muksi - story thumb

--:-- / --:--
鐘突き堂を守ったカニ

鐘突き堂を守ったカニ

日本の昔話

むかしむかし、相模さがみ(さがみ)の国の久根崎ねざき村(→今の川崎かわさき市)に、立派りっぱお寺おてらがありました。

そのお寺おてら山門さんもん入るはいる右側みぎがわに池があり、そこにはたくさんのカニやコイが住んすんでいました。

この池はお寺おてらの中にあるので、カニやコイを取っとったりする子どもこどもたちもませんし、お参りに来るくる人たちが食べ物たべもの投げ入れなげいれてくれるので、カニやコイたちはとても幸せしあわせ暮らしくらしていました。

しかし、こんなカニやコイたちにも、恐ろしい敵がありました。

それは春になるとやって来るやってくる、白サギです。

白サギは朝と夕方ゆーがたに何十羽と群れむれをなしてやって来ては、カニやコイたちを鋭いくちばしで食べたべてしまうのです。

だからカニやコイたちは、白サギを見るみるとビクビクしていました。

そんなある日、このお寺おてらに大きな鐘突きつき堂が出来できました。

この鐘突きつき堂は朝と夕方ゆーがたになると、お寺おてら小僧こぞーがその鐘を突いつい時刻じこく知らせしらせます。

その鐘の音は多摩川たまがわ越えこえて、遠く池上いけがみの里にまで響いひびいたそうです。

ちょうど白サギがやって来るやってくる時間じかんと鐘が突かつかれる時間じかん重なっかさなった為、白サギはこの鐘の音に驚いおどろいて、お寺おてらの池にやって来やってこなくなりました。

ですからお寺おてらの池に住むすむカニやコイたちは、鐘突きつき堂をとても大切たいせつ思っおもっていました。

夏の風が強い夜の事、お寺おてら近くちかくから火事かじ火の粉ひのこが、お寺おてら山門さんもん燃え移りもえうつりました。

その火はどんどん大きくなり、山門さんもんから本堂ほんどー燃え移るもえうつると、今度こんどは鐘突きつき堂にまで火の粉ひのこ飛ばしとばしてきました。

これをて、池のカニたちはびっくりです。

大変たいへんだ! ぼくらを守っまもってくれる鐘突きつき堂が、燃えもえてなくなってしまう!」

そこでカニたちは池の中から次々とはい出しはいだして来ると、火のついた鐘突きつき堂の屋根やねや柱によじ登りよじのぼり、口から白い泡をいっぱい吹き出しふきだして火を消そけそうとしたのです。

もちろん、そんな泡ぐらいでは、燃え移っもえうつった火を消すけす事は出来できません。

その為に多くおーくのカニたちが、次々と炎に焼かやかれて死んしんでしまいました。

でも、カニたちはあきらめません。

火を恐れおそれずに次々と鐘突きつき堂へよじ登るよじのぼると、一生懸命いっしょーけんめいに口から白い泡を吹いふいて、一晩中、鐘突きつき堂を守っまもったのです。

夜が明けあけ火事かじがおさまった頃、火事かじから逃げにげていたお寺おてらのお坊さんぼーさんたちが帰っかえってきました。

「ああ、山門さんもん焼け落ちやけおちてしまった。本堂ほんどーも、焼け落ちやけおちてしまった」

坊さんぼーさんたちはがっかりしましたが、ふと前を見るみると、池の近くちかくにあった鐘突きつき堂だけが、ほとんど焼けやけずに残っのこっていたのです。

「おおっ、鐘突きつき堂が残っのこっているぞ!」

喜んよろこんだお坊さんぼーさんたちが鐘突きつき堂に駆け寄っかけよってみると、その鐘突きつき堂の周りまわりには、鐘突きつき堂を守っまもっ焼け死んやけしんだカニたちが何千匹もいたのです。

「・・・そうか、このカニたちが、鐘突きつき堂を守っまもってくれたのか。ありがとう」

そこでお坊さんぼーさんたちは鐘突きつき堂を守っまもっ死んしんだカニたちの為に、池のほとりにカニ塚をつくってカニたちの供養をしたのです。

そしてそれ以来いらい、この池に住むすむカニの背中せなかは、火の粉ひのこをかぶったように赤くなったそうです。

おしまい


相模
根崎
川崎
立派
お寺
山門
入る
右側
たくさん
住む
取る
子ども
来る
食べ物
投げ入れる
幸せ
暮らす
やって来る
夕方
群れ
くちばし
食べる
見る
突き
出来る
小僧
突く
時刻
知らせる
多摩川
越える
池上
響く
時間
重なる
驚く
大切
思う
近く
出る
火事
火の粉
燃え移る
本堂
今度
飛ばす
大変
守る
燃える
なくなる
はい出す
屋根
よじ登る
吹き出す
消す
多く
焼く
死ぬ
あきらめる
恐れる
一生懸命
吹く
明ける
おさまる
逃げる
坊さん
帰る
焼け落ちる
焼ける
残る
おおう
喜ぶ
駆け寄る
周り
焼け死ぬ
ほとり
つくる
以来
背中
かぶる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.