muksi - story thumb

--:-- / --:--
浦島太郎

浦島太郎

日本の昔話

むかしむかし、ある村に、心のやさしい浦島うらしま太郎たろー(うらしまたろう)という若者わかものがいました。

浦島うらしま(うらしま)さんが海辺うみべ通りかかるとーりかかると、子どもこどもたちが大きなカメを捕まえつかまえていました。

そばによっててみると、子どもこどもたちがみんなでカメをいじめています。

「おやおや、かわいそうに、逃がしにがしておやりよ」

「いやだよ。おらたちが、やっと捕まえつかまえたんだもの。どうしようと、おらたちの勝手かってだろ」

見るみるとカメは涙をハラハラとこぼしながら、浦島うらしまさんを見つめみつめています。

浦島うらしまさんはお金おかね取り出すとりだすと、子どもこどもたちに差し出しさしだし言いいいました。

「それでは、このお金おかねをあげるから、おじさんにカメを売っうっておくれ」

「うん、それならいいよ」

こうして浦島うらしまさんは、子どもこどもたちからカメを受け取るうけとると、

大丈夫だいじょーぶかい? もう、捕まるつかまるんじゃないよ」

と、カメをそっと、海の中へ逃がしにがしてやりました。

さて、それから二、三日たったある日の事、浦島うらしまさんが海に出かけでかけて魚を釣っつっていると、

「・・・浦島うらしまさん、・・・浦島うらしまさん」

と、誰かだれか呼ぶよぶ声がします。

「おや? 誰が呼んよんでいるのだろう?」

「わたしですよ」

すると海の上に、ひょっこりとカメが頭を出しだし言いいいました。

「このあいだは助けたすけていただいて、ありがとうございました」

「ああ、あの時のカメさん」

「はい、おかげで命が助かりたすかりました。ところで浦島うらしまさんは、

竜宮りゅーぐー

(りゅうぐう)へ行っいった事がありますか?」

竜宮りゅーぐー? さあ? 竜宮りゅーぐーって、どこにあるんだい?」

「海の底です」

「えっ? 海の底へなんか、行けるいけるのかい?」

「はい。わたしがお連れつれしましょう。さあ、背中せなか乗っのってください」

カメは浦島うらしまさんを背中せなか乗せのせて、海の中をずんずんともぐっていきました。

海の中にはまっ青まっさおな光が差し込みさしこみ、コンブがユラユラとゆれ、赤やピンクのサンゴの林がどこまでも続いつずいています。

「わあ、きれいだな」

浦島うらしまさんがウットリしていると、やがて立派りっぱなご殿(てん)へ着きつきました。

着きつきましたよ。このご殿が竜宮りゅーぐーです。さあ、こちらへ」

カメに案内されるまま進んすすんでいくと、この竜宮りゅーぐー主人しゅじんの美しい

乙姫おとひめ

(おとひめ)さまが、色とりどりいろとりどりの魚たちと一緒に浦島うらしまさんを出迎えでむかえてくれました。

「ようこそ、浦島うらしまさん。わたしは、この竜宮りゅーぐー主人しゅじん乙姫おとひめです。このあいだはカメを助けたすけてくださって、ありがとうございます。お礼に、竜宮りゅーぐーをご案内します。どうぞ、ゆっくりしていってくださいね」

浦島うらしまさんは、竜宮りゅーぐー広間ひろまヘ案内されました。

浦島うらしまさんが用意された席に座るすわると、魚たちが次から次へと素晴らしいごちそうを運んはこんできます。

ふんわりと気持ちきもちのよい音楽おんがく流れながれて、タイやヒラメやクラゲたちの、それは見事みごと踊りおどり続きつずきます。

ここはまるで、天国てんごくのようです。

そして、

「もう一日、いてください。もう一日、いてください」

と、乙姫おとひめさまに言わいわれるまま竜宮りゅーぐー過ごすすごすうちに、三年の月日つきひがたってしまいました。

ある時、浦島うらしまさんは、はっと思い出しおもいだしました。

(家族かぞく友だちともだちは、どうしているだろう?)

