muksi - story thumb

--:-- / --:--
びょうぶのトラ

びょうぶのトラ

日本の昔話

むかしむかし、

一休いっきゅーさん

(いっきゅうさん)と言ういう、とんちで評判ひょーばん小僧こぞーさんがいました。

一休いっきゅーさんのとんちの評判ひょーばん聞いきいて、殿さまとのさまがお城に一休いっきゅーさんを招き入れまねきいれました。

「さっそくじゃが、そこにあるびょうぶのトラをしばりあげてくれぬか。

夜中やちゅーにびょうぶから抜け出しぬけだして悪い事ばかりするので、ほとほと困っこまっておったのじゃ」

もちろん、ひょうぶに描かえがかれた絵のトラがてくるなんて、うそに決まっきまっています。

しかし有名ゆーめい絵描きえかき描いえがいたのでしょうか、びょうぶに描かえがかれたトラはキバをむいて、今にも襲いかかっおそいかかってきそうでした。

「本当に、すごいトラですね。

それでは、しばりあげてごらんにいれます。

なわを、用意してください」

「おおっ、やってくれるか」

「はい。もちろんですとも」

一休いっきゅーさんはそう言ういうと、ねじりはちまきをして腕まくりうでまくりをしました。

そして家来けらい持っもってきたなわを受け取るうけとると、一休いっきゅーさんは殿さまとのさま頼みたのみました。

「それでは、トラをびょうぶから追い出しおいだしてください。

すぐに、しばってごらんにいれます」

それを聞いきい殿さまとのさまは、思わず言いいいました。

「何を言ういうか! びょうぶに描かえがかれたトラを、追い出せるおいだせるわけがなかろうが」

すると一休いっきゅーさんは、にっこり笑っわらっ言いいいました。

「それでは、びょうぶからはトラはて来ないのですね。

それを聞いきいて、安心しました。

いくらわたしでも、てこないトラをしばる事は出来できませんからね」

それを聞いきいて、殿さまとのさまは思わず手を叩きはたきました。

「あっぱれ! あっぱれなとんちじゃ! ほうびをつかわすから、また来るくるがよいぞ」

こうして一休いっきゅーさんはたくさんのほうびをもらって、満足そうにお寺おてら帰りかえりました。

おしまい


一休
きゅう
言う
評判
小僧
聞く
殿さま
招き入れる
びょうぶ
しばりあげる
夜中
抜け出す
困る
ょうぶに
描く
出る
決まる
有名
絵描き
襲いかかる
ごらん
いれる
おおう
ねじる
はちまき
腕まくり
家来
持つ
受け取る
頼む
追い出す
しばる
追い出せる
笑う
出来る
叩く
あっぱれ
ほうび
つかわす
来る
たくさん
もらう
お寺
帰る

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.