muksi - story thumb

--:-- / --:--
子育て幽霊

子育て幽霊

百物語

むかしむかし、ある村に、一軒のアメ屋がありました。

ある年の夏の事、夜も遅くなったので、

アメ屋さんがそろそろ店を閉めよしめようかと思っおもっていると、

トントントントン

と、戸を叩くたたく音がしました。

「はて、こんな遅くに誰だろう?」

と、アメ屋さんが戸を開けあけてみますと、一人の女の人が立ったっていました。

「あの、アメをくださいな」

「あっ、はい。少々お待ちを」

アメ屋さんは女の人が持っもってきたうつわに、つぼから水アメをすくって入れいれました。

「へい。一文いちぶん(いちもん→30円ほど)いただきます」

「ありがとう」

女の人はお金おかね払うはらうと、消えるきえるように行っいってしまいました。

その次の日。

今日きょーもアメ屋さんが戸締まりとじまりをしようと思っおもっていると、また戸を叩くたたく音がします。

「あの、アメをくださいな」

やはり、あの女の人でした。

女の人は昨日きのーと同じようにアメを買うかうと、スーッと、どこかへ帰っかえって行きます。

それから毎晩まいばん、女の人は夜ふけよふけになるとアメを買いかいました。

次の日も、その次の日も、決まっきまっ夜ふけよふけ現れあらわれてはアメを買っかって行くのです。

さて、ある雨の夜。

この日は隣村りんそんのアメ屋さんが訪ねたずねて来て、色々と話し込んはなしこんでいたのですが、

「あの、アメをくださいな」

と、いつものように現れあらわれた女の人をて、隣村りんそんのアメ屋さんはガタガタ震えふるえ出したのです。

「あ、あ、あの女は、ひと月ひとつきほど前に死んしんだ、松吉まつよし(まつきち)のかかあにちげえねえ」

「えっ!」

二人は、顔を見合わせみあわせました。

死んしんだはずの女の人が、夜な夜なアメを買いかい来るくるはずはありません。

しかし隣村りんそんのアメ屋は、間違いまちがいないと言いいいます。

そこで二人は、女の後をつけてみることにしました。

アメを買っかった女の人は林を抜けぬけ隣村りんそんへと歩いあるいていきます。

その場所ばしょは、

「はっ、墓だ!」

女の人は墓場はかばの中に入っはいっていくと、スーッと煙のように消えきえてしまったのです。

「お、お化けおばけだー!」

二人はお寺おてら駆け込むかけこむと、

和尚おしょー

(おしょう)さんにこれまでの事を話しはなしました。

しかし和尚おしょーさんは、

「そんな馬鹿ばかな事があるものか。きっと、何かの間違いまちがいじゃろう」

と、言いいいましたが、二人があまりにも真剣しんけんなので、仕方しかたなく二人と一緒に墓場はかば行っいってみる事にしました。

すると、

オンギャー、オンギャー

と、 かすかに赤ん坊あかんぼー泣き声なきごえ聞こえきこえてきます。

声のする方へ行っいってみると、

「あっ、人間にんげん赤ん坊あかんぼーじゃないか! どうしてこんなところに?!」

和尚おしょーさんが

ちょうちん

明かりあかりをてらしてみると、そばに手紙てがみがそえられています。

それによると、赤ん坊あかんぼー捨て子すてごでした。

手紙てがみによると、捨てすてられたのは数日前。それから何日もたつのに、

どうして生きいきられたんじゃ?」

ふと見るみると、あの女の人が毎晩まいばんアメを買っかっていったうつわが、

赤ん坊あかんぼーの横に転がっころがっていたのです。

そして、赤ん坊あかんぼー捨てすてられたそばの墓を見るみると。

「おお、これはこの前に死んしんだ、松吉まつよし女房にょーぼーの墓じゃ!」

何と幽霊ゆーれいが、人間にんげん子どもこども育てそだてていたのです。

「なるほど、それでアメを買いかいたんだな。

それも自分じぶんの村では顔を知らしられているので、わざわざ隣村りんそんまで」

きっと自分じぶんの墓のそばに捨てすてられた赤ん坊あかんぼーを、見るみる見かねみかねたにちがいありません。

和尚おしょーさんは心を打たうたれて、松吉まつよし女房にょーぼーの墓に手を合わせあわせました。

「やさしい仏さまじゃ。この子はわしが育てるそだてるに、安心してくだされよ」

こうしてお墓に捨てすてられた赤ん坊あかんぼーは、和尚おしょーさんにひきとられました。

それからあの女の人がアメ屋さんに現れるあらわれる事は、もう二度となかったそうです。

おしまい


閉める
思う
叩く
開ける
立つ
くださる
持つ
うつわ
すくう
入れる
一文
いただく
お金
払う
消える
行く
今日
戸締まり
昨日
買う
帰る
毎晩
夜ふけ
来る
決まる
現れる
隣村
訪ねる
話し込む
見る
ガタガタ
震える
ひと月
死ぬ
松吉
かかる
見合わせる
間違い
言う
つける
抜ける
歩く
場所
墓場
入る
お化け
お寺
駆け込む
和尚
話す
馬鹿
真剣
仕方
オンギャー
かすか
赤ん坊
泣き声
聞こえる
人間
ちょう
明かり
てらす
手紙
そえる
捨て子
捨てる
生きる
転がる
女房
幽霊
子ども
育てる
自分
知る
見かねる
ちがう
打つ
合わせる
ひきとる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.