そこで浦島うらしまさんは、乙姫おとひめさまに言いいいました。

乙姫おとひめさま、今までありがとうございます。ですが、もうそろそろ家へ帰らかえらせていただきます」

帰らかえられるのですか? よろしければ、このままここで暮しくらしては」

「いいえ、わたしの帰りかえり待つまつ者もおりますので」

すると乙姫おとひめさまは、さびしそうに言いいいました。

「・・・そうですか。それはおなごりおしいです。では、おみやげに玉手箱たまてばこ(たまてばこ)を差し上げさしあげましょう」

玉手箱たまてばこ?」

「はい。この中には、浦島うらしまさんが竜宮りゅーぐー過ごさすごされた『時』が入っはいっております。

これを開けあけずに持っもっている限り、浦島うらしまさんは年を取りとりません。

ずーっと、今の若い姿のままでいられます。

ですが一度開けあけてしまうと、今までの『時』が戻っもどってしまいますので、決して開けあけてはなりませんよ」

「はい、わかりました。ありがとうございます」

乙姫おとひめさまと別れわかれ浦島うらしまさんは、またカメに送らおくられて地上ちじょー帰りかえりました。

地上ちじょーにもどった浦島うらしまさんは、まわりを見回しみまわしてびっくり。

「おや? わずか三年で、ずいぶんと様子よーす変わっかわったな」

確かたしかにここは浦島うらしまさんが釣りつりをしていた場所ばしょですが、何だか様子よーす違いちがいます。

浦島うらしまさんの家はどこにも見あたりみあたりませんし、出会うであう人も知らしらない人ばかりです。

「わたしの家は、どうなったのだろう? みんなはどこかへ、引っ越しひっこしたのだろうか? ・・・あの、すみません。浦島うらしまの家を知りしりませんか?」

浦島うらしまさんが一人の老人ろーじん尋ねたずねてみると、老人ろーじんは少し首をかしげて言いいいました。

浦島うらしま? ・・・ああ、確か浦島うらしまという人なら七百年ほど前に海へたきりで、帰らかえらないそうですよ」

「えっ!?」

老人ろーじん話しはなし聞いきいて、浦島うらしまさんはびっくり。

竜宮りゅーぐーの三年は、この世このよの七百年にあたるのでしょうか?

家族かぞく友だちともだちも、みんな死んしんでしまったのか・・・」

がっくりと肩を落としおとし浦島うらしまさんは、ふと、持っもっていた玉手箱たまてばこ見つめみつめました。

「そう言えいえば、乙姫おとひめさまは言っいっていたな。

この玉手箱たまてばこ開けるあけると、『時』が戻っもどってしまうと。

・・・もしかしてこれを開けるあけると、自分じぶん暮らしくらしていた時に戻るもどるのでは」

そう思っおもっ浦島うらしまさんは、開けあけてはいけないと言わいわれていた玉手箱たまてばこ開けあけてしまいました。

モクモクモク・・・。

すると中から、まっ白まっしろのけむりがてきました。

「おおっ、これは」

けむりの中に、竜宮りゅーぐーや美しい乙姫おとひめさまの姿がうつりました。

そして楽しかった竜宮りゅーぐーでの三年が、次から次へとうつし出さだされます。

「ああ、わたしは、竜宮りゅーぐー戻っもどってきたんだ」

浦島うらしまさんは、喜びよろこびました。

でも玉手箱たまてばこからてきたけむりは次第に薄れうすれていき、その場に残っのこったのは髪の毛かみのけもひげもまっ白まっしろの、ヨポヨポのおじいさんになった浦島うらしまさんだったのです。

おしまい


浦島
太郎
若者
海辺
通りかかる
子ども
捕まえる
見る
みんな
いじめる
かわいそう
逃がす
勝手
こぼす
見つめる
お金
取り出す
差し出す
言う
あげる
おじさん
売る
おくる
受け取る
大丈夫
捕まる
出かける
釣る
誰か
呼ぶ
出す
あいだ
助ける
おかげ
助かる
竜宮
りゅう
行く
行ける
連れ
背中
乗る
乗せる
もぐる
まっ青
差し込む
コンブ
ゆれる
ピンク
サンゴ
続く
きれい
ウットリ
立派
着く
こちら
進む
主人
乙姫
ひめる
色とりどり
出迎える
広間
座る
運ぶ
気持ち
音楽
流れる
ヒラメ
クラゲ
見事
踊り
天国
過ごす
月日
思い出す
家族
友だち
帰る
暮す
帰り
待つ
おりる
おみやげ
玉手箱
差し上げる
入る
開ける
持つ
取る
戻る
わかる
別れる
送る
地上
もどる
まわり
見回す
様子
変わる
確か
釣り
場所
違う
見あたる
出会う
知る
引っ越す
老人
尋ねる
かしげる
出る
話す
聞く
この世
あたる
死ぬ
落とす
自分
暮らす
思う
まっ白
けむる
おおう
うつる
うつす
喜ぶ
薄れる
残る
髪の毛
ヨポヨポ
おじいさん

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.