muksi - story thumb

--:-- / --:--
吉崎の嫁おどし

吉崎の嫁おどし

日本の民話

むかしむかし、吉崎よしざき(よしざき)に蓮如れんにょ上人しょーにん(れんにょうしょうにん)のお寺おてらがありました。

そしてその近くちかく二俣ふたまた(ふたまた)という村に、与三次よそじ(よさじ)という若者わかもの母親ははおや住んすんでいました。

ある日の事、この与三次よそじの家に、やさしい働き者はたらきもの嫁さんよめさんました。

嫁さんよめさん蓮如れんにょ上人しょーにん教えおしえをうけて、毎日まいにち吉崎よしざき御坊ごぼー(よしざきごぼう)へお参りに通っかよっていました。

そのうち与三次よそじも、嫁さんよめさんと二人仲よく吉崎よしざき御坊ごぼー通うかようようになりました。

ところが母親ははおやは信心(しんじん→神や仏を思うおもう気持ちきもち)のない人だったので、おもしろくありません。

嫁さんよめさんが、母親ははおやに信心をすすめると、

「ふん! なにを言っいっているんだい。信心したって、腹はふくれないよ! そんなひまがあったら、もっと働きはたらき! だいたい、お前おまえという嫁は・・・」

と、母親ははおや嫁さんよめさんをいじるのでした。

ある日、与三次よそじは急な用事よーじ出来できて、吉崎よしざき御坊ごぼー行けいけなくなりました。

嫁さんよめさん仕方しかたなく、一人で吉崎よしざき御坊ごぼーへお参りに行きいきました。

嫁さんよめさんが、まっ暗まっくら夜道よみちを一人で帰っかえってきますと、家の近くちかく竹やぶたけやぶから突然

現われあらわれました。

「こら! 毎晩まいばん親をないがしろにして、吉崎よしざき御坊ごぼー通うかようとは何事なにごとじゃ!」

嫁さんよめさんはビックリしましたが、すぐにいのりました。

「蓮如上じょじょー人さまひとさま、どうぞお助けたすけください」

すると不思議ふしぎなことに、鬼はピクリとも動かうごかなくなってしまいました。

「蓮如上じょじょー人さまひとさま、ありがとうございます」

嫁さんよめさん急いいそいで家にかけ込みかけこみましたが、家に帰っかえってみると母親ははおやの姿がありません。

「もしかして鬼が、お母さまおかーさまを」

母親ははおやが鬼におそわれたと思いおもい、嫁は母親ははおや助けよすけようと家を飛び出そとびだそうとしました。

するとちょうど与三次よそじ帰っかえってきたので、く二人はさっき鬼がたところまで行っいってみました。

すると母親ははおやが、鬼の面をかぶって泣いないているではありませんか。

お母さまおかーさま大丈夫だいじょーぶですか」

母さんかーさん、そこで何をしているんだ」

二人がわけを聞くきくと、母親ははおやは嫁が吉崎よしざき御坊ごぼー行きいきたがらないようにと、鬼の面をかぶっておどかしたそうです。

ところがどうしたわけか、母親ははおやの顔から鬼の面が取れとれなくなってしまったのです。

二人は母親ははおや吉崎よしざき御坊ごぼー連れつれて行って、

阿弥陀あみだ

(あみだ)さまに一生懸命いっしょーけんめいおいのりをしました。

「どうか、お母さまおかーさまをお助けたすけください」

母さんかーさんも反省しています。どうかお助けたすけください」

すると今までびくともしなかった面が、ポロリとはずれたのです。

それからは母親ははおやも心を入れかえいれかえて、三人は仲良く吉崎よしざき御坊ごぼー通っとーったという事です。

おしまい


吉崎
蓮如
上人
お寺
近く
二俣
与三次
若者
母親
住む
働き者
嫁さん
来る
教え
うける
毎日
御坊
ざきごぼう
通う
思う
気持ち
すすめる
言う
ふくれる
働く
お前
いじる
用事
出来る
行ける
仕方
行く
まっ暗
夜道
帰る
竹やぶ
現われる
毎晩
ないがしろ
何事
いのる
如上
人さま
助ける
不思議
ピクリ
動く
急ぐ
かけ込む
お母さま
おそう
飛び出す
出る
かぶる
泣く
大丈夫
母さん
聞く
おどかす
取れる
連れる
阿弥陀
一生懸命
はずれる
入れかえる
通る

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.