muksi - story thumb

--:-- / --:--
七夕物語

七夕物語

世界の昔話

夜空よぞら輝くかがやく天の川あまのがわのそばに、天の神さまかみさま住んすんでいます。

天の神さまかみさまには一人の娘がいて、名前なまえを、織姫おりひめといいます。

織姫おりひめははたをおって、神さまかみさまたちの着物きものをつくる仕事をしていました。

さて、織姫おりひめ年頃としごろになったので、天の神さまかみさまは娘にお婿(むこ)さんを迎えむかえてやろうと思いおもいました。

そして色々探しさがし見つけみつけたのが、天の川あまのがわの岸で天のウシを飼っかっている、彦星ひこぼしという若者わかものです。

この彦星ひこぼしは、とてもよく働くはたらく立派りっぱ若者わかものです。

そして織姫おりひめも、とてもやさしくて美しい娘です。

二人は相手あいてを一目ただけで、好きすきになりました。

二人はすぐに結婚して、楽しい生活を送るおくるようになりました。

でも、仲が良すぎるのも困りこまりもので、二人は仕事を忘れわすれ遊んあそんでばかりいるようになったのです。

織姫おりひめさまがはたおりをしないので、みんなの着物きものが古くてボロボロです。はやく新しい着物きものをつくるように言っいってください」

彦星ひこぼしがウシの世話をしないので、ウシたちが病気になってしまいました」

天の神さまかみさまに、みんなが文句もんく言いいい来るくるようになりました。

天の神さまかみさまは、すっかり怒っおこってしまい、

「二人は天の川あまのがわの、東と西に別れわかれ暮らすくらすがよい!」

と、織姫おりひめ彦星ひこぼし別れ別れわかれわかれにしたのです。

「・・・ああ、彦星ひこぼし会いあいたい。・・・彦星ひこぼし会いあいたい」

毎日まいにち泣きなき続ける織姫おりひめて、天の神さまかみさま言いいいました。

「娘や、そんなに彦星ひこぼし会いあいたいのか?」

「はい。会いあいたいです」

「それなら、一年に一度だけ、七月しちがつ七日の夜だけは、彦星ひこぼし会っあってもよいぞ」

それから織姫おりひめは、一年に一度会えるあえる日だけを楽しみたのしみにして、毎日まいにち一生懸命いっしょーけんめいに機をおるのです。

天の川あまのがわ向こうむこー彦星ひこぼしも、その日を楽しみたのしみに天のウシを飼うかう仕事にせいを出しだしました。

そして待ちまち待っまっ七月しちがつ七日の夜、織姫おりひめ天の川あまのがわ渡っわたって、彦星ひこぼしのところへ会いあい行くいくのです。

しかし雨が降るふる天の川あまのがわ水かさみずかさ増えるふえるため、織姫おりひめは川を渡るわたる事が出来できません。

でも大丈夫だいじょーぶ、そんな時はどこからともなくカササギと言ういう鳥が飛んとんで来て、天の川あまのがわに橋をかけてくれるのです。

さあ、あなたも夜空よぞら見上げみあげて、二人の再会を祝福してあげてください。

おしまい

たなばたのおりがみをつくろう

おりがみくらぶより


夜空
輝く
天の川
神さま
住む
名前
織姫
着物
つくる
年頃
迎える
思う
探す
見つける
飼う
彦星
若者
働く
立派
相手
見る
好き
送る
困る
忘れる
遊ぶ
みんな
ボロボロ
言う
文句
来る
怒る
別れる
暮らす
別れ別れ
会う
毎日
泣く
七月
会える
楽しみ
一生懸命
向こう
出す
待ち
待つ
渡る
行く
降る
水かさ
増える
出来る
大丈夫
カササギ
飛ぶ
かける
あなた
見上げる
たなばた
つくろう
くらぶ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.