muksi - story thumb

--:-- / --:--
金のとりい

金のとりい

日本の昔話

むかしむかし、

吉四六さん

言ういう、とてもとんちの出来るできる人がいました。

ある日の事、吉四六さんは村の家々いえいえをまわって頼みたのみました。

八幡やはたさまの木の

鳥居とりい(とりい)

が、古くなって壊れこわれそうじゃ。

みんなでいくらかずつを出し合っだしあって、金の鳥居とりいを寄付したいと思うおもうが。

どうだろうか?」

「それは良い考えかんがえだ。吉四六さんも、たまには良い事を言ういうの」

こうして村人むらびとたちは、吉四六さんにお金おかね預けあずけました。

さて、それからいく日もたたないうちに吉四六さんが、

「金の鳥居とりいが、出来できました」

と、ふれまわったので、

「ほう、ずいぶんと早くに出来できたな」

一体いったい、どんなに立派りっぱ鳥居とりいだろう?」

と、さっそく村人むらびとたちは、八幡やはたさまヘ出かけでかけて行きました。

ところが鳥居とりいはそのままで、どこにも金の鳥居とりいなんてありません。

「どういう事だ? 吉四六さんを呼んよんで訳を聞こきこう」

そこで呼ばよばれた吉四六さんが、やって来ると、

「ほら、ちゃんとそこに、金の鳥居とりい建てたててあるではないか」

と、みんなの足元あしもとを指差しさしました。

みんながてみると、そこには縫い物に使うつかう木綿もめん針で作っつくった小さな鳥居とりいが、ちょこんと置かおかれていたのです。

「なるほど、確かたしかにこれも、金の鳥居とりいだ。こりゃあ吉四六さんに、いっぱい食わさくわされたわ」

村人むらびとたちは、笑いわらいながら帰っかえって行きました。

おしまい


言う
出来る
家々
まわる
頼む
八幡
鳥居
壊れる
みんな
いくら
出し合う
思う
考え
村人
お金
預ける
ふれまわる
一体
立派
出かける
呼ぶ
聞く
建てる
足元
差す
見る
使う
木綿
作る
置く
確か
食わす
笑う
帰る

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.