muksi - story thumb

--:-- / --:--
米のご飯を腹一杯

米のご飯を腹一杯

日本の昔話

むかしむかし、吉四六さんと言ういう、とてもゆかいな人がいました。

吉四六さんは、いばっている人が大嫌いだいきらいで、そんな人は得意とくいのとんちでやっつけたりしますが、貧しい人や困っこまっている人にはとても親切しんせつな人でした。

ある時、吉四六さんは近所きんじょの貧しい家の子どもこども預かりあずかりました。

「なあ、坊主ぼーずお前おまえ一番いちばん望みのぞみは何だい?」

吉四六さんが尋ねるたずねると、子どもこども言いいいました。

「ああ、おら、一度でいいから、米のご飯ごはん食べたべてみてえ」

それを聞くきくと吉四六さんは、何とかしてお米のごはんを食べたべさせてやりたいと思いおもいました。

でも、その頃のお百姓ひゃくしょーさんは貧乏びんぼーで、食べ物たべものはアワかムギのおかゆで、お米のご飯ごはんは、お祭りまつり祝い事いわいごとなどの特別とくべつな時しか食べるたべる事が出来できませんでした。

弱っよわったなあ。お祭りまつりは、まだまだねえし」

そこで次の朝、吉四六さんはわざと外へ行くいくとすぐ戻っもどって来て、おかみさんに言いいいました。

「実は、今日きょーは村のみんなで、壊れこわれた道を直すなおす事になった。だから早く弁当べんとー作っつくってくれ」

村の仕事で出かけるでかけるとなると、弁当べんとー作らつくらないわけにもいきません。

それにみんなと一緒に食べるたべるのですから、アワやムギでは恥ずかしいので、おかみさんはとっておきのお米を炊いたい弁当べんとー箱に詰めつめ、干し魚もたくさん入れいれてあげました。

「ありがとよ」

吉四六さんは弁当べんとー持っもって、あわてて家を飛び出しとびだして行きました。

ところがしばらくすると、がっかりした顔で帰っかえってきたのです。

「まったく、しょうのない話だ。せっかく弁当べんとー持っもって行ったのに、急に仕事が取り止めとりやめになった。もう少し早く教えおしえてくれれば 弁当べんとーなんか作らつくらずにすんだものを」

吉四六さんは、わざと怒っおこったふりをしました。

それから急に、やさしい顔になって言いいいました。

「しかし、せっかくの弁当べんとー捨てるすてるわけにもいかん。どうだろう、この弁当べんとーをあの子に食わくわせてやっては? きっと喜ぶよろこぶぞ」

するとおかみさんは、ようやく吉四六さんのやろうとしていた事いたこと分かっわかって、

「ええ。そうしてあげましょう」

と、にっこり微笑みほほえみました。

「あはは。まったく、お前おまえはいい嫁さんよめさんだ」

そこで吉四六さんは、さっそく子どもこども起こしおこしてくると、

「ほら、米のご飯ごはんだ。これは全部ぜんぶお前おまえ食っくってもいいんだぞ」

と、言っいって、腹一杯はらいっぱい米のご飯ごはん弁当べんとー食べたべさせてあげました。

「おいしい! おいしい!」

夢中むちゅー弁当べんとー食べたべている子どもこどもながら、吉四六さんとおかみさんは顔を見合わせみあわせて、

「よかった、よかった」

と、言いいいました。

おしまい


言う
かいな
いばる
大嫌い
得意
やっつける
困る
親切
近所
子ども
預かる
坊主
お前
一番
望み
尋ねる
ご飯
食べる
聞く
ごはん
思う
百姓
貧乏
食べ物
おかゆ
祭り
祝い事
特別
出来る
弱る
来る
行く
戻る
おかみ
今日
みんな
壊れる
直す
弁当
作る
出かける
いきる
かみさん
炊く
詰める
たくさん
入れる
持つ
あわてる
飛び出す
帰る
取り止める
教える
怒る
捨てる
食う
喜ぶ
いた事
分かる
微笑む
嫁さん
起こす
全部
腹一杯
夢中
見る
見合わせる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.