muksi - story thumb

--:-- / --:--
カエルの袈裟衣

カエルの袈裟衣

日本の民話

むかし、伊豆いずにある大きなお寺おてらでは『輪番りんばん(りんばん)』といって、三十一年ごとに住職じゅーしょくのお坊さんぼーさん小田原おだわらにあるお寺おてら行っいって、おつとめをすることになっていました。

ある日、『輪番りんばん』をおえた和尚わじょーさんが、小田原おだわらから伊豆いずお寺おてら戻るもどる途中とちゅーのことです。

ある屋敷やしき泊まっとまっていると、ふすまの向こうむこーからお付きつきの若い坊さんぼーさんがそっと声をかけてきました。

和尚わじょーさま。ただいま、至急お目にかかりおめにかかりたいという方が見えみえました。和尚わじょーさまは今夜こんやはお疲れつかれですから、明朝みょーちょーこられるようにと申しあげもーしあげましたが、お帰りかえりになりません。いかがいたしましょう?」

すると和尚わじょーさんは、

「よいよい。何用かわからぬが、会っあってみよう」

と、部屋へやからていきました。

そして玄関げんかん口へ行っいってみて、びっくり。

風呂敷ふろしき包みつつみをかかえて立ったっていたのは見上げるみあげるような大男おーおとこで、顔はブツブツのあばたづらで、目玉めだまがピョコンと飛び出しとびだし、まるでガマガエルの化け物ばけもののようです。

男は、和尚わじょーさんに頭を下げさげました。

「わたしは、ここの隣村りんそん住むすむ者ですが、ひそかに和尚わじょーさまにお話ししたいことがありまして、こんなごめいわくな時分じぶんにやってきました。どうか、お許しおゆるしください」

見かけみかけによらず、なかなか丁寧ていねいな男です。

和尚わじょーさんは男を部屋へや通しとーして、話を聞くきく事にしました。

「して、話しはなしたい事とは?」

「はい。何をかくしましょう。

わたしは和尚わじょーさまのお寺おてらの池でうまれて、なに不自由ふじゆーなく育てそだてていただいたヒキガエルでございます。

それが昨年さくねんの大洪水こーずいで川へ流さながされ、この近くちかく浜辺はまべ泳ぎおよぎつきました。

今は隣村りんそんの、ある沼におります。

一度、これまでお世話になったお礼がしたいと思っおもっておりましたが、なにせ伊豆いずお寺おてらまでは遠すぎてどうにもなりません。

それが今晩こんばん和尚わじょーさまがこちらへお泊まりとまりになるとお聞きききして、こうしておうかがいしたわけです。

これは、わたしのほんの志(こころざし)です。

お礼のしるしとして、どうぞお納めください」

男はそう言ういう風呂敷ふろしき包みつつみの中から麻の袈裟けさ衣(けさごろも)を取り出しとりだし、うやうやしく和尚わじょーさんに差し出しさしだしました。

和尚わじょーさんが手にとって確かめるたしかめると、今までた事がないほど立派りっぱな物です。

「おお、これは素晴らしい」

和尚わじょーさんは喜んよろこんで、袈裟けさ衣を受け取りうけとりました。

その後そのご和尚わじょーさんはヒキガエルからおくられた袈裟けさ衣をお寺おてら宝物ほーもつとして、とても大切たいせつにしたという事です。

おしまい


伊豆
お寺
輪番
住職
坊さん
小田原
行く
つとめる
おえる
和尚
戻る
途中
屋敷
泊まる
寝る
向こう
付き
かける
お目にかかる
見える
今夜
疲れ
明朝
申しあげる
帰り
いたす
わかる
会う
部屋
出る
玄関
風呂敷
包み
かかえる
立つ
見上げる
大男
あばた
目玉
ピョコン
飛び出す
化け物
下げる
隣村
住む
ひそか
めいわく
時分
やってくる
お許し
くださる
見かけ
丁寧
通す
聞く
話す
かくす
うまれる
不自由
育てる
ヒキガエル
昨年
洪水
流す
近く
浜辺
泳ぐ
おりる
思う
今晩
こちら
泊まり
こころざす
しるし
言う
袈裟
取り出す
差し出す
確かめる
見る
立派
喜ぶ
受け取る
その後
おくる
宝物
大切

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.