muksi - story thumb

--:-- / --:--
かや泥棒の長八郎

かや泥棒の長八郎

日本の昔話

むかしむかし、長八郎はちろーという老人ろーじん隣村りんそんのかや山にこっそりと忍び込んしのびこんで、かやを盗もぬすもうとしたのです。

それを隣村りんそんの人たちに見つかっみつかった長八郎はちろーは、奉行所へと突き出さつきだされたのでした。

八郎はちろー裁きさばきを担当するのは、名奉行で有名ゆーめい大岡おーおか越前えちぜんです。

越前えちぜんが、長八郎はちろー尋ねたずねました。

「これ、長八郎はちろー。そなたは隣村りんそんのかや山に忍び込んしのびこんでかやを盗んぬすんだというが、それは本当ほんとーか?」

すると、立ち会いたちあい隣村りんそんの者たちが口々くちぐちに、

大岡おーおかさま、本当ほんとーです」

「どうか長八郎はちろーの首を、ちょん切っきって下さい」

と、言ういうのです。

「これ、静かしずかにせい! 今は長八郎はちろー聞いきいておるのじゃ」

越前えちぜんはたしなめると、土下座をしたままの長八郎はちろーにもう一度尋ねたずねました。

「して、長八朗はちろー。そなたがかやを盗んぬすんだのは、本当ほんとーなのだな?」

「はい。確かたしかにおらが、かやを盗みぬすみました」

「そうか。しかし、こう言っいってはなんだが、もうそなたはもう年だ。調べしらべたところによると、そなたは病を患っわずらっており、あと何年も生きいきられないと聞いきいておる。そんなお前おまえが、なぜ盗みぬすみなどをしたのじゃ?」

すると、隣村りんそんの者たちが、また口をはさみました。

「長八郎はちろーは、むかしから博打ばくち(ばくち)が好きすきでした。きっと今度こんども、博打ばくちをする金欲しさに違いちがいありません」

「そうです。はやく長八郎はちろーの首を、ちょん切っきって下さい」

越前えちぜんは、もう一度隣村りんそんの者たちを叱りつけしかりつけました。

黙れだまれ! 今は長八郎はちろー聞いきいておると言っいっているだろう! 口をはさむことは二度と許さゆるさん!」

「・・・・・・」

「・・・・・・」

隣村りんそんの者たちが黙るだまると、越前えちぜんは話を続けつずけました。

「長八郎はちろーよ、そなたがばくちをしていた事いたこと知っしっておる。そして、今ではすっかり足を洗っあらって、真面目まじめ働いはたらいている事もな。して、そなたがかやを盗んぬすんだのはなぜじゃ?」

「はい、それは、老い先おいさきが短いからでございます。実は、わたしには年頃としごろ孫娘まごむすめがいるのですが、貧乏びんぼーな為に、嫁入りよめいり道具どーぐを用意する事も出来できません。それで、悪い事とは知りしりながら、つい」

「そうか・・・」

越前えちぜんは、これをどう裁けさばけばよいか悩みなやみました。

八郎はちろーをかばってやりたい気持ちきもちはありますが、盗みぬすみ盗みぬすみです。

このまま無罪むざい見逃しみのがしては、他の者に示ししめしがつきません。

するとそこへ、心配して駆けつけかけつけていた孫娘まごむすめ飛び出しとびだしてきて、越前えちぜんに深々と土下座をして言いいいました。

「どうか、どうか、じいさまをお助けたすけ下さい」

「・・・しかしだな、盗みぬすみ盗みぬすみだ。かやとはいえ、無罪むざいにするわけには」

「かや山のかやは、いくら切っきっても春になれば、また新しい芽を出しだしてくれます。ですが人の首は、切らきられてしまえば、それでお終いです」

それを聞いきい越前えちぜんは、ホンとひざを叩きはたきました。

「うむ、なるほど、確かたしかにそなたの申すもーす通りとーりであるな。かやは切っきっても取り返しとりかえしがつくが、人の首は切っきってしまうと取り返しとりかえしがつかない。うむ。長八郎はちろーに罪はない事とする。ただし、盗んぬすんだ分のかやは、来年らいねんにはお前おまえがかや山で刈っかってきて、必ず返すかえすようにな」

「はい。ありがとうございます」

こうして長八郎はちろー許さゆるされて、翌年よくねんには盗んぬすんだかやを返しかえしたのです。

そして孫娘まごむすめ嫁いとついで行くのを、無事ぶじ見届けるみとどけることが出来できたのです。

「うむ。これにて、一件落着!」

おしまい


八郎
老人
隣村
忍び込む
盗む
見つかる
突き出す
裁き
有名
大岡
越前
尋ねる
本当
立ち会い
口々
ちょん
切る
言う
静か
聞く
たしなめる
八朗
確か
もうす
調べる
患う
生きる
お前
はさむ
博打
くちる
好き
今度
違い
叱りつける
黙る
許す
続ける
いた事
知る
洗う
真面目
働く
老い先
年頃
孫娘
貧乏
嫁入り
道具
出来る
裁く
悩む
かばう
気持ち
盗み
無罪
見逃す
示し
駆けつける
飛び出す
助ける
出す
叩く
申す
通り
取り返し
来年
刈る
返す
翌年
嫁ぐ
無事
見届ける

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.