muksi - story thumb

--:-- / --:--
オニギリ地蔵

オニギリ地蔵

日本の民話

むかしむかし、立山たてやま(たてやま→富山とやま県の南東なんとー部)のふもとに、貧しいけれど仲の良い

木こりきこり

一家いっかがありました。

ある時、可哀想かわいそーな事に母親ははおや三つみっつになる男の子おとこのこ残しのこして、死んしんでしまったのです。

葬式そーしき(おそうしき)の帰り道かえりみち男の子おとこのこは村はずれに立ったっているお地蔵じぞーさんを言いいいました。

「あっ、お母ちゃんおかーちゃんだ!」

男の子おとこのこはお地蔵じぞーさんに抱きついだきついて、離れよはなれようとはしません。

やがて父親ちちおやは新しい母親ははおやをむかえましたが、男の子おとこのこは新しい母親ははおやにはなつかず、いつもお地蔵じぞーさんのそばにいました。

新しい母親ははおやはそんな男の子おとこのこがきらいで、男の子おとこのこにつらく当たるあたるようになりました。

ある日の事、男の子おとこのこがおねしょをすると、母親ははおや怒っおこって何も食べたべさせてくれませんでした。

ひもじくなった男の子おとこのこ泣きなき出すと、

地蔵じぞーさまがおにぎりを食べたべられたら、お前おまえにも食べたべさせてやる」

と、男の子おとこのこにオニギリを持たもたせました。

男の子おとこのこはさっそく、お地蔵じぞーさんに頼みたのみました。

「どうか、このオニギリを食べたべてください」

すると不思議ふしぎな事に、石のお地蔵じぞーさんがオニギリをパクリと食べたべたではありませんか。

喜んよろこん男の子おとこのこは新しい母親ははおやにこの事を話しはなしましたが、母親ははおや信じしんじてくれません。

それどころか、

お前おまえが、食べたべたんだ!」

と、耳を強く引っ張っひっぱったため、男の子おとこのこの耳は聞こえきこえなくなってしまったのです。

それでも男の子おとこのこは、お地蔵じぞーさんがおにぎりを食べたべたと言いいいます。

そこで母親ははおやはまた男の子おとこのこにオニギリを持たもたせると、そっと後をつけました。

そうとは知らしらない男の子おとこのこは、お地蔵じぞーさんの口にオニギリを当てあて

「もう一度、オニギリを食べたべてください」

と、お願いすると、お地蔵じぞーさんは涙をハラハラ流しながしながら、オニギリを食べたべ始めました。

母親ははおやは、これをてビックリです。

母親ははおやはすぐに手を合わせあわせて、お地蔵じぞーさんと男の子おとこのこにあやまりました。

その後そのご聞こえきこえなくなった男の子おとこのこの耳は、母親ははおや一生懸命いっしょーけんめいにお地蔵じぞーさんにお願いしたので、やがて元通りもとどーり聞こえるきこえるようになったという事です。

おしまい


立山
富山
南東
ふもと
木こり
一家
可哀想
母親
三つ
男の子
残す
死ぬ
葬式
おそう
帰り道
はずれ
立つ
地蔵
見る
言う
お母ちゃん
抱きつく
離れる
父親
むかえる
なつく
きらい
当たる
おねしょ
怒る
食べる
泣く
おにぎり
お前
オニギリ
持つ
頼む
不思議
喜ぶ
話す
信じる
引っ張る
聞こえる
つける
知る
当てる
流す
合わせる
あやまる
その後
一生懸命
元通り

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.