muksi - story thumb

--:-- / --:--
あみがさの忘れ物

あみがさの忘れ物

江戸小話

そそっかしい

さむらい

が、旅の途中とちゅー茶店ちゃみせ一休みひとやすみをしていました。

日頃ひごろからあわて者と笑わわらわれておるが、これからは何事なにごと落ち着きおちつき、決して笑わわらわれない様にしよう」

そう心がけこころがけたさむらいは、今のところ失敗もなく旅を続けつずけています。

「どれ、そろそろ出かけるでかけるとするか。

まずは、落ち着いおちついて確認だ。

馬につけた荷物にもつは、・・・ある。

大切たいせつな刀は、・・・うむ、大丈夫だいじょーぶ

供の家来けらいは、・・・ちゃんと連れつれておる

そして店の代金だいきんは、・・・よし、間違いまちがいなく払っはらったし、財布さいふ忘れわすれておらぬ 」

全てすべてを確認したさむらいは、茶店ちゃみせをあとにしました。

それからしばらく行くいくと、さむらいは茶店ちゃみせにかけ戻りもどりました。

「すまぬ。せっしゃとした事が、あみがさ(→ワラなどで編んあんでつくった、日よけや顔をかくすための大きなぼうし)を忘れわすれた。ここに、あっただろう」

すると茶店ちゃみせの人が、くすくすと笑いわらいながらさむらいの頭を指さしゆびさしました。

「あみがさなら、頭につけておいでですよ」

頭に手をやったさむらいは、ばつが悪そうに言いいいました。

「ややっ。これは、おもいがけないところにあったものだ」

そそっかしいのは、簡単かんたんには治りなおりませんね。

♪ちゃんちゃん

(おしまい)


途中
茶店
一休み
日頃
あわてる
笑う
何事
落ち着く
心がける
続ける
出かける
つける
荷物
大切
大丈夫
家来
連れる
代金
間違い
払う
財布
忘れる
全て
行く
かける
戻る
編む
つくる
かくす
ぼうし
指さす
言う
簡単
治る

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.