muksi - story thumb

--:-- / --:--
七夕さんのはじまり

七夕さんのはじまり

日本の民話

むかしむかし、あるところに、ほうろく売りうりがいました。

ほうろくというのは、土で作っつくったフライパンの様な物です。

ある年の七月しちがつ、ほうろく売りうり山道さんどー通りかかるとーりかかると、娘たちが湖で水浴びみずあびをしていました。

ふと見るみると、目の前に美しい着物きもの置いおいてあります。

(ああっ、何てきれいな着物きものなんだろう)

ほうろく売りうりはその着物きものが欲しくなり、その中の一枚を素早くカゴに入れいれて、何くわぬ顔で通り過ぎとーりすぎて行きました。

ところがタ方、仕事を終えおえたほうろく売りうりがそこへ戻っもどって来ると、一人の美しい娘がシクシクと泣いないているのです。

(ははーん。さては、わしに着物きものをとられた娘だな)

ほうろく売りうりはそのまま通り過ぎよとーりすぎようとしましたが、娘の着物きもの盗んぬすんだという罪の意識もあったので、娘に自分じぶん着物きもの着せきせてやると家に連れつれ帰りかえりました。

さてこの娘、見れみれ見るみるほど美人びじんです。

ほうろく売りうりはこの娘が好きすきになり、自分じぶんのお嫁さんよめさんにしました。

やがて子どもこども生まれうまれて、親子おやこ三人は仲良く暮らしくらしていました。

ある日の事です。

ほうろく売りうりが仕事に出かけでかけた後、お嫁さんよめさん子どもこども寝かせねかせながら、ふと天井てんじょーてみると、何やらあぶら紙(→物を保存するための和紙わし)に包んつつんだ物があります。

(あら、何の包みつつみかしら?)

嫁さんよめさん包みつつみ開いひらいてみると、中には盗まぬすまれた着物きもの入っはいっていました。

「あっ! これはわたしの着物きもの! きっと、あの人が盗んぬすんだに違いちがいないわ。ゆるさない!」

嫁さんよめさんはその着物きものをすばやく着るきると、子どもこどもをかかえて空へ登ろのぼろうとしました。

そこへ、ほうろく売りうり帰っかえって来たのです。

一目で全てすべてをさとったほうろく売りうりは、お嫁さんよめさんに手をついてあやまりました。

「ま、待っまってくれ! わたしが悪かった。だから待っまってくれ!」

「いいえ! わたしは天の国へ戻りもどります! あなたに着物きものをとられて仕方しかたなくお嫁さんよめさんになりましたが、わたしは元々、

天女てんにょ

(てんにょ)です」

「すまない! あやまる! 今までに何度も返そかえそうと思っおもったが、お前おまえがどこかへ行っいってしまうのではないかと心配で、返すかえす返せかえせなかったんだ」

「言い訳は聞きききません。さようなら」

「たのむ! 何でもする。どんなつぐないでもする。だから、わたしをおいていかないでくれ!」

必死ひっしにあやまる男の姿に、心をうたれたお嫁さんよめさんは、

「・・・では、もし本当にわたしが大切たいせつなら、本当にわたしに会いあいたいのなら、

わらじ

を千足つくって天に登っのぼって来なさい。そうすれば親子おやこ三人、今まで通りとーり暮らすくらす事が出来るできるでしょう」

と、言ういうと、お嫁さんよめさん子どもこどもとともに、天高く登っのぼっていってしまいました。

「わらじを千足せんぞくだな。よし、つくってやる!」

ほうろく売りうりはお嫁さんよめさん会いあいたい一心いっしんで、毎日まいにち毎日まいにち、朝から晩までごはんも食べたべずにわらじをつくりました。

何日もかかって、やっと九百九十九足のわらじが出来できました。

(よし、あと一足ひとあしだ。あと一足で、あいつと子どもこども会えるあえるんだ)

