muksi - story thumb

--:-- / --:--
カッパと寿円禅寺

カッパと寿円禅寺

日本の民話

むかしむかし、ひどい日照りひでり続いつずいて、田んぼたんぼも畑も枯れかれ果てはててしまいました。

こまったのは、人間にんげんだけではありません。

竜が淵(りゅうがふち)に住んすんでいた

カッパ

も、日照りひでりで魚が死にしにたえてしまったので食べるたべる物がありません。

空腹くーふくにたえきれなくなったカッパは、悪いとは思いおもいつつ、近くちかくの自住禅寺(じしゅうせんじ)の放生ほーじょー池(ほうしょういけ)のコイを一匹、食べたべてしまいました。

この頃、近くちかくの鐘乳洞(しょうにゅうどう)に自住禅寺の寿円禅師ぜんじ(じゅえんぜんじ)が入っはいって、苦しむくるしむ

百姓ひゃくしょー

(ひゃくしょう)たちを救うすくうために雨乞いあまごい(あまごい)のお祈りをはじめていました。

これをたカッパは、

「わしが池のコイを食べたべたので、のろい殺そころそうというのじゃな」

と、勘違いして、あれこれとお祈りのじゃまを始めはじめました。

しかし禅師ぜんじ(ぜんじ)は気にもとめず、一心にお祈りを続けつずけました。

「この坊さんぼーさん他人たにんのためにここまでするとは」

心をうたれたカッパはいつしか禅師ぜんじ弟子でしとなり、禅師ぜんじのお手伝いてつだいをするようになりました。

そしていよいよ満願まんがん(まんがん)の朝、禅師ぜんじ祈りいのりが天に通じつーじたのか、どこからともなく黒雲くろくもが姿を現しあらわして、雷をともなう大雨おーあめとなったのです。

「御仏(みほとけ)は、わたしの願いねがいをお聞きききくだされた!」

禅師ぜんじは、よろめく足で鍾乳洞しょーにゅーどーからて行きました。

弟子でしとなったカッパも、

「これで、わしの罪(つみ)もゆるされよう」

と、禅師ぜんじ続いつずいてみると、禅師ぜんじが竜が淵の一枚岩いちまいいわ(いちまいいわ)の上に立ったっていたのです。

実は雨乞いあまごい願いねがいがかなえられた禅師ぜんじは、そのお礼に自分じぶんの命を天にささげようとしたのです。

(あぶない!)

カッパは駆け出しかけだしましたが、禅師ぜんじはそのまま淵に身を投げなげてしまいました。

カッパは禅師ぜんじをお助けたすけしようと淵に飛び込みとびこみましたが、さすがのカッパも大雨おーあめ濁流だくりゅー(だくりゅう)ではうまく泳げおよげません。

カッパは濁流だくりゅーにのみこまれながらも、禅師ぜんじ助けよすけようとがんばりました。

岩肌いわはだに体をぶつけ、大切たいせつな頭の皿も割れわれてしまいましたが、カッパは最後さいごの力をふりしぼって禅師ぜんじの体を何とか川岸かわぎし引き上げひきあげました。

禅師ぜんじさま! 禅師ぜんじさま、ご無事ぶじですか!」

しかしすでに、禅師ぜんじは息絶えたえていました。

「そんな・・・」

そしてカッパも力つきちからつきて、そのまま川下かわしも流さながされてしまいました。

やがてこの事を知っしっ村人むらびとたちは、禅師ぜんじ遺体いたい(いたい)を荼毘だび(たび)にふすと共に、このけなげなカッパを『禅師ぜんじ河童かっぱ(ぜんじかっぱ)』とたたえて、手厚(てあつ)くとむらったそうです。

おしまい


日照り
続く
田んぼ
枯れる
果てる
こまる
人間
りゅう
住む
カッパ
死ぬ
たえる
食べる
空腹
思う
近く
せんじる
放生
ょういけ
禅師
ゅえんぜんじ
入る
苦しむ
百姓
救う
雨乞い
見る
殺す
あれこれ
じゃま
始める
もとめる
続ける
坊さん
他人
弟子
手伝い
満願
まんが
祈り
通じる
黒雲
現す
ともなう
大雨
とける
願い
聞く
くだされる
よろめく
鍾乳洞
出る
ゆるす
一枚岩
立つ
かなえる
自分
ささげる
駆け出す
投げる
助け
飛び込む
濁流
泳げる
のみこむ
助ける
がんばる
岩肌
ぶつける
大切
割れる
最後
ふりしぼる
川岸
引き上げる
無事
絶える
力つきる
川下
流す
知る
村人
遺体
荼毘
けなげ
河童
かっぱ
たたえる
とむらう

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.