muksi - story thumb

--:-- / --:--
コイのお腹から出た黄金の鏡

コイのお腹から出た黄金の鏡

日本の民話

むかしむかし、高知こーちのある村に、高見たかみ亀居(たかみかめおり)という侍が住んすんでいました。

亀居(かめおり)は釣りつり大好きだいすきで、浅吉あさきち(あさきち)と勘六(かんろく)という二人の使用人しよーにんに魚を入れるいれるかごとお酒が入っはいったひょうたんを持たもたせては、近くちかくの川へ釣りつり出かけでかけました。

ある日の事、年を取っとっ浅吉あさきち言いいいました。

「だんなさま。今日きょーは、ピクリともませんな」

「ふむ。酒もなくなった事だし、帰るかえるとするか」

亀居が言ういうので、浅吉あさきち帰り支度かえりじたくをはじめました。すると勘六かんろく持っもっていたさおが、急に激しく引っぱらひっぱられたのです。

「おおっ! かかった、かかった! だんなさまー!」勘六かんろくの声に、亀居は急いいそいでさおを引き取りひきとりました。 「よくやった。これは大物おーものじゃ。しかし、なかなかの強敵きょーてきじゃ」

力まかせちからまかせ釣りあげれつりあげれば、釣り糸つりいと切れるきれるか、さおが折れおれてしまいます。 そこで亀居は辛抱強く、相手あいて弱るよわるのを待ちまちました。

やがて姿を現しあらわした魚は、五、六十センチほどの大きなコイでした。

亀居が手元てもとまで上手じょーず引き寄せるひきよせると、勘六かんろくがアミですくって岸へあげました。

いつの間にか日は暮れくれていましたが、不思議ふしぎな事に、かごの中に入れいれたコイのうろこが月の光にキラキラと輝いかがやいて、ちょうちんの様に足元あしもとを明るく照らしてらしてくれるのです。

そして家に帰るかえると亀居は、さっそくコイを勘六に料理をさせました。

すると、コイのお腹おなか開いひらい勘六かんろくが、「あっ!」と、声を上げあげました。なんとコイのお腹の中はらのうちから、小さな手鏡てかがみてきたのです。

「だんなさま、これを」  勘六かんろくはあわてて、その手鏡てかがみを亀居のところへ持っもっていきました。

「これは、すごい!」 その手鏡てかがみの裏は黄金おーごん出来できていて、そこから発するはっするまばゆい光りひかり部屋へや中を明るくしたのです。

亀居は、この不思議ふしぎ手鏡てかがみ家宝かほーとして、とても大切たいせつにしたそうです。

おしまい


高知
高見
たかみ
かめる
住む
釣り
大好き
浅吉
使用人
入れる
入る
ひょうたん
持つ
近く
出かける
取る
言う
だんな
今日
ピクリ
来る
なくなる
帰る
帰り支度
はじめる
勘六
引っぱる
おおう
かかる
急ぐ
引き取る
大物
強敵
力まかせ
釣りあげる
釣り糸
切れる
折れる
相手
弱る
待つ
現す
手元
上手
引き寄せる
すくう
あげる
暮れる
不思議
うろこ
輝く
ちょう
足元
照らす
お腹
開く
上げる
腹の中
手鏡
出る
あわてる
黄金
出来る
発する
光る
部屋
家宝
大切

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.