muksi - story thumb

--:-- / --:--
鏡の中の親父

鏡の中の親父

日本の昔話

むかしむかし、田舎いなか(いなか)では、カガミという物をほとんど知らしらなかった頃の話です。

ある若夫婦ふーふが、夫の父親ちちおやと三人で仲良く暮らしくらしていました。

ところがある日の事、父親ちちおやは急な病で死んしんでしまったのです。

大好きだいすき父親ちちおや死なしなれた息子むすこは、毎日まいにち毎日まいにち、涙にくれていました。

さて、ある日の事、その息子むすこ気ばらきばらしにと、江戸えどの町へ出かけでかけました。

そして町中まちなかをぶらぶらと歩いあるいていると、店先みせさきにおいてあったカガミがピカリと光りひかります。

「おや? 今のは何だろう?」

不思議ふしぎ思っおもっ息子むすこは、ピカッと光っひかったカガミをのぞいててびっくり。

死んしん親父おやじに、こんなところで会えるあえるとは!」

カガミにうつった自分じぶんの顔を父親ちちおやと勘違いした息子むすこは、なけなしのお金おかねをはたいてそのカガミを買いかいました。

そしてそれを大事だいじにしまうと、ひまさえあればのぞき込んのぞきこんでいました。

そんな夫の行動を不思議ふしぎ思っおもっ女房にょーぼーは、夫が昼寝(ひるね)をしているすきに、隠しかくしてあるカガミをこっそりのぞきこみました。

するとカガミの中には、とうぜん女房にょーぼーの顔がうつります。

しかしそれを女房にょーぼーは、血相けっそー(けっそう)を変えかえ怒りおこりました。

「なんとまあ! こんなところにおなごを隠しかくしておるとは、それも、あんなブサイクなおなごを!」

腹を立てたて女房にょーぼーは、

ガシャーン!

と、大切たいせつなカガミを壊しこわしてしまいました。

「さあ、ブサイク女。よくもあたしからあの人を奪いうばいやがって、はやくて来い!」

女房にょーぼー壊れこわれたカガミをひっくり返しひっくりかえしてみましたが、もちろん誰もてはきません。

「ちくしょう。逃げにげたな!」

女房にょーぼーは気持ちよさそうに昼寝をしていた夫をたたき起こすたたきおこすと、こわい顔で言いいいました。

「あんた! わたしに黙っだまって、あんな所へおなごを隠しかくしておるとは、どういう事!」

「はあ? おなご? 何を一体いったい・・・。ああっ! なんという事をしてくれた。あれにはわしの親父おやじ入っはいっておったのに!」

「うそおっしゃい。ブサイクなおなごじゃったよ」

「何を言ういう。わしの親父おやじだ!」

そんなわけで、夫婦ふーふの大喧嘩が始まりはじまりました。

ちょうどそこへ、村一番の物知りものしり

庄屋しょーや

(しょうや)さんが近くちかく通りかかりとーりかかりました。

「まあまあ、なにを喧嘩しておる。落ち着いおちついて、わしに事情じじょー話しはなしてみろ」

そして二人の話を聞いきい庄屋しょーやさんは、腹を抱えかかえて大笑いです。

「あははははっ。何じゃ、そんな事か。

それはな、カガミといって、自分じぶんの姿がうつる物じゃ。

亭主ていしゅ親父おやじさんと言ういうのは、自分じぶんの顔じゃ。

そして女房にょーぼーたおなごも、自分じぶんの顔じゃ」

庄屋しょーやさんの説明に、夫も女房にょーぼーも大笑いしました。

「なるほど、親父おやじにしては若いと思っおもった」

「あたしも、どうりで美人びじんなおなごと思っおもった」

おしまい


田舎
いなか
カガミ
知る
夫婦
父親
暮らす
死ぬ
大好き
息子
毎日
くれる
気ばる
江戸
出かける
町中
歩く
店先
ピカリ
光る
不思議
思う
ピカッ
のぞく
見る
親父
会える
うつる
自分
なけなし
お金
はたく
買う
大事
しまう
のぞき込む
女房
隠す
のぞきこむ
血相
変える
怒る
おなご
ブサイク
立てる
ガシャーン
大切
壊す
あたし
奪う
出る
壊れる
ひっくり返す
ちくしょう
逃げる
たたき起こす
言う
あんた
黙る
一体
入る
おっしゃる
始まる
物知り
庄屋
近く
通りかかる
落ち着く
事情
話す
聞く
抱える
亭主
美人

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.