ちくしょう
取る
帰る
名折れ
もらう
かつぐ
逃げ出す
いびき
聞こえる
待つ
眠る
知る
グゥーグゥー
ゴォーゴォー
不気味
捨てる
道ばた
おろす
逃げる
覚ます
開ける
まわり
光る
言う
しまう
ぬすむ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.