muksi - story thumb

--:-- / --:--
不思議な和尚さん

不思議な和尚さん

日本の昔話

むかしむかし、ある村に、偉い

和尚わじょー

(おしょう)さんの一行いっこー泊まるとまる事になりました。

その為に村では前もって、こんなおふれがまわりました。

和尚わじょーさまは犬が苦手にがてだから、イヌは必ずしっかりとつないでおくように。また、ご飯ごはん食べるたべるところとお風呂ふろ入るはいるところは、決してのぞかないように》

さて、和尚わじょーさんの宿となった庄屋しょーやさんの家では、大変たいへんな気の使いつかいようです。

ご飯ごはんの時もお風呂ふろの時も周りまわりにびょうぶをめぐらせて、誰にものぞかれないようにしました。

でも、後片付けあとかたずけをした人は、

「あれまあ。何て、お行儀ぎょーぎの悪い和尚わじょーさんだろう」

と、あきれました。

何しろ、ご飯ごはんがあちこちに飛び散っとびちっているし、お風呂ふろもあちこちにお湯おゆ飛び散っとびちっているのです。

まるでイヌやネコがご飯ごはん食べたべたり、お風呂ふろ入っはいったりした後のようです。

その夜、庄屋しょーやさんが和尚わじょーさんに頼みたのみました。

和尚わじょーさま。どうかお泊まりとまりいただいた記念に、一筆いっぴつ、お願いいたします」

すると和尚わじょーさんは筆を取っとって、スラスラスラッと何やら難しい字を書いかいてくれました。

けれど上手じょーずすぎるのか下手へたすぎるのか、その字は誰にも読めよめません。

次の朝、和尚わじょーさんが

カゴ

乗っのって出発しようとしたのですが、どこからか二匹ののら犬のらいぬ現れあらわれて、あっという間に和尚わじょーさんを噛み殺しかみころしてしまったのです。

さあ、大変たいへんです。

すぐに村人むらびとが、和尚わじょーさんのお寺おてら知らせしらせ行きいきました。

すると不思議ふしぎな事に、村へ行くいく予定だった和尚わじょーさんは病気でていると言ういうのです。

そしてその和尚わじょーさんが言ういうには、村へ行っいっ和尚わじょーさんと言ういうのは、お寺おてらのやぶに住んすんでいたタヌキではないかと言ういうのです。

何でも、お寺おてら山門さんもん直すなおす為に和尚わじょーさんが寄付を集めに出かけよでかけようとしたのですが、病気でそれが出来できなくなり、和尚わじょーさんに可愛がらかわいがられていたタヌキが病気の和尚わじょーさんの身代わりみがわりとなって寄付を集めるあつめる旅に出かけでかけたのではないかと言ういうのです。

その話を聞いきい庄屋しょーやさんと村人むらびとたちは、

「そう考えれかんがえれば、奇妙きみょーなおふれも納得できる。可愛がってもらった和尚わじょーさまに恩返しするとは、タヌキとはいえ感心かんしん心がけこころがけじゃ。お寺おてら運んはこんで、供養してもらおう。」

「ゆうべ書いかいてもらった字は、家の家宝かほーとしよう」

と、涙を浮かべうかべ言いいいました。

やがてこの話しはなし広まりひろまり山門さんもん直すなおすための寄付がたくさん集まっあつまったので、お寺おてらには見事みごと山門さんもん出来できたということです。

おしまい


和尚
一行
泊まる
ふれる
まわる
苦手
つなぐ
ご飯
食べる
風呂
入る
のぞく
庄屋
大変
使い
周り
びょうぶ
めぐらせる
後片付け
行儀
あきれる
あちこち
飛び散る
お湯
頼む
一筆
取る
書く
上手
下手
読める
乗る
のら犬
現れる
噛み殺す
村人
お寺
知らせる
行く
不思議
寝る
言う
やぶる
住む
タヌキ
山門
直す
出かける
出来る
可愛がる
身代わり
集める
聞く
考える
奇妙
できる
感心
心がけ
運ぶ
ゆうべ
家宝
浮かべる
話す
広まる
たくさん
集まる
見事

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.