muksi - story thumb

--:-- / --:--
王子と指輪

王子と指輪

世界の昔話

むかしむかし、ある国に、若い王子おーじがいました。

この王子おーじは、お母さんおかーさんと二人で貧しく暮らしくらしていました。

ある日、お母さんおかーさん王子おーじに一枚の金貨きんか渡しわたし言いいいました。

「これを使っつかって、楽な暮らしくらし出来るできるように考えかんがえてごらん」

お母さんおかーさん王子おーじに、知恵ちえ(ちえ)とお金おかねのある立派りっぱ王子おーじさまになってほしいと思っおもったのです。

次の日、王子おーじは町で頭に大きな袋をのせた男に会いあいました。

「もしもし、その袋には、どんな宝物ほーもつ入っはいっているんですか?」

「これはネコですよ。毛なみのよい上等じょーとーのネコです」

王子おーじはネコが大好きだいすきだったので、大切たいせつ金貨きんかをやってネコを一匹わけてもらいました。

「まあ、ネコ一匹で金貨きんかだまし取らだましとられるなんて、お前おまえは何というバカ者でしょう」

お母さんおかーさんは、ガッカリしました。

でも何日かたつと、また王子おーじ金貨きんか渡しわたし言いいいました。

今度こんどこそ、気をつけてお金おかね使うつかうのですよ」

ところが散歩にてヘビ使いに出会っであっ王子おーじは、今度こんどはヘビと金貨きんか取り替えとりかえてしまったのです。

お母さんおかーさんはあきれて、

「もうわたしには、とてもお前おまえのめんどうはきれません。自分じぶんの力で、暮らすくらすようにしなさい」

と、言ういうと、王子おーじをおいたまま、おばあさんの住んすんでいる遠い国へ行っいってしまいました。

王子おーじはネコとヘビを連れつれて、トボトボと旅にました。

こうして王子おーじは何年もの間、家から家へこじきをして歩きあるきながら、ネコとヘビを大切たいせつ育てそだてました。

こうしたある日の事、王子おーじは町でお母さんおかーさん出会いであいました。

お母さんおかーさんは、悲しんかなしん言いいいました。

「いつまで、こじきを続けつずけているつもりなの。そんな汚いヘビは、早く捨てすててしまいなさい」

王子おーじは、悲しそうに言いいいました。

「ヘビくん、ごめんよ。ぼくがだらしないから、仲良しなかよしのきみとも別れわかれなければならないんだ。本当に、ごめんよ」

すると、ヘビが言いいいました。

「ああ、心やさしい王子おーじさま。

あなたは良い方なのに、なぜ不幸ふこーな目にばかり会うあうのでしょう。

もし良かったら、わたしの国へ行きいきましょう。

わたしの父は、ヘビの国の王です。

父はわたしが世話になったお礼に、魔法まほー指輪ゆびわ(ゆびわ)をくれるでしょう。

でも指輪ゆびわは、ぜったいに手放してばなしてはいけませんよ」

こうしてヘビからもらった指輪ゆびわをはめた王子おーじはネコと一緒に旅を続けつずけ、深いジャングルにやってきました。

日はとっぷり暮れくれて、どこまで行っいっても薄気味悪いけもののうなり声がします。

疲れつかれたなあ。

このジャングルが、わたしの国だったらいいのに。

大きなご殿に明かりあかりともっていて、わたしを助けたすけてくれた人たちと暮らせくらせたらいいのになあ」

王子おーじが一人言をいったその時、たちまちジャングルは消えきえてなくなり、緑の木に包まつつまれた輝くかがやくようなご殿が目の前に浮かび上がりうかびあがりました。

ご殿の窓からは王子おーじお母さんおかーさん知り合いしりあいの人たちの、うれしそうな顔がのぞいています。

王子おーじはいつの間にか立派りっぱ王さまおーさまになって、お供おともをしたがえて立ったっていたのです。

魔法まほー指輪ゆびわのおかげで王さまおーさまになった王子おーじは、美しいおきさきをむかえて幸せしあわせ暮らしくらしていました。

ある日、隣の国の王さまおーさまが、この国の海辺うみべ通りかかりとーりかかりました。

と、そこに美しい長い髪が、クルクルとマリとなって飛んとんできました。

「何と、きれいな髪だろう。

きっと、美しい姫が落としおとした物に違いちがいない。

ぜひ、この人をきさきにむかえたいものだ」

隣の国の王さまおーさまは、さっそくおふれを出しだしました。

「この髪の持ち主もちぬし連れつれて来た者に、たくさんのほうびをつかわす」

海辺うみべ住むすむおばあさんが、これをてニヤリと笑いわらいました。

「これは海に水浴びみずあび来るくる、おきさきの髪に違いちがいない。おきさきをだまして隣の国の王さまおーさまのところへ連れつれて行こう」

次の日、海辺うみべ水浴びみずあびたおきさきに、おばあさんはかなしげな身の上みのうえ話しはなしをしました。

「まあ、かわいそうなおばあさん」

やさしいおきさきは、おばあさんをご殿に引き取っひきとってやりました。

さて、おばあさんはご殿で働いはたらいているうちに、魔法まほー指輪ゆびわ秘密ひみつ知っしってしまいました。

「何という、すばらしい指輪ゆびわだろう。あの指輪ゆびわさえ手に入れはいれば、もうこっちのものさ」

ある日、おばあさんはいかにもつらそうに言いいいました。

「ああ、頭が痛くて割れわれそうだ。医者いしゃや薬では治せなおせない。おやさしい王さまおーさま、おきさきさま。どうかちょっとだけ、指輪ゆびわ貸しかしてくださいませんか」

