muksi - story thumb

--:-- / --:--
豊田佐吉のはたおり機

豊田佐吉のはたおり機

日本の民話

今では世界せかいのトヨタとして、多くおーく自動車じどーしゃ作るつくるトヨタ自動車とよたじどーしゃ株式会社かぶしきがいしゃですが、これはそのトヨタが誕生する前の、初めはじめ初めはじめのお話しです。

むかし、遠江とーとーみ(とおとうみ→静岡しずおか県)の山口やまぐち村に、豊田とよだ佐吉さきち(とよださきち)という、貧しい大工だいく息子むすこがいました。

まだ小学校しょーがっこーを卒業したばかりの十二才ですが、佐吉さきち家計かけい助けるたすけるためにお父さんおとーさんの仕事を手伝いてつだいするようになりました。

ある日の夜遅く、はたおりをしていたお母さんおかーさん佐吉さきちにたずねました。

「おや? 佐吉さきち。どうしたね。また、お父さんおとーさんにしかられたか? お父さんおとーさんは、きびしい人だからね。でもね、つらくてもがんばるんだよ。お父さんおとーさんは、お前おまえ立派りっぱ大工だいくにしたいんだからね」

そう言ういうお母さんおかーさんの手は、バッタン、バッタンと、はたおり機を忙しく動かしうごかしています。

それをしばらくていた佐吉さきちは、お母さんおかーさんにたずねました。

「ねえ、それって、一日に、どのくらいおれるの?」

「ああ、これかい。そうだね、頑張っがんばっても、一尺(いっしゃく→三十�p)ぐらいかねえ」

お母さんおかーさんは、にっこり笑っわらっ答えこたえましたが、なんだか、とても疲れつかれている様子よーすです。

(お父さんおとーさんや僕の仕事は、夜になると終わるおわるけど、お母さんおかーさんは朝から夜中やちゅーまで一日中だ。何とか工夫して、お母さんおかーさんに楽をさせてあげたいな)

佐吉さきちはそう思いおもいながら、はたおり機の動きうごきをじっと観察しました。

(手を、上に、下に、左に、右に。・・・なんだ。布をおるのは意外と簡単かんたんだな。これを自動じどー出来れできれば、もっと簡単かんたんに、もっとたくさんの布がおれるかもしれないぞ)

手先てさき器用きよーで、大工だいくとしてもなかなかの腕前うでまえだった佐吉さきちは、その日からはたおり機を改良して、なんと自力じりきで、足ぶみあしぶみ式のはたおり機を作りあげつくりあげたのです。

「どう、お母さんおかーさん

佐吉さきち作っつくったはたおり機を動かしうごかしお母さんおかーさんは、びっくりです。

「えー、これは前よりずっと楽だし、たくさん布がおれるわ。佐吉さきち、ありがとう」

「えへへ。こんなのはまだまださ。もっともっと改良して、自動じどーで布がおれるはたおり機をつくってやるよ。僕の夢はね、このはたおり機で、お母さんおかーさんも、村のみんなも、そして日本にっぽんの人たちみんなを、もっと楽にすることさ」

その言葉ことば通り、佐吉さきち足ぶみあしぶみ式のはたおり機を何十年もかけて改良していき、ついに六十才の時に、完全かんぜん自動じどーの『豊田とよだ自動じどーはたおり機』を完成させたのです。

これは、日本にっぽん世界せかい誇るほこる大発明です。

その後そのご佐吉さきちは『豊田とよだ自動じどーはたおり機』の特許権を売っうっ資金しきん息子むすこ国産こくさん自動車じどーしゃの開発を始めはじめさせました。

これが現在げんざいトヨタ自動車とよたじどーしゃ株式会社かぶしきがいしゃ始まりはじまりなのです。

トヨタ自動車とよたじどーしゃ株式会社かぶしきがいしゃ

おしまい


世界
トヨタ
多く
自動車
作る
トヨタ自動車
株式会社
初め
遠江
静岡
山口
豊田
佐吉
大工
息子
小学校
家計
助ける
お父さん
手伝い
お母さん
たずねる
しかる
がんばる
お前
立派
言う
バッタン
バッタ
おりる
動かす
見る
おれる
頑張る
しゃく
笑う
答える
疲れる
様子
終わる
夜中
思う
動き
簡単
自動
出来る
たくさん
しれる
手先
器用
腕前
たおる
自力
足ぶみ
作りあげる
つくる
はねる
みんな
日本
言葉
かける
完全
誇る
その後
売る
資金
国産
始める
現在
始まり

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.