muksi - story thumb

--:-- / --:--
つかの間の二万両

つかの間の二万両

江戸小話

ある田舎いなかに、とても貧乏びんぼーな男がいました。

いくら働いはたらいてもお金おかねがたまらないので、男はおかみさんを家に残しのこし江戸えどかせぎにいきました。

何年も頑張っがんばっ働きはたらきましたが、けれどお金おかね貯まりたまりません。

「どうしたものか。何か一儲けもーけ出来できないかな?」

男は考えかんがえ考えかんがえて、ある名案めいあん思いつきおもいつきました。

「そうだ。江戸えどにはこんなに人がいるのだから、漬けつけ物だってそうとうに食うくうだろう。

漬けつけ物作りには、漬けつけ物石がかかせん。

よし、漬けつけ物石を売りうり歩こあるこう」

漬けつけ物石にする石は、川に行けいけばいくらでも転がっころがっています。

元がただだから、もし売れれうれればぼろもうけです。

男はさっそく、元手もとでいらずの商売をはじめました。

けれどやっぱり、漬けつけ物石はさっぱり売れうれません。

困っこまったな。もう一文いちぶん残っのこっていないし。・・・ええい、こうなればもうやぶれかぶれだ!」

男は拾っひろってきた石の中からきれいなのを選んえらんで、ていねいにふろしきに包むつつむと、立派りっぱ宿屋やどやにあがり込みました。

やけを起こしおこした男はここでさんざん贅沢ぜいたくをしてから、宿代をふみ倒したおし逃げるにげるつもりです。

「おほん。これは大事だいじな物だから、決して誰もさわらんでもらいたい」

男は石の入っはいったふろしき包みつつみ床の間とこのま置くおくと、酒とごちそうをたらふく食べたべました。

さて次の朝。

男が朝風呂あさぶろ入っはいっている間に、宿のおかみさんが掃除にきました。

そして床の間とこのまのふろしき包みつつみを、置きかえよおきかえようとしたときです。

むすび目がとけて、中の石がゴロッと転がりころがりました。

するとその石が朝日あさひを反射して、ピカピカと光り輝くひかりかがやくではありませんか。

おかみさんはビックリして、すぐさま主人しゅじん知らせしらせました。

お客おきゃくさんが、大きな金剛石こんごーせき(こんごうせき→ダイヤモンド)をお持ちもちです。是非ともゆずり受けうけて、家の宝物ほーもつにしましょう」

金剛石こんごーせきか! よしわかった」

主人しゅじんはさっそく、男に頼みたのみました。

お客おきゃくさま。どうかお持ちの石を、千両せんりょー(せんりょう→七千万円)でおゆずりください」

「はあ?」

男は、あっけにとられました。

ただで拾っひろってきた石ころいしころ千両せんりょーだなんて、いくらなんでも高すぎます。

「そんな値段ねだんでは、とても売れうれません」

男は正直しょーじきに、『これは拾っひろってきた物です』と言ういうつもりでしたが、主人しゅじん勝手かってに勘違いして値をつりあげました。

「では、一万両(→七億円)ではいかがでしょう?」

「いやいや、だから、そんな値段ねだんではとても」

男がうろたえると、主人しゅじんはますます勘違いして、

「それでは思い切っおもいきって、二万両(→十四億円)でどうでしょう?」

と、大変たいへんな値をつけました。

「よし、売っうった!」

男は大喜びよろこびで二万両を受け取るうけとると、大急ぎおーいそぎ我が家わがや帰りかえりました。

ところが家は空っぽからっぽで、誰もいません。

「おかしいな。あいつ、どこへ行っいったんだ?」

いつまで待っまってもおかみさんが帰っかえってこないので、男が近所きんじょの人に話を聞くきくと、何とおかみさんは男が出かけでかけた後に急な病で死んしんでしまい、今はお墓に入っはいっているとの事です。

「何だ、せっかく大金持ちおーがねもちになって帰っかえってきたというのに。・・・せめて、墓まいりをしてやろう」

男がお墓にいくと、草がぼうぼうです。

「まずは、草むしりくさむしりだ」

男が草をむしりはじめると、

「いたたたたっ」

と、声がしました。

「へんだなあ? 草がものを言ういうわけがないし、気のせいだろう。もっとまとめて引っこ抜いひっこぬいてやるか」

男がひとまとめにした草を、力まかせちからまかせ引き抜こひきぬこうとすると、

お前おまえさん! あたしの大事だいじ髪の毛かみのけ抜いぬいて、どうする気だい! ねぼけないでおくれ」

と、聞き覚えききおぼえのある、おかみさんの声がしました。

「あれ? おれのかみさんは、とっくに死んしんだはずだが?」

男が目をこすって見回すみまわすと、そこは我が家わがやのえんがわでした。

「あちゃー。どうりで話がうますぎると思っおもったら、昼寝の夢か」

男はあくびまじりに、大きなためいきをつきました。

♪ちゃんちゃん

(おしまい)


田舎
貧乏
働く
お金
かみさん
残す
江戸
出る
かせぐ
頑張る
貯まる
儲け
出来る
考え
考える
名案
思いつく
漬け
食う
売る
歩く
行く
いくら
転がる
売れる
もうける
元手
はじめる
困る
一文
残る
やぶれる
かぶれ
拾う
きれい
選ぶ
ていねい
ふろしき
包む
立派
宿屋
あがる
起こす
贅沢
倒す
逃げる
大事
さわる
入る
包み
床の間
置く
食べる
朝風呂
置きかえる
むすぶ
とける
ゴロッ
朝日
光り輝く
主人
知らせる
お客
金剛石
うせる
ダイヤモンド
持つ
ゆずる
受ける
宝物
わかる
頼む
千両
りょう
あっけ
石ころ
値段
正直
言う
勝手
つりあげる
いかが
うろたえる
思い切る
大変
つける
喜び
受け取る
大急ぎ
我が家
帰る
空っぽ
あいつ
待つ
おかみ
近所
聞く
出かける
死ぬ
大金持ち
まいる
してやる
草むしり
むしる
まとめる
引っこ抜く
ひとまとめ
力まかせ
引き抜く
お前
あたし
髪の毛
抜く
ねぼける
おくる
聞き覚え
こする
見回す
思う
まじる
ためいき

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.