muksi - story thumb

--:-- / --:--
テングに手を貸した和尚

テングに手を貸した和尚

日本の民話

むかしむかし、盛高寺たかてら(せいこうじ)という寺に、とても字の上手じょーず

和尚わじょー

(おしょう)さんがいました。

ある日の事、この寺に

テング

がやってきて、

「すまぬが、しばらく和尚わじょーの手を貸しかしていただきたい」

と、言っいったのです。

和尚わじょーさんはびっくりして、テングに断りことわりました。

「テングどのに手を引き抜かひきぬかれては、何も出来できなくなってしまう。そればかりはかんべんしていただきたい」

するとテングは、大笑いして言いいいました。、

「いやいや。何も手を引き抜いひきぬい持っもっていこうというのではない。和尚わじょーの字を書くかく力を貸しかしてほしいだけだ。和尚わじょーはただ一言ひとこと(ひとこと)、『貸すかす』と言っいってくれればいい」

それを聞いきいて安心した和尚わじょーさんは、テングに言いいいました。

「それなら安心。手を貸そかそう」

「うむ。では拝借(はいしゃく)する」

テングはていねいに頭をさげると、そのまま寺をていきました。

ところがテングの帰っかえったあと、和尚わじょーさんの手は思うおもうように動かうごかなくなってしまいました。

《これでは、手を引き抜かひきぬかれたのと同じだ》

和尚わじょーさんはガッカリして、テングに手を貸しかしたことを後悔(こうかい)しました。

それからひと月ひとつきほどして、ようやくテングがやって来やってきたのです。

和尚わじょー不自由ふじゆーをかけてすまなかった。この前借りかりた手を、返しかえしにきた」

「それはありがたい」

和尚わじょーさんが思わず手をあげたら、手は思い通りに動くうごくようになっていました。

「やれやれ、助かったすかった」

和尚わじょーさんがためしに字を書いかいてみると、何と前よりもすばらしい字がすらすらと書けかけたのです。

和尚わじょーさんはすっかり喜んよろこんで、テングにお礼を言いいいました。

「テングどのに手を貸しかしたおかげで、書の腕が一段とあがったようだ。ありがとう」

「いやいや、こちらこそ助かったすかった。

和尚わじょーの手は評判ひょーばん(ひょうばん)通り、大したものだった。

その見事みごとな筆には、仲間なかまたちも驚いおどろいていたぞ。

そうそう、お礼のしるしに火よけの銅印(どういん→銅製の印かん)を一つひとつ置いおいていく」

テングは和尚わじょーさんに銅印を渡すわたすと、いつの間にか姿を消しけしていました。

さて、それからも和尚わじょーさんの書の腕前うでまえはますますあがっていき、和尚わじょーさんに書いかいてもらった字を家に張っはっておくと、その家では

火事かじ

起きおきないと評判ひょーばんになりました。

そして和尚わじょーさんの書いかい掛け軸かけじくは、『名僧めいそー(めいそう)の書』と呼ばよばれました。

おしまい


高寺
こうじる
上手
和尚
テング
やってくる
貸す
言う
断る
引き抜く
出来る
いやいや
持つ
書く
一言
ひとこと
聞く
しゃく
ていねい
さげる
出る
帰る
思う
動く
ひと月
やって来る
不自由
かける
借りる
返し
あげる
助かる
ためし
書ける
喜ぶ
おかげ
あがる
こちら
評判
ひょう
見事
仲間
驚く
しるし
一つ
置く
渡す
消す
腕前
張る
火事
起きる
掛け軸
名僧
呼ぶ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.