お人好しおひとよし王子おーじは、ついうっかり指輪ゆびわ渡しわたしてしまいました。

そのとたん、おばあさんの姿は空にまいあがり、たちまち見えみえなくなってしまいました。

隣の国の王さまおーさまは、毎日まいにち首を長くして、良い知らせしらせ待っまっていました。

王さまおーさま、やっと見つけみつけましたよ。ごほうびをください」

やって来やってきたのは、あのおばあさんです。

「この指輪ゆびわをはめて、姫を呼んよんでごらんなさい。そしておきさきになれと、命令すればいいのです」

こうして隣の国の王さまおーさまは、指輪ゆびわの力で王子おーじのおきさきを自分じぶんの物にしてしまいました。

かわいそうに指輪ゆびわ取らとられた王子おーじは、おきさきもご殿も家来けらいもなくして、元のジャングルにネコと二人だけで立ったっていたのです。

「ヘビの言いつけいーつけ忘れわすれて、指輪ゆびわ貸しかしたわたしがバカだった。これからは、またこじき暮らしくらしだ」

王子おーじとネコは、またあてのない旅にました。

王子おーじはやがて、隣の国のご殿の前に着きつきました。

そこでは貧しい人々ひとびとが、おきさきから食べ物たべものをもらっていました。

王子おーじとネコが落ちおち食べ物たべもの拾おひろおうとすると、とつぜんネズミの大軍たいぐんやって来やってきて、あっという間に食べ物たべものをぜんぶさらってしまいました。

さあ、ようやくネコの出番でばんです。

ネコはカンカンに怒っおこって、一番いちばん太っふとっ王さまおーさまネズミの首をつかまえてどなりました。

「こらっ。悪いやつめ! お前おまえ食べたべてしまうからな!」

王さまおーさまネズミは、震えふるえながら言いいいました。

「どうか、お助けたすけください。その代わりかわり、何でも言いいいつけを守りまもりますから」

「ふん、それじゃこうしよう。

わたしのご主人しゅじんは、この国の王さまおーさま指輪ゆびわ取らとられて困っこまっている。

取り返しとりかえしてくれれば、お前おまえの命は助けたすけてやろう」

さて夜がふけると、大軍たいぐんをひきいたネズミの王さまおーさまはご殿にむかいました。

「宝の箱を、探すさがすのだ!」

指輪ゆびわ見つけみつけて、王さまおーさまの命をお助けたすけしよう!」

ネズミの家来けらいたちは手分けして、かたっぱしから宝の箱を開けあけてみました。

「あっ、あったぞ。指輪ゆびわだ!」

「ばんざーい」

こうして王子おーじは、ネコのおかげで指輪ゆびわ取り戻すとりもどす事が出来できました。

王子おーじ指輪ゆびわをはめると、キラキラとかがやくご殿が現れあらわれ家来けらい大勢たいせい集まりあつまりました。

そして美しいおきさきが、うれしそうにかけよってきます。

ネコとヘビを育てそだてお人好しおひとよし王子おーじは、こうしてネコとヘビに助けたすけられ幸せしあわせ暮らしくらしたということです。

おしまい


王子
お母さん
暮らす
金貨
渡す
言う
使う
暮らし
出来る
考える
ごらん
知恵
お金
立派
思う
のせる
会う
宝物
入る
上等
大好き
大切
わける
だまし取る
お前
今度
つける
出る
出会う
取り替える
あきれる
めんどう
見る
自分
おばあさん
住む
行く
連れる
トボトボ
歩く
育てる
悲しむ
続ける
捨てる
だらし
仲良し
別れる
あなた
不幸
魔法
指輪
くれる
手放す
もらう
はめる
ジャングル
やってくる
暮れる
うなる
疲れる
明かり
助ける
暮らせる
消える
なくなる
包む
輝く
浮かび上がる
知り合い
のぞく
王さま
お供
したがえる
立つ
おかげ
おきる
むかえる
幸せ
海辺
通りかかる
飛ぶ
きれい
落とす
違い
ふれる
出す
持ち主
たくさん
ほうび
つかわす
笑う
水浴び
来る
だます
身の上
話す
かわいそう
引き取る
働く
秘密
知る
こっち
割れる
医者
治せる
貸す
お人好し
まいあがる
見える
毎日
知らせ
待つ
見つける
くださる
やって来る
呼ぶ
なさる
取る
家来
なくす
言いつける
忘れる
着く
人々
食べ物
落ちる
拾う
ネズミ
大軍
ぜんぶ
さらう
出番
怒る
一番
太る
つかまえる
どなる
食べる
震える
代わり
守る
主人
困る
取り返す
ふける
ひきいる
むかう
探す
助け
かたっぱし
開ける
取り戻す
かがやく
現れる
大勢
集まる
かけよる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.