muksi - story thumb

--:-- / --:--
ネコと茶釜のふた

ネコと茶釜のふた

百物語

むかしむかし、腕の良い猟師りょーし(りょうし)が山から下りおりてくると、家の前で一匹の子ネコが鳴いないていました。

子ネコは猟師りょーし見るみると、甘えあまえた様に体をこすり付けつけてきました。

「おー、よしよし。行くいくところがないのなら、わしの家においてやろう」

猟師りょーしはその子ネコを、飼うかう事にしました。

それから十数年後のある日、猟師りょーしの家に村の名主なぬし(なぬし→身分みぶん

百姓ひゃくしょー

だが、役人やくにんの仕事をしている人)がやって来やってき言いいいました。

「山に恐ろしい化け物ばけもの現れあらわれて、村人むらびとたちが災難さいなんにあっておる。ひとつ、あんたの鉄砲てっぽー(てっぽう)で、化け物ばけものを退治してもらいたい」

「わかりました」

猟師りょーし化け物ばけもの退治を引き受けるひきうけると、さっそく化け物ばけもの退治に使うつかう鉄砲てっぽーの玉を、いろりばたで作りつくり始めました。

すると、それまで居眠りをしていたネコが薄目うすめ開けあけて、鉄砲てっぽーの玉を数えかぞえている様なそぶりを見せみせました。

(なぜ、ネコが鉄砲てっぽーの玉を数えるかぞえるのだ? ・・・ネコは年を取るとる魔物まもの(まもの)になるというから、用心した方が良いな)

猟師りょーしは十二個の玉を作っつくった他に、金の隠しかくし玉をネコに気づかきずかれない様にお守りの中に忍ばしのばせました。

次の朝、猟師りょーし鉄砲てっぽーを手に、山の化け物ばけもの退治に出かけでかけました。

山中さんちゅー歩き回りあるきまわりますが、化け物ばけもの現れあらわれません。

やがて日が暮れくれて、辺りあたりが暗くなってきました。

今夜こんやは、山小屋やまごや泊まるとまるとしよう」

真夜中まよなかの事、猟師りょーし山小屋やまごやていると、

ミシッ、ミシッ、ミシッ。

と、大きな何かが、足音あしおと忍ばしのばせて近づいちかずいて来る音がしました。

それに目を覚ましさまし猟師りょーしは、枕もとの鉄砲てっぽー取るとる小屋こや隙間すきまから外をのぞきました。

すると暗闇くらやみの中に、ピカピカと二つふたつ目玉めだま光っひかっています。

(たな、化け物ばけものめ)

猟師りょーし化け物ばけものの目と目の間に狙いねらいをつけると、鉄砲てっぽー引き金ひきがね引きひきました。

ズドーン!

ところが鉄砲てっぽーの玉は、

カチーン!

と、何かにはじかれてしまいました。

猟師りょーし続けつずけて二発目を撃つうつと、

カチーン!

と、またはじかれてしまいました。

(こなくそ!)

猟師りょーしは次から次へと鉄砲てっぽー打ち込みうちこみましたが、その全てすべてがはじかれてしまいます。

そしてとうとう十二発目の玉めのたま撃っうったところで、暗闇くらやみ目玉めだまがにやりと笑いわらいました。

馬鹿ばかめ、全てすべての玉を撃ちうちつくしたな」

暗闇くらやみ目玉めだまは安心した様に、猟師りょーしへと近づいちかずいてきました。

すると猟師りょーしは首からぶら下げぶらさげているお守りの中から金の隠しかくし玉を取り出すとりだすと、素早く鉄砲てっぽー詰め込んつめこんで、

ズドーン!

と、撃ちうちました。

「ギャオォーー!!」

化け物ばけものはものすごい叫び声さけびごえ上げるあげると、そのまま山奥やまおくへと逃げにげていきました。

翌朝よくあさ猟師りょーし化け物ばけもの撃っうっ辺りあたり調べしらべてみると、そこには見覚えみおぼえのある茶釜ちゃがまのふたと十二個の鉄砲てっぽーの玉が落ちおちていました。

「この茶釜ちゃがまのふたは、わしの家の物と同じだ。・・・おや、血が」

茶釜ちゃがまのふたが落ちおちていたところから、山奥やまおくへと血の跡が続いつずいています。

猟師りょーしが血の跡をたどって行くと、その先にイノシシよりも大きなネコが死んしんでいました。

大きさは違いちがいますが、家で飼っかっているネコと毛のもようが全く同じです。

「もしや、これは・・・」

猟師りょーしが家に帰っかえってみると、いつも猟師りょーし出迎えでむかえてくれるネコがおらず、茶釜ちゃがまのふたがなくなっていました。

「そうか。わしのネコが、化け物ばけものだったのか。鉄砲てっぽーの玉よけに茶釜ちゃがまのふたを持ち出しもちだして、わしを殺そころそうとしたのだな」

猟師りょーしは山へ戻るもどるとネコの亡骸なきがら持ち帰りもちかえり、手厚くとむらってやりました。

おしまい


猟師
りょう
下りる
鳴く
見る
甘える
こする
付ける
行く
飼う
名主
身分
百姓
役人
やって来る
言う
化け物
現れる
村人
災難
ひとつ
あんた
鉄砲
わかる
引き受ける
使う
いろり
たでる
作る
薄目
開ける
数える
見せる
取る
魔物
隠し
気づく
忍ぶ
出かける
山中
歩き回る
暮れる
辺り
今夜
山小屋
泊まる
真夜中
寝る
ミシッ
足音
近づく
覚ます
小屋
隙間
のぞく
暗闇
二つ
目玉
光る
出る
狙い
つける
引き金
引く
ズドーン
カチーン
はじく
続ける
撃つ
打ち込む
全て
目の玉
笑う
馬鹿
ぶら下げる
取り出す
詰め込む
ギャオォーー
叫び声
上げる
山奥
逃げる
翌朝
調べる
見覚え
茶釜
落ちる
続く
たどる
イノシシ
死ぬ
違う
帰る
出迎える
なくなる
持ち出す
殺す
戻る
亡骸
持ち帰る
とむらう

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.