muksi - story thumb

--:-- / --:--
娘にばけた花の精

娘にばけた花の精

日本の民話

むかしむかし、越中えっちゅーの国(えっちゅうのくに→富山とやま県)には、長棟(ながと)の鉛山なまりやま(えんざん)と呼ばよばれる鉱山こーざん(こうざん)がありました。

毎日まいにちたくさんの鉛(なまり)が掘り出さほりだされて、それを富山とやま(とやま)まで運ぶはこぶウシの行列(ぎょうれつ)がどこまでも続いつずいたと言わいわれています。

何しろここで取れとれた鉛は江戸えど(えど)へ送らおくられて色々いろいろな物に使わつかわれるので、いくら掘っほってもすぐに売れうれてしまうのです。

ですから鉛山なまりやまの町では毎晩まいばんのように宴会えんかい(えんかい)が開かひらかれて、飲めのめ歌えうたえの大騒ぎです。

ある晩も、鉱山こーざん働くはたらく人たちの親方おやかた集まっあつまって、料理屋で宴会えんかい開いひらいていました。

宴会えんかいには三味線しゃみせん合わせあわせ踊っおどったり歌っうたったりする女の人や、お酌をする女の人もたくさんいて、いよいよにぎやかになっていきました。

するとそこへ美しい三人の娘が現れあらわれて、ゆっくりと踊りおどり始めました。

一番いちばん年上としうえらしい娘はまっ白まっしろ着物きものて、それより三つみっつばかり若い娘は薄紫うすむらさき着物きものをきています。

一番いちばん年下とししたらしい娘はあわい紅色こーしょく着物きものており、広間ひろまはまるで三つみっつの美しい花が咲いさいた様です。

娘たちは自分じぶんたちで歌を歌いうたいながら、まるでチョウチョが飛び交うとびかう様に舞いまい続けます。

その美しさに、酒に酔っぱらっよっぱらっ大声おーごえ騒いさわいでいた男たちも、みんな黙っだまっ見とれみとれてしまいました。

(なんて、きれいな娘たちだ)

(あの踊りおどりの素晴らしい事。まるで風に舞うまう花びらはなびらだ)

やがて親方おやかたの一人が、料理屋のおかみさんに尋ねたずねました。

田舎いなかの山の中に、こんなきれいな娘がいるなんて信じしんじられん。どこの娘たちだ?」

「はあ、それが・・・」

不思議ふしぎな事におかみさんは、娘たちを知らしらないと言ういうのです。

やがて娘たちの歌ううたう歌に合わせあわせて、三味線しゃみせんがひかれました。

三人の娘たちは一段と輝いかがやいて、だれ一人席を立つたつ者がありません。

ところがさっきまで酔い潰れよいつぶれてねむっていた男が、ふと目を覚ましさましました。

男はふいに立ち上がるたちあがると、娘の手をつかんで言いいいました。

「おれのさかずきに、酒をついでくれ」

びっくりした娘はその手をさっと離しはなしましたが、男はなおも娘のそばへ行きいき今度こんど両手りょーてで娘を抱きいだきかかえました。

「こら、何をする!」

お客おきゃくの一人が怒鳴りどなりましたが、それでも男は手を離しはなしません。

するとその時、まっ白まっしろ着物きもの踊っおどっていた娘が、持っもっていた扇をさっと男に投げなげました。

バチン!

「いてえ、何をする!」

男は娘を離しはなして、扇を投げなげた娘の方に向き直りむきなおりました。

そのとたん、三人の娘の姿がフッと消えきえたのです。

「・・・あれ?」

「おい。今の娘たちは、どこへ消えきえたんだ?」

客の何人かがあわてて外へてみましたが、どこへ消えきえたのか娘たちの姿はありません。

後になって土地とち言い伝えいーつたえ調べしらべてみると、この三人の娘は山神さんじんさまにささげる三薬草やくそー(さんやくそう)の化身けしん(けしん→神さまかみさま化けばけたもの)で、水芭蕉みずばしょー(みずばしょう)、柳蘭(やなぎらん)、くがい草いぐさの精だと言ういうことでした。

三人の精たちは町がにぎやかになったので、つい人間にんげんの娘になって姿を現しあらわしたと言ういう事です。

でも、あの酔っぱらいよっぱらいのせいで、それからは二度と現れあらわれなかったと言ういうことです。

おしまい


越中
富山
鉛山
呼ぶ
鉱山
毎日
たくさん
なまる
掘り出す
運ぶ
うれる
続く
言う
取れる
江戸
送る
色々
使う
掘る
売れる
毎晩
宴会
開く
飲む
歌える
働く
親方
集まる
三味線
合わせる
踊る
歌う
にぎやか
現れる
一番
年上
まっ白
着物
着る
三つ
薄紫
年下
紅色
広間
咲く
自分
チョウチョ
飛び交う
舞う
酔っぱらう
大声
騒ぐ
みんな
黙る
見とれる
きれい
踊り
花びら
おかみ
尋ねる
田舎
信じる
不思議
かみさん
知る
輝く
だれる
立つ
酔い潰れる
ねむる
覚ます
立ち上がる
つかむ
さかずき
離す
行く
今度
両手
抱く
かかえる
お客
怒鳴る
持つ
投げる
バチン
向き直る
消える
あわてる
出る
土地
言い伝え
調べる
山神
ささげる
薬草
やくす
化身
神さま
化ける
水芭蕉
い草
人間
現す
酔っぱらい

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.