muksi - story thumb

--:-- / --:--
ものを言うネコ

ものを言うネコ

百物語

むかしむかし、山城やましろの国(やましろのくに→京都きょーと府の南部なんぶ)に清養院(せいよういん)と言ういうお寺おてらがありました。

ある夏の夜の事、お腹おなかをこわした

和尚おしょー

(おしょう)さんが便所べんじょ入っはいっていると、庭の木戸きど(きど→庭や通路つーろ入口いりぐちなどにもうけた、屋根やねのない開き戸ひらきどの門)から、

「これ、これこれ」

と、呼ぶよぶ者がいます。

(はて? 今頃いまごろ、誰が訪ねたずねて来たのか?)

不思議ふしぎ思っおもっ和尚おしょーさんが窓から外をてみると、部屋へやの中から和尚おしょーさんの飼っかっているネコがかけ出して来て、庭へと飛び降りとびおりました。

そしてネコは慌てあわて木戸きどのところへ行くいくと、カギをはずします。

すると、一匹の大きなネコが現れあらわれて、

「こんばんは」

と、人間にんげん言葉ことばでしゃべったのです。

(ネコが、しゃべるなんて!)

和尚おしょーさんがびっくりしていると、大ネコはお寺おてらのネコの案内で部屋へや入っはいって行きました。

和尚おしょーさんが便所べんじょの中でじっと耳をすましていると、大ネコが言いいいました。

今夜こんや、町で踊りおどりがあるから、一緒に行かいかないか?」

「うん、そいつは面白そうだ。・・・でも、うちの和尚おしょーさんの具合ぐあいが悪いので、今夜こんや行けいけないよ」

「うーん。そいつは残念ざんねんだな。では、すまないが手ぬぐいてぬぐいを一本貸しかしてくれないか」

「ごめん。その手ぬぐいてぬぐいも、和尚おしょーさんがひまなく使っつかっているので、持ち出すもちだすわけにはいかないよ」

「そうか。・・・それじゃ、今夜こんやはあきらめるとするか。おじゃましたな」

「ごめんね。せっかく誘っさそってくれたのに」

お寺おてらのネコは大ネコを庭の木戸きどまで送っおくって行くと、再び部屋へや戻っもどって行きました。

(わしの病気を心配して遊びあそびにも行かいかないとは、何てやさしいネコなんだ)

和尚おしょーさんはうれしくなって、便所べんじょ出るでるとすぐに部屋へや戻りもどりました。

ネコは和尚おしょーさんの布団ふとんの横で、じっとうずくまっています。

和尚おしょーさんは、ネコの頭をなでながら言いいいました。

「わしの事なら、もう大丈夫だいじょーぶ

気にしないで、お前おまえ踊りおどり行っいって来い。

この手ぬぐいてぬぐいを、あげるから」

和尚おしょーさんは、手ぬぐいてぬぐいをネコの頭に乗せのせてあげました。

するとネコは何も言わいわずに、外へ走っはしって行きました。

そして二度と、戻っもどってはませんでした。

ネコがいなくなって、和尚おしょーさんはがっかりです。

そして、この事を物知りものしり老人ろーじん話しはなしたら、

「それは、ネコがしゃべるのを和尚おしょーさんに聞かきかれてしまったからですよ。

ネコはしゃべるようになると、飼い主かいぬし噛み殺すかみころす言いいいますからね。

でもそのネコは、よっぽど和尚おしょーさんを大切たいせつ思っおもっていたので、だまってていったのですよ」

と、教えおしえてくれたそうです。

おしまい


山城
京都
南部
言う
お寺
お腹
こわす
和尚
便所
入る
木戸
通路
入口
もうける
屋根
開き戸
呼ぶ
今頃
訪ねる
不思議
思う
見る
部屋
飼う
かける
飛び降りる
慌てる
行く
はずす
現れる
人間
言葉
しゃべる
すます
今夜
踊り
そいつ
具合
行ける
残念
手ぬぐい
貸す
使う
持ち出す
あきらめる
誘う
送る
戻る
遊び
出る
布団
うずくまる
なでる
大丈夫
お前
あげる
乗せる
走る
来る
物知り
老人
話す
聞く
飼い主
噛み殺す
大切
だまる
教える

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.