muksi - story thumb

--:-- / --:--
イヌ飼い七夕

イヌ飼い七夕

日本の昔話

むかしむかし、あるところに、一人の犬飼いかいがいました。

飼いかいとは、狩りかり使うつかう猟犬りょーけん育てるそだてる仕事です。

ある日の事、犬飼いぬかいいがお気に入りおきにいりの犬を連れつれて池のそばを通るとーると、犬が急に吠えほえ出したのです。

「こら、いったいどうした? ・・・あっ!」

見るみると、美しい娘が池で水浴びみずあびをしているではありませんか。

「こんな美しい娘、今までたことがない。

あれはきっと、うわさに聞いきい

天女てんにょ

(てんにょ)だな。

天女てんにょなら、きっとどこかに

羽衣はごろも

(はごろも)を脱いぬいでいるはず」

犬飼いぬかいいは、犬に命じめいじました。

「早く、あの天女てんにょ羽衣はごろも探し出せさがしだせ

さて、しばらくして天女てんにょが池からあがってきましたが、どうした事か大切たいせつ羽衣はごろもがどこにも見当たりみあたりません。

犬飼いぬかいいが、羽衣はごろも隠しかくしてしまったからです。

羽衣はごろもがなければ、天女てんにょは天へ戻れもどれません。

「どうしよう・・・」

天女てんにょ困っこまっていると、犬飼いぬかいいが現れあらわれ言いいいました。

「お困りこまりの様だが、どうしました?」

「はい、実は・・・」

天女てんにょ事情じじょー話すはなすと、犬飼いぬかいいが言いいいました。

「それなら羽衣はごろも見つかるみつかるまで、わしの家にいればいい」

こうなれば、仕方しかたありません。

行くいくところのない天女てんにょは、犬飼いぬかいいの家に行きいきました。

そして、犬飼いぬかいいのお嫁さんよめさんになったのです。

二人が仲良く暮らしくらして、数年がたちました。

ところがある日、嫁になった天女てんにょ隠しかくしてあった羽衣はごろも見つけみつけてしまったのです。

「ひどい! あんまりだわ!」

天女てんにょはすぐに羽衣はごろもを身につけると、空高く舞い上がっまいあがって行きました。

それに気づいきずい犬飼いぬかいいは、

待っまっておくれ! 行かいかないでおくれ!」

と、声を張り上げはりあげましたが、天女てんにょはそのまま空の向こうむこー消えきえてしまいました。

嫁さんよめさん天女てんにょがいなくなってから、犬飼いぬかいいは毎日まいにち毎日まいにち天女てんにょの事を考えかんがえていました。

「どうすれば、妻を連れ戻せるつれもどせるだろうか? どうすれば・・・」

そこで犬飼いかいは、占い師うらないしのおばあさんのところへ相談に行きいきました。

すると占い師うらないしは、こう言いいいました。

連れ戻すつれもどす事は出来できないよ。だが、お前おまえの方から訪ねたずねて行けばいい」

訪ねたずねて行けと言っいっても、どうやって天に行けいけば良いのだ?」

「それは簡単かんたんさ。

天女てんにょの所へ行くいくには、一晩で百足むかで

わらじ

作れつくれば良い。

その百足むかでのわらじを土に埋めうめて、その上にヘチマの種をまいてごらん」

それを聞いきい犬飼いぬかいいは、さっそく家に帰るかえるとわらじを作りつくり始めました。

(妻よ、待っまっていろよ。必ず迎えむかえ行くいくからな)

百足むかでのわらじを作るつくる事は、とても大変たいへんな事です。

犬飼いぬかいいは休むやすむ事なく、わらじを作りつくり続けました。

でも夜が明けあけた時には、九十九足しか出来上がっできあがっていませんでした。

「九十九足しかないが、百足むかでとは、あまり変わるかわるまい」

そして占い師うらないし言葉ことば通りに、わらじを土に埋めうめてヘチマの種をまくとどうでしょう。

ヘチマのつるがドンドンドンドン伸びのびて、今にも天に届きとどきそうになりました。

「よし、お前おまえ付いついて来い」

犬飼いぬかいいは犬と一緒に、ヘチマのつるを登っのぼって行きました。

「もう少しだ。もう少しで妻に会えるあえるぞ」

けれど、もう少しで天に届くとどくところで、ヘチマのつるは伸びるのびるのを止めとめてしまったのです。

「何という事だ。わらじが一足いっそく、たりないばかりに!」

犬飼いぬかいいがくやしがっていると、後から付いついて来た犬が犬飼いぬかいいの頭をピョンと飛び越えとびこえて、天へ飛び上がっとびあがったのです。

そして犬は、犬飼いかいにお尻を向けるむけると、

「それ、だんなさま」

と、長い尻尾しっぽをたらしてくれました。

「ありがたい」

犬飼いぬかいいは犬の尻尾しっぽをつかむと、何とか天にたどり着きたどりつきました。

その後そのご犬飼いぬかいいは彦星ひこぼしに、お嫁さんよめさん天女てんにょ織姫おりひめになったという事です。

おしまい

たなばたのおりがみをつくろう

おりがみくらぶより


飼う
狩り
使う
猟犬
育てる
犬飼
お気に入り
連れる
通る
吠える
見る
水浴び
聞く
天女
羽衣
脱ぐ
命じる
探し出す
あがる
大切
見当たる
隠す
戻れる
困る
現れる
言う
事情
話す
見つかる
仕方
行く
ところ
嫁さん
暮らす
見つける
つける
舞い上がる
気づく
待つ
おくる
張り上げる
向こう
消える
毎日
考える
連れ戻せる
占い師
おばあさん
連れ戻す
出来る
お前
訪ねる
簡単
百足
わらじ
作る
埋める
ヘチマ
ごらん
帰る
迎える
大変
休む
明ける
出来上がる
変わる
言葉
伸びる
届く
付く
登る
会える
止める
一足
たりる
ピョン
飛び越える
飛び上がる
向ける
だんな
尻尾
たらす
つかむ
たどり着く
その後
彦星
織姫
たなばた
つくろう
くらぶ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.