muksi - story thumb

--:-- / --:--
弘法の衣

弘法の衣

日本の昔話

むかしむかし、外見がいけんだけで人を判断する、とても心のせまいお金持ちかねもち主人しゅじんがいました。

ある日の事、みすぼらしい姿のお坊さんぼーさんが、このお金持ちかねもちの家へ托鉢(たくはつ)にやって来やってきたのです。

坊さんぼーさんがお金持ちかねもちの大きな家の前に立ったって鐘を鳴らしならしてお経を読みよみ始めると、家の中から主人しゅじんて来て、お坊さんぼーさんをじろりと言いいいました。

「ふん、乞食こじき坊主ぼーず(こじきぼうず)が。

いくらお経を読んよんでも、お前おまえみたいな汚らしい奴にやる物はないぞ。

とっとと、て行け!」

「・・・・・・」

坊さんぼーさん黙っだまって頭を下げるさげると、そのまま立ち去りたちさりました。

さて次の日、同じ家に今度こんど立派りっぱ袈裟けさ衣(けさごろも)をたお坊さんぼーさん立ったって、鐘を鳴らしならしてお経を読みよみ始めました。

すると、それをた家の主人しゅじんはびっくりして、

「これはこれは、お坊さま。

あなたの様な立派りっぱお方おかたが、こんなところではもったいのうございます。

ささ、どうぞ家に上っのぼって下され」

と、お坊さんぼーさんを家の中へ通しとーしたのです。

主人しゅじんは家の者に山の様なぼた餅ぼたもちを用意させると、お坊さんぼーさんの前に差し出しさしだしました。

「大した物は用意出来できませんが、どうぞ、お召し上がりめしあがり下さい」

すると、お坊さんぼーさんは、

「これはこれは、どうもご親切しんせつに」

と、言いいいながら、そのぼた餅ぼたもちを手に取っとって、キラキラと光るひかる袈裟けさ衣へベタベタとなすりつけました。

それを主人しゅじんは、びっくりして言いいいました。

「お坊さま。

せっかくのぼた餅ぼたもちを、何ともったいない。

その上、その立派りっぱなお衣まで汚さよごされてしまうとは」

するとお坊さんぼーさんは、すました顔で言いいいました。

「ご主人しゅじん覚えおぼえていないかもしれませんが、わしが昨日きのーた時、あなたはわしのみすぼらしい姿をて、わしを追い返さおいかえされました。

そして今日きょーはわしのこの衣をて、この様にごちそうまでしてくださる。

昨日きのーのわしも、今日きょーのわしも、同じわしじゃ。

ただ違うちがうのは、身にまとうておる衣だけ。

とすると、家に上げあげぼた餅ぼたもち出しだしてくれたのは中身なかみのわしではなくて、わしがているこの衣ではないのか?

そこでわしは、このぼた餅ぼたもちを衣に食わくわせてやったのじゃ。

では、これにて失礼する」

坊さんぼーさんはそう言ういうと、そのまま旅にてしまいました。

後になってお金持ちかねもち主人しゅじんは、このお坊さんぼーさん有名ゆーめい弘法大師こーぼーだいしだった事を知るしると、人を外見がいけんだけで判断する自分じぶんを深く反省しました。

そしてそれからは誰にでも優しく接するせっする、とても心優しい主人しゅじんになったと言ういう事です。

おしまい


外見
金持ち
主人
坊さん
やって来る
立つ
鳴らす
読む
出る
見る
言う
乞食
坊主
お前
黙る
下げる
立ち去る
今度
立派
袈裟
着る
あなた
お方
上る
通す
ぼた餅
差し出す
出来る
召し上がる
親切
取る
光る
なすりつける
汚す
すます
覚える
しれる
昨日
来る
追い返す
今日
違う
まとう
上げる
出す
中身
食う
有名
弘法大師
知る
自分
接する

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.