そう思うおもうと、ほうろく売りうりはがまん出来できなくなり、一足いっそくたりないまま外へ飛び出すとびだすと天に向かっむかって、

「おーい、はやく迎えむかえてくれー!」

と、叫びさけびました。

すると天から、ひとかたまりの雲がおりてきました。

ほうろく売りうりがその雲に乗るのると、雲は上へ上へと登っのぼって行きました。

ところがわらじが一足いっそくたりないため、あと少しの所で天の国へ着くつくというのに、それっきり雲が動かうごかなくなりました。

「あっ、あなた、本当にてくれたのね」

天女てんにょ一生懸命いっしょーけんめいに手を振っふっているほうろく売りを見つけるみつけると、はたおりの棒を下へのばしました。

ほうろく売りうりはその棒につかまり、何とか雲の上くものうえ出るでることが出来できたのです。

さて、天女てんにょの家にはおじいさんとおばあさんがいて、赤ちゃんあかちゃんのおもりをしています。

「この人が、この子のお父さんおとーさんです」

天女てんにょはほうろく売りうりを、二人の前に連れつれて行きました。

でも二人は怖い顔で、ほうろく売りうりをにらみました。

何とかして、ほうろく売りうり追い返そおいかえそうと考えかんがえていたのです。

そこでほうろく売りうりにザルを渡しわたして、それで水をくんで来るように言いいいました。

穴のたくさん開いひらいたザルでは、水をくんで来る事が出来できません。

ほうろく売りうり困っこまっていると、お嫁さんよめさんはザルにあぶら紙をしいてくれました。

ほうろく売りうりはそれに水をくんで、二人のところへ持っもって行きました。

「うむ、人間にんげんにしてはなかなか知恵ちえがある。ほうびに、このウリをやろう。横に切っきっ食べろたべろ

そう言っいって、おじいさんはほうろく売りうりに大きなウリをくれました。

天の国では、ウリを縦に切っきっ食べたべます。

もし横に切っきったら、水がどんどんて来て止まらとまらなくなるのです。

そんな事とは知らしらないほうろく売りうりが、ウリを横に切っきったから大変たいへんです。

切り口きりくちから水が吹き出しふきだし止まらとまらなくなり、ほうろく売りうり天の川あまのがわ流さながされて、どんどん遠くとーく行っいってしまいました。

それをて、お嫁さんよめさん叫びさけびました。

「あなたーっ、父母ちちははを説得して、月に一度、水の流れながれ止めとめてもらいます。毎月まいつきの七日に会いあいてください」

ところがほうろく売りうりは、水の流れながれの音のために聞ききき違えちがえて、

「よし、わかった。毎年まいとし七月しちがつ七日だな」

と、言っいって、そのまま流さながされてしまいました。

こうして二人は、年に一回、七月しちがつ七日の七夕たなばたにしか会えあえなくなったという事です。

おしまい

たなばたのおりがみをつくろう

おりがみくらぶより


ほうる
売る
作る
フライパン
七月
山道
通りかかる
水浴び
見る
着物
置く
きれい
入れる
通り過ぎる
終える
戻る
シクシク
泣く
盗む
自分
着せる
連れる
帰る
美人
好き
嫁さん
子ども
生まれる
親子
暮らす
出かける
寝かせる
天井
あぶる
和紙
包む
包み
開く
入る
違い
ゆるす
着る
かかえる
登る
全て
さとる
あやまる
待つ
あなた
仕方
天女
返す
思う
お前
行く
返せる
聞く
たのむ
つぐなう
必死
大切
会う
わらじ
つくる
通り
出来る
言う
千足
一心
毎日
ごはん
食べる
かかる
一足
あいつ
会える
たりる
飛び出す
向かう
迎える
来る
叫ぶ
ひとかたまり
おりる
乗る
着く
動く
一生懸命
振る
見つける
のばす
つかまる
雲の上
出る
おじいさん
おばあさん
赤ちゃん
おもり
お父さん
にらむ
追い返す
考える
渡す
たくさん
困る
しいる
持つ
人間
知恵
ほうび
切る
くれる
止まる
知る
大変
切り口
吹き出す
天の川
流す
遠く
父母
流れ
止める
毎月
違える
わかる
毎年
七夕
たなばた
つくろう
くらぶ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.