muksi - story thumb

--:-- / --:--
くさい商法

くさい商法

江戸小話

むかしむかし、上野うえの忍ばしのばずの池の

弁天べんてん

(べんてん)さまが、久しぶりひさしぶりのお開帳(かいちょう→ふだんは見せみせない物を公開する事)という事になりました。

おかげで弁天べんてんさまのお堂がある小さな島は、朝早くから日暮れひぐれまで大変たいへん賑わいにぎわいです。

アメ屋に、だんご屋、おもちゃ屋などは当たり前あたりまえで、子どもこども名前なまえ木札きふだ彫り上げるほりあげるまい子まいこの札売りうりから、四六のガマの油売りうりに、松井まつい源水(まついげんすい→有名ゆーめいな、こま回し師)のこま回し。

少しはなれたところには、茶屋ちゃやもずらりと並んならんでいます。

これだけ人がいれば、トイレに困るこまるのは今もむかしも同じです。

ところがここは弁天べんてんさまの島なので、やたらに小便が出来できません。

これには特に、女の人が困っこまってしまいました。

さて、頭のいい男がこれをて、茶店ちゃみせの裏を借りかりて『貸しかし便所べんじょ』を開いひらいたのです。

これが大当たりおーあたりで、一回が五文(ごもん→百五十円ほど)の高い料金りょーきんでも、お客おきゃくがとぎれることがありません。

これを、お調子ちょーし者の太郎たろー作(たろうさく)がて、

「こいつは、うまい思いつきおもいつきだ。よし。おれも便所べんじょ作っつくって大もうけしよう」

と、さっそく家に帰っかえっ女房にょーぼーに相談しました。

「なあ、おれたちも貸しかし便所べんじょをやらねえか。一回十文でやれば、おおもうけだぞ」

すると女房にょーぼーは、あきれ顔で言いいいました。

「すでに一軒あるんだよ。今さらいまさら二軒目を立てたてたって、はやりっこないよ。ましてや、倍の十文じゃあねえ」

「なあに、商売はやりようさ。おれがやれば、五文を十文にしたって客が来るくるさ」

太郎たろー作は女房にょーぼーを無理矢理さそって、今ある便所べんじょのすぐ隣に、新しい十文の貸しかし便所べんじょ始めはじめました。

すると太郎たろー作の便所べんじょは大繁盛で、お客おきゃくがずらりと並んならん順番じゅんばん待ちが絶えたえません。

それに比べくらべ初めはじめからある隣の便所べんじょは、太郎たろー作の便所べんじょよりも料金りょーきんが安いのに入るはいる者がいません。

こうして夕方ゆーがたになると、太郎たろー夫婦ふーふは重たい銭箱(ぜにばこ)をかついで家に帰っかえったのです。

「どうだい、女房にょーぼー。おれの言っいっ通りとーり、倍の十文でも大繁盛だったろう」

太郎たろー作は、鼻高々はなたかだかです。

すると女房にょーぼーが、いかにも不思議ふしぎそうに言いいいました。

「それにしても、どうしてうちの方ばっかりに人がたんでしょうね? あっちは半値はんねの五文なのに」

「だから言っいったろう、商売はやりようだって。実はな、ちっとばかり頭を使っつかったんだ」

「あれ、お前おまえさんがかい? 一体、どんなやり方やりかただい?」

「商売をしている間、おれはいなかっただろう?」

「ああ、忙しい時に、どこへ行っいっていたんだい?」

「実は隣の便所べんじょに客が流れながれないよう、おれが隣の便所べんじょに一日中、入っはいっていたんだ」

♪ちゃんちゃん

(おしまい)


上野
忍ぶ
弁天
久しぶり
ふだん
見せる
おかげ
日暮れ
大変
賑わい
おもちゃ
当たり前
子ども
名前
木札
彫り上げる
まい子
売る
松井
まつい
有名
なれる
茶屋
並ぶ
トイレ
困る
出来る
見る
茶店
借りる
貸し
便所
開く
大当たり
料金
お客
とぎれる
調子
太郎
こいつ
思いつき
作る
帰る
女房
貸す
もうけ
あきれる
言う
今さら
立てる
はやる
なあに
はやり
来る
さそう
始める
順番
絶える
比べる
初め
入る
夕方
夫婦
かつぐ
通り
鼻高々
不思議
あっち
半値
使う
お前
やり方
行く
流れる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.