muksi - story thumb

--:-- / --:--
メンドリ小麦粒

メンドリ小麦粒

世界の昔話

むかしむかし、あるところに、一羽のメンドリがいました。

「ごちそうだよ。みんなおいで」

メンドリはいつも庭をつっついて、エサを見つけみつけてはヒヨコたちに食べたべさせていました。

ある日、メンドリは小麦こむぎ粒が落ちおちているのを見つけみつけました。

「これをまくと、たくさん小麦こむぎができるのよ。ふやしてから食べたべましょう」

メンドリは、大きな声で言いいいました。

小麦こむぎのタネをまくの。誰か、手伝ってつだってちょうだい」

でも、池で遊んあそんでいた

アヒル

は、

「ごめんよ、わたしはいそがしいんだから」

と、ことわりました。

ブタは、眠そうに目を開けあけましたが、

「あー、あー、あー」

あくびをしただけで、知らぬ顔しらぬかおです。

ひなたぼっこのネコも、首を振っふって。

「いま、用があるのよ」

誰も手伝ってつだってくれないので、メンドリは一人で小麦こむぎのタネをまきました。

やがて小麦こむぎが、たくさん実りみのりました。

そこでメンドリは、みんなを呼びよびました。

小麦こむぎを、かり取るとるの。誰か、手伝ってつだってちょうだい」

するとアヒルは、

「いま、泳ぎおよぎをならっているところ」

と、言いいいました。

ブタは、

「ぼく、今はごちそうを食べたべているので、いけないの」

ネコは、

「わたし、毛皮けがわをみがいているの。だめよ」

しかたなくメンドリは、1人でせっせと小麦こむぎをかり取りとり粉屋こなやさんに持っもって行きました。

間もなくメンドリは、まっ白まっしろになった粉の袋をかついで帰っかえってきました。

そして、大声おーごえ言いいいました。

「おいしいパンを焼くやくのよ。誰か、手伝ってつだってちょうだい」

すると、アヒルは、

「そんなめんどうな事は、大きらい」

ブタは、

「そんなしんどい事は、大きらい」

ネコは、

「そんなじゃまくさい事は、大きらい」

誰も、手伝ってつだってくれません。

しかたなくメンドリは、1人でパンを焼きやきました。

とってもいい香りかおりのパンが、焼きやき上がりあがりました。

「さあ、子どもこどもたち。パンを食べたべましょう」

メンドリとヒヨコたちがパンを食べたべ始めますと、みんなが集まっあつまってきました。

アヒルが、

「おいしそうね。そのパンを、わたしにもくださいな」

ブタが、

「うまそうだな。そのパンを、ぼくにもくださいな」

ネコが、

「いい香りかおりね。そのパンを、わたしにもくださいな」

すると、メンドリが言いいいました。

「いいですよ。このパンを作るつくるのを手伝ってつだってくれた人から、順番じゅんばんにあげます。さあ、誰が最初さいしょ手伝ってつだってくれましたか?」

それを聞いきいて、アヒルもブタもネコも、恥ずかしそうに帰っかえって行きました。

おしまい


メンドリ
みんな
おいで
つっつく
見つける
ヒヨコ
食べる
小麦
落ちる
たくさん
できる
ふやす
言う
手伝う
ちょうだい
遊ぶ
アヒル
ことわる
開ける
知らぬ顔
振る
実る
呼ぶ
かりる
取る
泳ぎ
ならう
いける
毛皮
みがく
しかた
粉屋
持つ
まっ白
かつぐ
帰る
大声
焼く
めんどう
きらい
香り
上がる
子ども
集まる
くださる
作る
順番
あげる
最初
聞く

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.