muksi - story thumb

--:-- / --:--
ウサギのツノ

ウサギのツノ

世界の昔話

むかしむかし、ゾウはビールやごちそうを用意すると、動物どーぶつたちを呼んよん宴会えんかい(えんかい)を開きひらきました。

集まっあつまっ動物どーぶつたちに、ゾウが言いいいました。

「このビールは、ツノのあるものだけに飲まのませてやる。ツノのないものはだめだ」

それを聞いきいたウサギは、自分じぶんにツノがないのがざんねんでなりません。

「ビールは、おいしいんだろうなあ。ツノがあれば、ビールが飲めるのめるのに。

・・・そうだ、ツノを手に入れれはいれればいいんだ」

そこでウサギはしげみにかくれて、若いシカが来るくるのを待ちまちました。

そしてシカがしげみのそばを通りとーりすぎようとしたとき、

「今だ!」

ウサギはシカの背中せなか飛び乗るとびのると素早くシカのツノを切り取っきりとって、

自分じぶんの頭にはりつけたのです。

「よしよし、これでビールが飲めるのめるぞ」

ツノを手に入れいれたウサギは、大いばりでゾウの宴会えんかい出かけでかけていきました。

「ゾウさん。ぼくにもビールをください」

「ウサギはだめだ。言っいっただろう、ツノのないものは・・・。おや?」

ゾウはウサギを見るみると、びっくりして言いいいました。

「何と、ウサギにもツノがあったのか。しかもどの動物どーぶつよりも、立派りっぱではないか。

たいしたものだ。さあさあ、えんりょなく飲めのめ

生まれうまれて初めてビールを飲んのんだウサギは、ビールをだれよりもたくさん飲みのみました。

「ぷはーーっ! 良い気持ちきもちだ。ビールとは、なんとおいしい飲み物のみものだろう」

ウサギは酔っぱらっよっぱらって、足元あしもとがフラフラです。

するとそこへ、年寄りとしよりのシカがやって来やってきました。

ウサギは、シカに言いいいました。

「おやおや、ずいぶんおそくおいでだね? おじいさんには、ツノがないのかい?」

「わしは、お前おまえがどんな顔をしてビールを飲んのんでいるか、見物にたのさ」

年寄りとしよりのシカはウサギに近づくちかずくと、ヒソヒソ声で言いいいました。

「わしは、お前おまえがツノを切り取っきりとったシカのおじだ。あんまりフラフラしていると、はりつけたツノが取れとれてしまうぞ」

お客おきゃく動物どーぶつたちはシカの言葉ことば聞いきいて、こちらに集まっあつまってきました。

ウサギは、むりやり笑っわらっ答えこたえました。

「あはははは。このおじいさん、ごちそうを食べたべ過ぎて頭がおかしくなったんですよ。このツノは、生まれうまれたときからわたしのツノですよ」

年寄りとしよりのシカはそれを聞いきいて、大声おーごえ言いいいました。

「あんまりフラフラしていると、はりつけたツノが取れとれてしまうぞ!」

それを聞いきいて、ゾウとお客おきゃく動物どーぶつたちはウサギのツノをジロジロながめました。

(これはまずい、どうしよう?)

ウサギは怖くなって、ガタガタとふるえ出しました。

するとそのはずみで、頭にはりつけたツノがポロリと地面じめん落ちおちてしまいました。

「わあー! ごめんなさーい!」

ウサギはあわてて、逃げにげていきました。

おしまい


ビール
動物
呼ぶ
宴会
開く
集まる
言う
飲む
聞く
ウサギ
自分
飲める
入れる
しげみ
かくれる
来る
待つ
通る
背中
飛び乗る
切り取る
はりつける
出かける
くださる
見る
立派
ょなく
生まれる
たくさん
気持ち
飲み物
酔っぱらう
足元
年寄り
やって来る
おいで
おじいさん
お前
近づく
取れる
お客
言葉
こちら
笑う
答える
食べる
大声
ながめる
ガタガタ
ふるえる
地面
落ちる
あわてる
逃げる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.