muksi - story thumb

--:-- / --:--
ぶんぶく茶がま

ぶんぶく茶がま

日本の昔話

むかしむかし、あるところに、貧乏びんぼー古道具ふるどーぐ屋がいました。

ある日の事、古道具ふるどーぐ屋は一匹のタヌキが、ワナにかかっているのを見つけみつけました。

古道具ふるどーぐ屋はかわいそうに思っおもって、そのタヌキをワナから助けたすけてやりました。

次の日の朝、昨日きのーのタヌキが古道具ふるどーぐ屋の所へやって来やってき言いいいました。

昨日きのーは、本当にありがとうございました。

お礼に、良い事を教えおしえましょう。

隣村りんそん

和尚わじょー

(おしょう)さんが茶がまを欲しがっていますから、茶がまを持っもって行けば喜びよろこびますよ。

わたしが茶がまに化けばけますから、持っもって行って売っうって下さい」

そういうとタヌキはくるりと宙返りをして、素晴らしい金の茶がまに化けばけました。

さっそく古道具ふるどーぐ屋が、茶がまを持っもって行くと、

「うーん、これは見事みごと!」

と、和尚わじょーさんはタヌキの化けばけた茶がまを大変たいへん気に入っきにいっ様子よーすで、とても高い値で買い取っかいとってくれました。

さて、新しい茶がまを手に入れいれ和尚わじょーさんは、小坊主こぼーずに、

「この茶がまを、洗っあらってきなさい」

と、言いいいました。

「はい」

小坊主こぼーずはさっそく、裏の川へ行っいって茶がまをゴシゴシと洗いあらいました。

すると茶がまは、

「おい小坊主こぼーず。もっとやさしく洗っあらってくれ。尻が痛くてたまらん」

と、しゃべったのです。

「うひゃー、茶がまがしゃべった!!」

びっくりした小坊主こぼーずはあわてて和尚わじょーさんにこの事を話しはなしましたが、和尚わじょーさんは信じしんじてくれません。

「何を馬鹿ばかな。茶がまがしゃべるはずなかろう」

「でも、本当ほんとーなんです」

「まあ良い。それより次は、お湯おゆをわかしておくれ」

そこで小坊主こぼーず言わいわれるままに、タヌキの化けばけた茶がまに水を入れいれて火にかけました。

すると茶がまに化けばけたタヌキは、びっくりです。

「あちちちち! お尻に火がついた!」

タヌキは一目散いちもくさんに、山へ逃げにげていきました。

その夜、タヌキはまた、古道具ふるどーぐ屋の家にやって来やってき言いいいました。

「二人で、町へ行きいきましょう。私がつなわたりをしますから、人を集めあつめて下さいな」

次の日、古道具ふるどーぐ屋とタヌキは町へ出かけでかけて、芝居屋を貸し切りかしきりました。

「さあさあ、世にも珍しい、タヌキのつな渡りわたりだよ」

入り口いりくち古道具ふるどーぐ屋が大声おーごえ言ういうと、タヌキはつなの上を器用きよー渡りわたりながら腹づつみを打っうったり歌っうたったりします。

「これは、珍しい。何て、面白いんだろう」

タヌキのつな渡りわたりは大評判ひょーばんとなり、毎日まいにち押すおす押すおすなの大にぎわいです。

こうして古道具ふるどーぐ屋はタヌキのお陰おかげで、大金持ちおーがねもちになったという事です。

おしまい


貧乏
古道具
タヌキ
かかる
見つける
かわいそう
思う
助ける
昨日
やって来る
言う
教える
隣村
和尚
持つ
喜ぶ
化ける
売る
見事
大変
気に入る
様子
買い取る
入れる
小坊主
洗う
行く
たまる
しゃべる
あわてる
話す
信じる
馬鹿
本当
お湯
わかす
おくる
かける
一目散
逃げる
集める
出かける
貸し切る
渡り
入り口
大声
器用
渡る
づつみを
打つ
歌う
評判
毎日
押す
にぎわい
お陰
大金持ち

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.